現在受けている苦しみの意味を理解せよ

今日、神を信じるほとんどの人はいまだ正しい道に入っておらず、真理を理解するようにもなっていない。ゆえに内側で虚しさを感じ、苦しみながら生き、本分を尽くす力もない。心の中にビジョンをもつ前の神の信者はこのようなものである。このような人たちは真理を得ておらず、依然として神を知らないので、内なる喜びをまださほど感じていない。特に、あなたがたはみな迫害を受け、帰宅するにあたって困難を経験した。あなたがたは苦しみ、死を願って生きることを望まない。これは肉の弱さである。中には、神を信じるのは楽しいことであるべきなのに、今日神を信じることは極めて厄介だと考える者さえいる。

あなたは、肉の喜びが何より素晴らしいとしか知らず、神が今日何をしているかを知らない。神はあなたの性質を変えるため、あなたの肉が苦しむことを許してきた。たとえ肉が苦しんでも、あなたには神の言葉と祝福がある。あなたは死にたくても死ねない。死ぬのであれば、あきらめて神を知らず真理を得ないままでいられるのか。いまはおもに、人が真理を得ておらず、いのちがないというだけのことである。いま、人は救いを求める過程にあるので、この間多少は苦しまなければならない。

今日、世界中の誰もが試されており、神は依然として苦しんでいる。あなたがたは苦しまなくてもよいのか。大災害を通じた精錬なくして真の信仰はあり得ず、真理といのちを得ることもない。試練と精錬を受けずにいることはできないだろう。ペテロは最後に7年にわたって試練を受けた。その7年間で数百回の試練を受け、ようやく真理を得て性質の変化を経験したのである。ゆえに、真に真理を得て神を知ったのであれば、神のために生きるべきだと感じる。神のために生きなければ、それを残念に思う。深い後悔と極度の自責の念の中で、残りの人生を過ごすことになる。

『キリストの言葉の記録』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より編集

前へ: 人間はとても救いがたい

次へ: 神が人に試練を与えるのは人を清めるため

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉とな…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索