神の言葉を実践することでのみ現実を得られる


神の業と言葉は、あなたがたの性質に変化をもたらすためのものである。神の目標は、あなたがたに神の働きと言葉をただ理解させ、あるいは知らしめ、それで終わりとすることではない。ゆえに、今人間は様々な問題を理解しているが、神の言葉を実行に移すことが欠けている。人間は、簡単に与えられるものをただ待って受け取るのではなく、真理のあらゆる側面を詳細に体験し、それを更に細かく探究し、追い求めなければならない。神の言葉を知っているが、それを実行に移さない。この種の人間には真理への愛が無く、究極的には排除されるであろう。90年代のペテロのような姿勢をとるということは、あなたがた一人ひとりが神の言葉を実践し、あなたがたの体験の中に本当の意味で入り、神との協力の中で、より多くの更に偉大な啓きを得て、あなたがたのいのちに更なる助けをもたらすべきであることを意味する。


たとえあなたがたが、神の言葉をたくさん読んでいても、文章の意味を理解するだけで、実際の体験を通して得た、神の言葉に関する実地の知識がなければ、神の言葉を知ることはないであろう。あなたにとって、神の言葉はいのちではなく、いのちのない文字の羅列に過ぎない。そして、いのちのない文字に固執するだけなら、神の言葉の真髄を把握することはできず、神の意志を理解することもないであろう。あなたが神の言葉を実体験で経験して初めて、神の言葉の霊的な意味が明らかになる。また、あなたが多くの真理の霊的な意味を把握できるのは、体験の中だけであり、体験を通してのみ、神の言葉の奥義の鍵を開けることができるのである。


あなたが神の言葉を実践しないなら、神の言葉がいかに明瞭でも、あなたが把握するのは、空文と教義だけであり、それはあなたの宗教的規則となってしまうのだ。それはパリサイ人たちが行ったことではなかろうか。実のところ、神を信じる過程は、神により獲得される過程であるとともに、あなたがたが神の言葉を体験する過程でもある。より明確に言うと、神を信じることは、神の言葉に関する認識と理解を得て、神の言葉を体験し生き抜くことである。これがあなたがたの神への信仰の現実である。あなたがたが神の言葉を、自分の内に持っているものとして実践することを求めずに、神を信じ、永遠のいのちを望むのであれば、あなたがたは愚かである。

『言葉は肉において現れる』の「いったん真理を理解したら、それを実践すべきである」より編集

前へ: 神を信じる者が追求すべきこと

次へ: 機会を逃せば永遠に後悔する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは あ…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索