ペテロの追求が神の旨に最もかなっていた

神から来る数百もの試練を経験するとき、ペテロは人間に対する神の裁き、暴露、および要求の言葉の一つひとつを鏡として自分自身を厳しく吟味し、これらの発言の意味を理解しようと努めた。またイエスが彼に言ったあらゆる言葉を真摯に考え、心にとどめようとし、極めて優れた結果を残した。このような実践の方法を通じて、ペテロは神の言葉から自分自身を認識するにいたり、人間の様々な堕落した状態だけでなく、人間の本質、本性、様々な欠点をも理解するようになったのだ。これが本当に自己を理解するということの意味である。

ペテロは神の言葉から、自身を本当に理解しただけでなく、神の言葉において表現されるもの、すなわち神の義なる性質、神が所有するものと神そのもの、働きに関する神の心、神の人間への要求といったことの御言葉から、神を完全に知るようになった。ペテロは神の性質と本質を知り、神が所有するものと神そのものに加え、神の愛らしさ、そして神の人間への要求を知り理解するようになったのだ。ペテロは数百の試練を経ましたが、無駄に苦しんだわけではない。神の言葉と働きから自己を認識するようになっただけでなく、神を知るようにもなったのである。

神の発言の中でも、ペテロは特に神の言葉の中にある人類への要求を重視した。どの側面において人間が神を満足させ、その心意に一致すべきであるにせよ、ペテロはそれらの側面に大きな努力を払い、完全にはっきりさせることができた。これは彼自身の入りにとって極めて有益なことだった。神が何を語ろうと、その言葉が自分のいのちになり得る限り、ペテロはそれを心に刻み、常にじっくり考え、正しく認識することができたのだ。イエスの言葉を聞いたあと、ペテロはそれを心に留めることができたが、そのことは、彼がとりわけ神の言葉に集中し、最後は本当に成果を挙げたことを示している。つまり、ペテロは神の言葉を自由自在に実践すること、真理を正確に実践すること、神の心意と一致すること、完全に神の意図に従って行動すること、自分の個人的な意見や想像を捨てることができたのだ。このようにして、ペテロは神の言葉の現実に入った。

『キリストの言葉の記録』の「ペテロの道を歩むには」より編集

前へ: ペテロは神を知ることをいつも追求した

次へ: ペテロは神を実際に知ることに集中した

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索