現在受けている苦しみの意味を理解せよ

今日、神を信じるほとんどの人はいまだ正しい道に入っておらず、真理を理解するようにもなっていない。ゆえに内側で虚しさを感じ、苦しみながら生き、本分を尽くす力もない。心の中にビジョンをもつ前の神の信者はこのようなものである。このような人たちは真理を得ておらず、依然として神を知らないので、内なる喜びをまださほど感じていない。特に、あなたがたはみな迫害を受け、帰宅するにあたって困難を経験した。あなたがたは苦しみ、死を願って生きることを望まない。これは肉の弱さである。中には、神を信じるのは楽しいことであるべきなのに、今日神を信じることは極めて厄介だと考える者さえいる。

あなたは、肉の喜びが何より素晴らしいとしか知らず、神が今日何をしているかを知らない。神はあなたの性質を変えるため、あなたの肉が苦しむことを許してきた。たとえ肉が苦しんでも、あなたには神の言葉と祝福がある。あなたは死にたくても死ねない。死ぬのであれば、あきらめて神を知らず真理を得ないままでいられるのか。いまはおもに、人が真理を得ておらず、いのちがないというだけのことである。いま、人は救いを求める過程にあるので、この間多少は苦しまなければならない。

今日、世界中の誰もが試されており、神は依然として苦しんでいる。あなたがたは苦しまなくてもよいのか。大災害を通じた精錬なくして真の信仰はあり得ず、真理といのちを得ることもない。試練と精錬を受けずにいることはできないだろう。ペテロは最後に7年にわたって試練を受けた。その7年間で数百回の試練を受け、ようやく真理を得て性質の変化を経験したのである。ゆえに、真に真理を得て神を知ったのであれば、神のために生きるべきだと感じる。神のために生きなければ、それを残念に思う。深い後悔と極度の自責の念の中で、残りの人生を過ごすことになる。

『キリストの言葉の記録』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より編集

前へ: 神の意志を失望させることはできない

次へ: 困難に苦しむことには深い意義がある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索