650 現在受けている苦しみの意味を理解せよ

1 今日、神を信じるほとんどの人はいまだ正しい道に入っておらず、真理を理解するようにもなっていない。ゆえに内側で虚しさを感じ、苦しみながら生き、本分を尽くす力もない。心の中にビジョンをもつ前の神の信者はこのようなものである。このような人たちは真理を得ておらず、依然として神を知らないので、内なる喜びをまださほど感じていない。特に、あなたがたはみな迫害を受け、帰宅するにあたって困難を経験した。あなたがたは苦しみ、死を願って生きることを望まない。これは肉の弱さである。中には、神を信じるのは楽しいことであるべきなのに、今日神を信じることは極めて厄介だと考える者さえいる。

2 あなたは、肉の喜びが何より素晴らしいとしか知らず、神が今日何をしているかを知らない。神はあなたの性質を変えるため、あなたの肉が苦しむことを許してきた。たとえ肉が苦しんでも、あなたには神の言葉と祝福がある。あなたは死にたくても死ねない。死ぬのであれば、あきらめて神を知らず真理を得ないままでいられるのか。いまはおもに、人が真理を得ておらず、いのちがないというだけのことである。いま、人は救いを求める過程にあるので、この間多少は苦しまなければならない。

3 今日、世界中の誰もが試されており、神は依然として苦しんでいる。あなたがたは苦しまなくてもよいのか。大災害を通じた精錬なくして真の信仰はあり得ず、真理といのちを得ることもない。試練と精錬を受けずにいることはできないだろう。ペテロは最後に7年にわたって試練を受けた。その7年間で数百回の試練を受け、ようやく真理を得て性質の変化を経験したのである。ゆえに、真に真理を得て神を知ったのであれば、神のために生きるべきだと感じる。神のために生きなければ、それを残念に思う。深い後悔と極度の自責の念の中で、残りの人生を過ごすことになる。

『キリストの言葉の記録』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より編集

前へ: 649 神の意志を失望させることはできない

次へ: 651困難に苦しむことには深い意義がある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索