神の言葉を実践することでのみ現実を得られる

神の業と言葉は、あなたがたの性質に変化をもたらすためのものである。神の目標は、あなたがたに神の働きと言葉をただ理解させ、あるいは知らしめ、それで終わりとすることではない。ゆえに、今人間は様々な問題を理解しているが、神の言葉を実行に移すことが欠けている。人間は、簡単に与えられるものをただ待って受け取るのではなく、真理のあらゆる側面を詳細に体験し、それを更に細かく探究し、追い求めなければならない。神の言葉を知っているが、それを実行に移さない。この種の人間には真理への愛が無く、究極的には排除されるであろう。90年代のペテロのような姿勢をとるということは、あなたがた一人ひとりが神の言葉を実践し、あなたがたの体験の中に本当の意味で入り、神との協力の中で、より多くの更に偉大な啓きを得て、あなたがたのいのちに更なる助けをもたらすべきであることを意味する。

たとえあなたがたが、神の言葉をたくさん読んでいても、文章の意味を理解するだけで、実際の体験を通して得た、神の言葉に関する実地の知識がなければ、神の言葉を知ることはないであろう。あなたにとって、神の言葉はいのちではなく、いのちのない文字の羅列に過ぎない。そして、いのちのない文字に固執するだけなら、神の言葉の真髄を把握することはできず、神の意志を理解することもないであろう。あなたが神の言葉を実体験で経験して初めて、神の言葉の霊的な意味が明らかになる。また、あなたが多くの真理の霊的な意味を把握できるのは、体験の中だけであり、体験を通してのみ、神の言葉の奥義の鍵を開けることができるのである。

あなたが神の言葉を実践しないなら、神の言葉がいかに明瞭でも、あなたが把握するのは、空文と教義だけであり、それはあなたの宗教的規則となってしまうのだ。それはパリサイ人たちが行ったことではなかろうか。実のところ、神を信じる過程は、神により獲得される過程であるとともに、あなたがたが神の言葉を体験する過程でもある。より明確に言うと、神を信じることは、神の言葉に関する認識と理解を得て、神の言葉を体験し生き抜くことである。これがあなたがたの神への信仰の現実である。あなたがたが神の言葉を、自分の内に持っているものとして実践することを求めずに、神を信じ、永遠のいのちを望むのであれば、あなたがたは愚かである。

『言葉は肉において現れる』の「いったん真理を理解したら、それを実践すべきである」より編集

前へ: あなたは神の喜びのための実になりたいか

次へ: 真の変化のために真理を実践しなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索