あなたの状態について神の言葉を読みなさい

神の言葉を飲み食いするときは

自分の実際の状態と言葉を比べよ

実体験で欠点を見つけたら対処し

間違った動機や観念に背を向けよ

あなたが懸命に努力し

これらに全霊を注ぐなら

あなたは歩むべき道を見つけ

正常な状態を保つだろう

その時はじめて

いのちの重荷を担う者となり

心の奥に本当の信仰を持つ者となる

神の言葉を飲み食いするときは

自分の実際の状態と言葉を比べよ

実体験で欠点を見つけたら対処し

間違った動機や観念に背を向けよ

神の言葉を読むとき

何故 ある者はそれを実行できないのか?

いのちを弄ぶからではないのか?

彼らはその鍵が何かわからない

彼らは自分の状態と神の言葉を比べられない

自分の状態をつかめず

実践への道がない

いかにして肉の快楽を捨て去り

独り善がりをやめ

自分を変えるべきか

いかにしてあなたの素質を向上させるか

どの側面から始めるべきなのか

これらはすべて真に実際のことなのだ

神の言葉を飲み食いするときは

自分の実際の状態と言葉を比べよ

実体験で欠点を見つけたら対処し

間違った動機や観念に背を向けよ

『言葉は肉において現れる』の「実践(7)」より編集

前へ: 神の言葉の現実の中に入るには

次へ: 神の言葉の実践に力を尽くしなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索