日々の神の御言葉「招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」抜粋352

わたしに従う者はたくさんいるが、わたしを真の心で愛すものは少ないとわたしはすでに言った。おそらく、ある人たちは「もしあなたを愛していなかったら、私はあれほどの代価を払ったでしょうか。もしあなたを愛していなかったら、ここまであなたに従ったでしょうか」と言うだろう。確かに、あなたには多くの理由がある。そして確かに、あなたの愛は非常に大きいが、あなたのわたしに対する愛の本質は何だろうか。「愛」とは、そう呼ばれるように、純粋で汚れのない感情のことで、心を用いて愛し、感じ、そして思いやりを持つことを意味する。愛には条件も、障害も、距離もない。愛には、疑いも、欺きも、ずる賢さもない。愛には、距離もなく汚れた物は何もない。もしあなたが愛しているなら、あなたは欺くことも、不満を言うことも、裏切ることも、反抗することも、強要することも、何かを得るために求めることも、特定の量を得るために求めることもしない。もしあなたが愛しているなら、あなたは喜んで犠牲にし、困難に耐え、わたしに味方するだろう。わたしのためにあなたの家族や、将来や、青春や、結婚などすべてを放棄するだろう。そうでなければ、あなたの愛は全く愛ではなく、欺きで裏切りである。あなたの愛はどんな愛だろうか。それは真の愛だろうか。偽りの愛だろうか。あなたはどれだけ捨てただろうか。どれだけ捧げてきただろうか。わたしはあなたからどれだけ愛を受けただろうか。あなたは知っているだろうか。あなたがたの心は悪と裏切りと欺きで満ちている。そうであれば、あなたがたの愛にはどれだけ不純物が含まれるだろうか。あなたがたはわたしのためにもう十分断念して来たと思っている。あなたがたのわたしに対する愛はもう十分だと考えている。だがそれならなぜ、あなたがたの言葉や行動はいつも反抗と欺きを伴っているのか。あなたがたはわたしに従っているが、それでもわたしの言葉を認めていない。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに従っているが、わたしをわきに寄せている。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに従っているが、わたしを信頼していない。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに従っているが、それでもわたしの存在を受け入れることができない。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに従っているが、それでもわたしをわたしとして取り扱わず、あらゆる節目で、わたしが多くの事で困るようにしている。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに従っているが、それでも、あらゆる事に関してわたしをごまかそうとし、わたしを欺こうとしている。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに仕えているが、わたしを畏れていない。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはすべての点で、またすべてのことにおいてわたしに反対している。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたが多くを犠牲にしたことは本当だが、わたしがあなたがたに求めたことを全く実践して来なかった。これを愛と考えることはできるだろうか。注意深く計算してみると、あなたがたの中には少しもわたしに対する愛が暗示されていないことがわかる。わたしが提供してきた長年の働きと多くの言葉から、実際あなたがたはどれだけを得てきただろうか。これは振り返る価値があるのではないか。わたしはあなたがたに忠告する。わたしが招く人たちは一度も堕落したことがない人たちではない。そうではなく、わたしが選ぶ人たちはわたしを真に愛している人たちである。だから、あなたがたは言葉と行いにおいて油断することなく、あなたがたの意図や考え方を吟味し、一線を超えないようになければならない。この終わりの時、わたしの前にあなたがたの愛を捧げることができるよう最善を尽くしなさい。さもないと、わたしの怒りがあなたがたから離れることはない。

『言葉は肉において現れる』より引用

汚れなき純粋な愛

愛は汚れなき純粋な感情である。愛し 感じ 思いやるためには、あなたの心を使いなさい。愛に条件や障壁や隔たりはない。愛し 感じ 思いやるためには、あなたの心を使いなさい。もしあなたが愛するなら、あなたは欺かず、不平をこぼさず、背を向けることなく、何の見返りも求めない。もしあなたが愛するなら、あなたは喜んで犠牲を払い、困難を受け入れ、神と調和して一つになる。

愛には疑い、狡さや偽りなどない。愛し 感じ 思いやるためには、あなたの心を使いなさい。愛に距離はなく、汚れたものは何もない。愛し 感じ 思いやるためには、あなたの心を使いなさい。もしあなたが愛するなら、あなたは欺かず、不平をこぼさず、背を向けることなく、何の見返りも求めない。もしあなたが愛するなら、あなたは喜んで犠牲を払い、困難を受け入れ、神と調和して一つになる。あなたは自らの家族や青春、将来の展望や結婚、そして自らの全てを神に捧げるだろう。そうでなければあなたの愛は愛ではなく、神への偽り、神への裏切りだ。

愛は汚れなき純粋な感情である。愛し 感じ 思いやるためには、あなたの心を使いなさい。愛に条件や障壁や隔たりはない。愛し 感じ 思いやるためには、あなたの心を使いなさい。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋118

神が受肉したのは、その働きの対象がサタンの霊や肉体を持たない何かではなく、人間、つまり肉体をもち、サタンに堕落させられた存在だからである。人間の肉体が堕落しているからこそ、神は肉体をもつ人間を働きの対象とした。さらに、人間は堕落の対象であるため、神は救済の働きの全段階で、人間をそ…

日々の神の御言葉「ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識」抜粋528

完全にされるべき者については、征服される業のこの段階は不可欠である。人間は、征服されて初めて、完全にされる業を経験できる。征服される役割を遂行することに大きな価値は無く、それによって、あなたが神に使われるに相応しいとみなされることは無いであろう。あなたは、福音の伝播において役割を…

日々の神の御言葉「神と人は共に安息に入る」抜粋595

万物の終わりが近づいたということは、神の働きが終わったことを示し、人類の発展の終わりを示す。このことは、サタンによって堕落させられたときの人類は発展の終わりを迎えた、そしてアダム、エバの子孫たちは、彼らそれぞれの終焉に向かって増えていったことを示し、さらに、サタンに堕落させられた…

日々の神の御言葉「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋8

神自身の働きは、人が知らなければならないビジョンである。神の働きは人には達成できないし、人には備わっていないものだからである。三つの段階の働きが神の経営の全てであり、人が認識すべき最大のビジョンである。もし人がこの偉大なビジョンを知らないとすれば、神を認識することも神の心を理解す…