日々の神の御言葉「あなたは神への忠誠を保たなければならない」抜粋469

確信がなければ、その道を歩み続けるのは容易でない。現在、神の働きが人間の観念とまったく一致していないことを、誰もが知っている。神は数多くの働きを行ない、数多くの言葉を語ってきたが、それらは人間の観念にまったくそぐわないのである。したがって、人は確信と意志の力をもち、自分がすでに見たもの、経験から得たものを固持できるようにならなければならない。神が人の中で何を行なおうと、人は自分が有するものを守り、神の前で真摯になり、最後まで神に対して忠実でいなければならない。これが人間の本分である。人は自分のすべきことを守らなければならない。神への信仰には、神への服従と、神の働きを経験することが必要とされる。神はすでに多数の働きを行なっており、人にとって、それはどれも完全化、精錬、さらには刑罰だと言えるだろう。神の働きの各段階のうち、人間の観念と一致するものはいまだかつてなく、人々が享受してきたのは神の厳格な言葉である。神が来るとき、人は神の威厳と怒りを享受することになる。しかし、神の言葉がいかに厳格だとしても、神は人類を救い、完全にするために来る。被造物として、人は尽くすべき本分を尽くし、精錬のさなかに神の証しに立たねばならない。あらゆる試練において、人はなすべき証しを固く守り、神のために鳴り響くような証しを行なう必要がある。そうする人が勝利者である。神があなたをいかに精錬しようと、あなたは確信に満ちたままでいなければならず、神への確信を決して失ってはならない。人間が行なうべきことをしなさい。それが、神が人間に求めることであり、人の心はいかなるときも完全に神へと立ち返り、神のほうへ向かわねばならない。それが勝利者である。神が「勝利者」と呼ぶ者は、サタンの支配下に置かれ、サタンに包囲されたときでさえ、つまり闇の軍勢のただ中にいるときでさえ、神の証しに立ち、神への確信と忠誠を維持できる者である。何があろうと依然として神の前で純真な心を保ち、神に対する真の愛を維持できるのであれば、あなたは神の前で証しに立っており、それが神の言うところの「勝利者」になることである。神から祝福されているときの追求が優れていても、神の祝福がなければ逃げ出すのであれば、それは純粋さだろうか。あなたは、その道が正しいと確信しているのだから、最後までその道に従い、神への忠誠を保たなければならない。あなたは、神自身があなたを完全にすべく地上に来たのを見てきたのだから、自分の心をすべて神に捧げるべきである。神が何を行なおうと、たとえ最後にあなたにとって好ましくない結末に決めたとしても、それでもあなたが神に従えるのであれば、それが神の前で純粋さを保つということである。聖なる霊体と純粋な乙女を神に捧げることは、神の前で真摯な心を保つことを意味する。人類にとって、真摯さとは純粋さであり、神に対して真摯になれるというのは、純粋さを維持するということである。これがあなたの実践すべきことである。祈るべきときは祈りなさい。集まって交わりをもつべきときはそうしなさい。賛美歌を歌うべきときは歌いなさい。肉に背くべきときは背きなさい。自分の本分を尽くすとき、どうにか切り抜けようとしてはならず、試練に直面したときは堅く立ちなさい。それが神への忠誠である。人が行なうべきことを守れなければ、あなたの以前の苦難と決意はすべて徒労に終わったのである。

『言葉は肉において現れる』より引用

人が為すべきことを保持しなさい

純潔な乙女と聖なる霊の体を捧げる。それは神に誠意を尽くすこと、人が神に誠意を尽くせるのは純潔だ。聖霊の働きには条件がある。人は心を尽くして求め、神の行いに疑惑を持たず、本分を常に保持すべきだ。これが聖霊の働きを得る方法。この道が正しいと信じるなら、終わりまで従い、神へ忠誠を尽くすべきだ。あなたを完全にするため、神自らが地上に来るのを見たのだから、心全てを神に捧げるべきだ。神が何をしても、あなたの結果が悪くても、常に神に従うことができる。これが純潔を保つということ。

神の働き全てに人は大きな信仰を持ち、神の前で求めるべきだ。人は経験を通してのみ、神の麗しさ、聖霊の働きを見ることができる。あなたが経験・模索せず、求めないなら何も得ないだろう。経験を通し、神の業を素晴らしく、計り知れない神を見るから、この道が正しいと信じるなら、終わりまで従い、神へ忠誠を尽くすべきだ。あなたを完全にするため、神自らが地上に来るのを見たのだから、心全てを神に捧げるべきだ。神が何をしても、あなたの結果が悪くても、常に神に従うことができる。これが純潔を保つということ、創造物の本分を尽くし、たとえ結果がどうであろうと、神を知り、愛することが求められる。どう扱かわれようと不平を言わない。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識」抜粋523

ペテロが神により罰せられた時、ペテロは祈って言った。「神よ、わたしの肉は従順ではなく、あなたはわたしを罰し、裁かれます。わたしはあなたの刑罰と裁きを喜び、あなたがわたしを求められなくとも、あなたの裁きの中に、あなたの聖く義なるご性質を見ます。あなたがわたしを裁かれる時、あなたの裁…

日々の神の御言葉「序文」抜粋390

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神を…

日々の神の御言葉「聖書について(1)」抜粋267

聖書とはどのような書物なのか。旧約は律法の時代における神の働きである。旧約聖書は律法の時代におけるヤーウェの働きと、創造の働きを残らず記録している。そのすべてがヤーウェの行なった働きを記録しており、最後はマラキ書のヤーウェによる働きの記述で終わっている。旧約は神の行なった二つ…