「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋118

 神が受肉したのは、その働きの対象がサタンの霊や肉体を持たない何かではなく、人間、つまり肉体をもち、サタンに堕落させられた存在だからである。人間の肉体が堕落しているからこそ、神は肉体をもつ人間を働きの対象とした。さらに、人間は堕落の対象であるため、神は救済の働きの全段階で、人間をその働きの唯一の対象としている。人間は死すべき存在で、生身の体をもっているが、人間を救える唯一の存在は神なのである。そこで、その働きでよりよい成果が得られるよう、神は働きを行うために人間と同じ属性をもつ肉体をもたなければならない。神がその働きを行うために受肉しなければならないのは、人間が肉体をもっていて、罪を克服することも、肉体を捨て去ることもできないためだ。受肉した神の本質と存在は人間の本質や存在とは全く異なるものなのだが、神の外見は人間と変わらず、通常の人間と同じように見える。神は普通の人間のように生活し、神を見る者は、普通の人間との違いを見いだせない。この普通の外見と普通の人間性とは、普通の人間として神がその神性の働きをするには十分である。神の受肉は普通の人間として働くことを可能にし、人々の間での働きを容易にし、さらに、その普通の人間性は人々の間で救いの働きを進めることの役に立つ。神の普通の人間性は人間の間に多くの混乱を招いたが、そうした混乱は神の働きの成果に影響を与えていない。つまり、神の普通の肉体の働きは人間に素晴らしく有益なのである。たいていの人は神が普通の人間であることを受け入れないが、それでも神の働きは効果的であることができ、そうした効果は神が普通の人間であることで達成される。この点に疑問の余地はない。

『言葉は肉において現れる』より引用

堕落した人類には受肉の神の救いが必要である

神はサタンの霊や、肉でないものにではなく、人に対し業を為すため肉となった。それはサタンが人の肉を堕落させたからだ。神が救うのはまさに人なのだ。死にゆく血肉に過ぎぬ人を神だけが救える。その業でよりよい成果が得られるよう、神は業を為すために人間と同じ属性をもつ肉体をもたなければならない。神は肉となるべきだ。人が罪に克てぬ肉だから。神は肉となるべきだ。それは人が肉の束縛から逃れられないから。サタンは人の肉を堕落させ、欺き、害を与える。神自らが受肉して働く最も根本的な理由は、救いの対象が肉の体をもつ人間で、サタンもまた人間の肉を用いて神の働きを妨げているためだ。サタンとの戦いは、実は人間を征服する働きであり、同時に、人間はまた、神による救いの対象でもある。このように、受肉した神の業は不可欠なのだ。業を為すため、業を為すために。サタンは人間の肉を堕落させ、人間はサタンの体現者となり、神に打ち負かされるべき存在となった。サタンと戦い人を救うため、神は地で肉となるべきだ。これは現実の業だ。

肉なる神はサタンと戦う。霊の領域の業は現実的で、地上と肉において起こる。征服される者は神に逆らう人間であり、打ち負かされる者はサタンの体現者(もちろん、これもまた人間)、最終的に救われる者もまた人間である。神はサタンと戦い、また反抗する人を征服するため、被造物の外形をまとうべきだった。神が人となり創造物の外形をまとうのは、同じ外形をまといサタンによって損なわれた人類を救うためだった。神の敵は人、また神は人を征服し救うため人となるべきだ。そうすれば神は働きやすくなるのだ。神はサタンを負かし、人間を征服し、そのうえ、人間を救うことができる。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「今日の神の働きを知ること」抜粋143

世の終わりに神は言葉を発することを主な目的として来る。神は聖霊の観点から、人間の観点から、第三者の観点から話す。神は異なった話し方をする。ある期間は一つの話し方をし、人間の見方を変え、漠然の神の姿を人間の心から除くために、様々な話し方をする。これが神のする主要な働きである。人間は…

日々の神の御言葉「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋7

 三つの段階の働きは、神の働きすべての記録であり、神の人類救済の記録であり、そしてそれは架空のものではない。もしあなた方が、神の性質全体を認識することを真剣に追い求めるのであれば、神によって為された働きの三段階を知らなければならず、しかもどの段階も欠けてはならない。これは神を知ろ…

日々の神の御言葉「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」抜粋140

神は肉となりキリストと呼ばれ、真理を人に与えることのできるキリストは神と呼ばれる。ここには何の誇張もない。なぜなら、彼は神の本質を持っており、神の性質を持っており、その働きには知恵があり、これらはどれも人間の手の届かないものだからだ。自らキリストを称するが、神の働きを行えない者は…

日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第二十章」抜粋368

長い間に、大勢が失望して、しぶしぶこの世を去った。そして大勢が希望と信じる心を持ってこの世に来た。わたしは大勢が来るようにし、大勢を去らせた。無数の人々がわたしの手を通り過ぎた。多くの霊がよみに投げ込まれ、多くが肉の体で生き、多くが死んでは、この世に生まれ変わった。しかし、けっし…