日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第二十九章」抜粋65

 すべてのものがよみがえりを受けた日、わたしは人間の中に来て、すばらしい日と夜を過ごした。そのとき初めて、人間は、わたしの親しみやすさを少し感じるのである。交流が頻繁になり、わたしの所有しているもの、わたしであるものの幾分かを知るようになった結果、人間はわたしについて、何らかの認識を得る。すべての人々の中で、わたしは頭を上げて見守り、彼らみなにわたしが見える。しかし、世界に災いが降りかかると、彼らはすぐさま不安になり、彼らの心からわたしの姿が消える。災いのために恐怖に駆られた彼らは、わたしの言いつけを聞こうとしない。わたしは何年も人間の間で過ごしたが、人間はいつでもわたしに気づかず、けっしてわたしを知らなかった。今日、わたしは人間に対して自分の口で話し、すべての人がわたしの前に来て、何かをわたしから得るようにさせるが、それでも彼らはわたしに近づこうとしないので、彼らはわたしを知らないのだ。わたしの足音が宇宙の果てをゆくとき、人間は自らを省みるようになり、すべての人はわたしのもとに来て、ひれ伏してわたしを崇める。これこそ、わたしが栄光を得る日、わたしが再来する日、そしてまた、わたしが立ち去る日でもある。今、わたしはすべての人々の間でわたしの働きにとりかかり、全宇宙で正式にわたしの経営(救いの)計画の仕上げを開始している。この瞬間から後、不注意な者は、いつ無慈悲な刑罰を受けることになるか知れない。これは、わたしが無情なのではなく、わたしの経営計画の手順の一つなのだ。すべてはわたしの計画の手順に沿って進められる。そして、誰一人、これを変えることができない。わたしが正式に働きを始めると、すべての人はわたしの動きにつれて動く。そのようにして、全宇宙の人々はわたしと共に働く。全宇宙に「歓呼の声」が響き、人間はわたしと共に勢いよく前進する。その結果、赤い大きな竜はうろたえ、狂乱し、わたしの働きに仕え、望まずとも、自分のしたいことができず、「わたしの支配に従う」しかなくなる。わたしの計画すべてにおいて、赤い大きな竜はわたしの引き立て役、わたしの敵、そしてまた、わたしの「しもべ」であった。したがって、わたしはけっして竜の「要求」を緩めたことがない。だから、受肉におけるわたしの働きの最終段階は、その「家」の中で完了するのである。このようにすれば、赤い大きな竜はよりよくわたしに仕えることができ、それによって、わたしはこれに打ち勝ち、計画を完了するのである。わたしが働く時、すべての天使が、最終段階のわたしの意思を実現すべく決意して、わたしとともに「決戦」に臨み、地上の人々が天使たち同様にわたしに従い、わたしに逆らおうという気持ちをいっさい持たず、わたしに逆らう行為を何もしないようにする。それがわたしの全宇宙での働きの動態なのだ。

 わたしが人間たちのもとに来る目的と意味は、すべての人間を救い、すべての人間をわたしの家に連れ帰り、天と地とを再び一つにし、天と地の間で人間に「合図」を「伝え」させることだ。それが、人間本来の役目なのだ。わたしが人間を創った時、わたしは人間のためにすべてを準備しており、後に、わたしの要求に応じて、わたしの与える富を受けられるようにした。だから、わたしの導きのもと、すべての人間が今日に至ったのだと言える。そして、これはすべてわたしの計画である。すべての人間の中で、無数の人々がわたしの愛の守りの下で存在し、無数の人々がわたしの憎しみの刑罰を受けている。人々はみなわたしに祈るが、それでも、彼らは現在の状況を変えることができない。一度希望を失うと、自然のなすがままとなり、わたしに逆らうことをしなくなる。それが人間にできるすべてだからだ。人間の生活の状態について、人間は、まだ真の人生を見出しておらず、世界の不公平、荒廃、惨めな状態を見通しておらず、そのため災いが降りかかることがなければ、大抵の人は、まだ母なる自然を信奉し、「人生」の味わいに夢中になっていることだろう。これが世界の現実ではないのか。これが、わたしが人間に語っている救いの声ではないのか。なぜ、人間の誰一人、真にわたしを愛さないのか。なぜ、人間は刑罰と試練の中でだけわたしを愛し、わたしの守りを受けている時には、誰もわたしを愛さないのか。わたしは何度も人間に刑罰を「与えた」。人間はそれを見るが、無視し、その時でそれを「調べ、考える」ことをしない。そのため、人間には無慈悲な裁きだけが下ることになる。これは、わたしの働きの方法の一つにすぎないが、これも、人間を変え、わたしを愛するようにさせるためなのだ。

『言葉は肉において現れる』より引用

宇宙における神の業の動き

地の人々は天使のように神に伏し、従い、神に逆らおうとはしない。これが全宇宙の神の御業。

神が幾年も人といたことに気づいた者はいない。神を知るに至っていない。今、御言葉は言う、神はここだと。神は人を御前に招く。賜物を受けるように。しかし人は神から離れ、誰も神のことを知らない。

宇宙を神が駆け巡る時、人々は反省する。神の前でひざまずき、神を礼拝する。これは神の栄光の日、再来と出発の日。これは神の栄光の日、再来と出発の日。

人の間で業は始まり、全宇宙のいたるところで始まった。最後の計画に注目しない者は罰せられる。神が冷たいからではなく、計画の段階に過ぎない。みな神の計画の段階、誰にも変えられない事実だ。地の人々は天使のように神に伏し、従い、神に逆らおうとはしない。これが全宇宙の神の御業。

神が業を始めた時、人々は皆、神を追い、宇宙は神と勤しみ、歓喜し、人は神に率いられる。赤い大きな竜は狂い、望みを追うこともできず、自分の意に反して神により従わされる。

この竜は神の引き立て役、神の敵、また僕だ。業を果たすため、神は竜のねぐらで受肉し、竜を意のままにする。つまり竜を征服して、神の計画を成し遂げる。神の心を喜ばせるため、天使たちは神と共に戦う。最終段階で神を喜ばせるため。これは神の栄光の日、再来と出発の日。これは神の栄光の日、再来と出発の日。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「呼び名と身分について」抜粋165

神の働きの段階は全て一つの同じ流れに沿っている。よって神の六千年に渡る経営計画の中では、この世の始まりから今日まで、各段階がその後の段階と密接に繋がっている。もし誰も前もって道を整えるものがいなければ、その道をたどる者もいない。道を辿って来た者がいるからこそ、先にその道を整える者…

日々の神の御言葉「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋119

神が受肉した唯一の理由は、堕落した人間が必要としているからである。人間が必要としているのであって、神が必要としているのではない。神のすべての犠牲と苦しみは人間のためであって、神自身のためではない。神には賛否も報奨もない。神はもともと自分のものであるもの以外、将来何らかの収穫を得る…

日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第二十一章」抜粋369

多くの人は、ほんとうにわたしを愛したいと願うが、彼らの心が自分のものではないために、自身を制御できない。多くの人は、わたしの与える試練の中で、ほんとうにわたしを愛している。しかし、わたしが本当に存在することを把握できず、わたしの実在ではなく、単に空虚の中でわたしを愛しているに過ぎ…

日々の神の御言葉「受肉の奥義(3)」抜粋114

神が肉となるのは、ひとえに時代を導き、新しい働きを始動させるためである。あなたがたはこの点を理解しなければならない。これは人の役割と大きく異なり、この二つを同じように語ることはできない。人は長期にわたって養育され、完全にされる必要があり、それからようやく働きを行なうために用いられ…