「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある」抜粋219

今わたしの霊は大いに働いており、異邦人の国々で働いている。それ以上に、全ての被創造物を分類して、各々を彼それぞれの分類にはめこみ、わたしの働きがより速く、より効率的に進行するようにしている時である。従って、わたしは依然として、わたしの働き全てに対して、あなたが全存在をささげることを求める。さらには、あなたは、わたしがあなたの中で成した働き全てをはっきりと識別して、確信すべきであり、さらにあなたの強さすべてをわたしの働きに投入すべきである。そうすることで、私の働きはより効率的になる。これは、あなたが理解しなければならないことである。お互いに争わず、逃げ道を探すな、あるいは肉の快楽を追い求めるな、これらはわたしの働きを遅らせ、あなたのすばらしき未来を潰す。それは、ただあなたを駄目にして、あなたを決して守りはしない。あなたは愚かではないだろうか。今日、あなたが享受していることがまさに、あなたの未来を潰しており、一方、今日あなたが煩っている痛みこそ、あなたを守っているのである。誘惑に引っかかることがないように、そして、太陽を遮る深い霧に入るのを避けるようにするためには、あなたはそのことに明確に気づかなければならない。深い霧が晴れた時、あなたは偉大な日の裁きの状態におかれているだろう。その時までに、わたしの日は、人に近づいているだろう。あなたは、わたしの裁きをどのようにして逃れるだろうか。あなたは、どのようにして焼け付くような暑さに耐えることができるだろうか。わたしが、わたしの豊かさを人に与えたら、人は、それを自らの胸の内で大事に育まず、代わりに、気付かないところへ捨て去ってしまう。わたしの日が来たら、人は、もはやわたしの豊かさは見つけられず、わたしがずっと前に与えた苦い真理も見つけられない。彼は、光を失ったことに次いで起こる暗闇への落下を嘆き、泣き叫ぶだろう。あなたが今日見ているものは、単にわたしの口の剣である。あなたは、わたしの手の杖あるいは人を燃やす炎をまだ見ていない、だからこそ、わたしのいるところで、あなたは未だに傲慢で乱暴なのだ。だから未だにわたしの言ったことに反論し、私の家にいながら私と争うのだ。人はわたしを恐れない。今日までわたしに敵意を抱き、人は未だにわたしを全く恐れていない。あなたの口には、不義の舌と歯がある。あなたの言葉と行いは、エバを罪へ誘った蛇のようだ。あなたがたは、お互いに、目には目を、歯には歯をと要求し、地位、名声、利益をわたしのいるところで、競い合っている。だが、わたしがあなたの言葉と行為を、密かに観察していることを知らないでいる。わたしのいるところにあなたが来る前ですら、わたしは、あなたの心を何もかも知っていた。人は、わたしの手から放れ、わたしの目の監視から避けることを常に願うが、わたしは、けっして彼の言葉と行いを避けてこなかった。それどころか、わたしは、わざと、彼らが、わたしの目に届くようにして、わたしが、その不義に懲らしめを加え、反抗を裁くことができるようにしている。したがって、人の隠れた言葉と行いは常にわたしの裁きの席の前に現れ、それは人から離れることはなかった。なぜなら、彼の反抗が強すぎるからだ。わたしの働きは、私の霊の前で語られ行われた人の言葉や行いのすべてを燃やし浄化することである。そのようにして、わたしが地上を去った後でも、人は、わたしへの忠誠を維持でき、わたしの聖なる奉仕者が私の働きの中でするように、わたしに仕え続けるだろう。そして、地上でのわたしの働きが、それが完遂する日まで続けられるだろう。

『言葉は肉において現れる』より引用

御言葉讃美歌

神の働きにあなたの全てを捧げよ

神の霊は今大いなる働きをしている。神の異邦人への働きが始まったのだ。速くそして効果的に働くために、神は全ての創造物を種類に分ける。神の働きのために、あなたの存在全てを捧げよ!神があなたにしてくれた全てを見極め知りなさい!あなたの全力を注ぎ、神の働きを効果的にしなさい!これこそがあなたの理解するべきこと。理解するべきことである。

争ったり、逃げ道や快楽を求めてはならない。神の働きを遅らせ、あなたの未来を台無しにし、守りではなく破滅をもたらすからだ。そうなればあなたは愚か者ではないのか?今日あなたが貪欲に楽しんでいることはあなたの未来を破滅させることになるだろう。しかし今日、あなたが苦しんでいる痛みは、あなたを守り、安全にしてくれるだろう。あなたの全力を注ぎ、神の働きを効果的にしなさい!これこそがあなたの理解するべきこと。理解するべきことである。Ⅲこれら全てを心に留め理解すれば、抜け出すのが困難な誘惑や深い霧に入り込んだり、二度と日の目が見られないことにはならず、霧が晴れる時、裁きの日を迎えるだろう。あなたの全力を注ぎ、神の働きを効果的にしなさい!これこそがあなたの理解するべきこと。理解するべきことである。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋123

受肉した神の働きは最も意義深い。それは働きについての語りであり、最終的に働きを終えるのは受肉した神であって、霊ではない。神はいつか地上に来て、人間に姿を見せ、誰一人も逃さず人を一人一人試みつつ、全人類を自ら裁くと信じている人々がいる。このように考える者は、この受肉の働きの段階を知…

日々の神の御言葉「神の働きと人の働き」抜粋175

さまざまな種類の人々の経験は彼らの内部にあるものを表している。霊的経験のない人々はみな真理の認識について話すことはできず、さまざまな種類の霊的事柄についての正しい認識を話すこともできない。人が表すものは、その人の内なるものであり、それは確かである。霊的なものや真理の認識を得たいと…

日々の神の御言葉「あなたがたは自分の行いを考慮すべきである」抜粋354

もともと、わたしはあなたがたにもっと真理を与えたいと望んだが、真理に対するあなたがたの態度があまりにも冷たく無関心なので、わたしはあきらめざるを得ない。自分の努力が無駄になることは望まないし、人々がわたしの言葉をもちながら、あらゆる点でわたしに逆らい、わたしを中傷し、わたしを冒涜…

日々の神の御言葉「神の宿る肉の本質」抜粋99

受肉というのは、神が肉の体で現れることで、神が自分の創った人間のもとで働くために人間の姿で来るのである。さて、神が受肉するというのは、まず肉の体、普通の人間性を備えた肉体でなくてはならず、少なくとも、これは本当のはずである。実際、神が受肉するということは、神が肉体において生き…