日々の神の御言葉「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋15

人間には経験に基づいて神を定義する傾向がある

 神を知ることに関する事項を伝えている時、気付いたことはあるだろうか。現在における神の姿勢に変化があったことに気付いたであろうか。神の人間に対する姿勢は変化しないものであろうか。神は常にそのように寛容で、神の愛と憐れみの全てを無制限に人間に与えるであろうか。この問題には、神の本質も関与する。……神が人類を愛されていることを知った後、人間は、神を愛の象徴として定義する。人間の行動、態度、人間が神をどう扱うか、人間がどれほど不従順であるかを問わず、神には愛があり、神の愛は無限であり、計り知れないので、そうした事は問題にならない。神には愛があるので、人間に対して忍耐できる。神には愛があるので、人々に対してそして人々の未熟さに対して憐み深くあることができ、人間の無知さそして不従順に対して憐み深くあることができる。本当にそれが実状であろうか。一部の人々にとって、神の寛容さを1回ないし複数回経験した時、人間は神に関する独自の認識のなかで、それを重要視し、神は永遠に寛容であり、憐れみ深くあると考え、人生を通して、その寛容さが、神が人間を取り扱う基準であるとみなす。神の寛容さをひとたび経験した時、神は寛容であり、その寛容さは無限で無条件であり、全く原則は無い、と恒久的に定義する人々もいる。こうした考えは正しいであろうか。神の本質や神の性質に関する事項を議論する時、あなた方は毎回混乱しているようである。あなた方がそのような状態であるのを見ると、少し腹が立つ。あなた方は、今までに神の本質に関して多の真理を聞き、神の性質に関しても、数多くの事項について話を聞いてきた。しかし、あなた方の心の中では、こうした諸問題や、それらの側面に関する真理は、理論と文書に基づく記憶でしかない。あなた方のうち、神の性質が何であるかを実生活で体験したり、神の性質が何かを理解したり出来るものはいない。したがって、あなた方は全員、その信仰において思考が混乱し、盲目に信仰した結果、神に対して不適切な姿勢を取るようになり、神を払いのけるようになった。あなた方の神に対するこうした姿勢は、どのような結果を招くであろうか。その結果、あなた方は神に関することを常に結論付けることになる。あなた方は、多少の認識知識を得ると、それに大いに満足し、神の全てを得たような気分になる。その後は、神がそのような存在であると決めつけ、神が自由に動けないようにしてしまう。神が何か新しい業を行った時は、それが神であることを決して認めない。やがて、神が「わたしはもはや人間を愛していない。今後人間には憐れみを与えない。今後は人間に寛容さや忍耐をもって接しない。わたしは人間に対する極度の嫌悪感と反感に満たされている」と言った時、人間はそうした発言に心の底から対抗する。一部の人々は「あなたはもはや私の神ではなく、私が付き従いたい神ではない。あなたがそのような発言をするのであれば、あなたは私の神の資格を失い、私はあなたに付き従う必要はない。あなたが憐れみや愛、寛容さをくださらないのであれば、私はもはやあなたに付き従わない。あなたが私に対して常に制限無く寛容であり、忍耐深くあり、また、あなたが愛であること、寛容であること、そして忍耐深くあることを私に示された場合のみ、私はあなたに付き従うことが可能であり、あなたに最期まで付き従う確信を持つことができる。あなたの寛容さと憐れみを与えられているので、私の不従順や侵害は無制限に赦され、無制限に見逃され、私はいつでも、どこでも罪を犯し、いつでもどこでも罪を告白して赦され、いつでもどこでもあなたの怒りを買うことができる。あなたは、私の結末を決めたり、自分自身の考えを持ってはならない。」とさえ言うであろう。あなた方は、このような疑問についてそこまで主観的かつ意識的に考えないかも知れないが、神を自分の罪を赦すための道具や、美しい終着点を得るための存在とみなす時、あなたはいつのまにか、生きる神を、あなたに対抗する存在、あなたの敵としてしまっている。わたしはそう理解している。あなたは、引き続き「私は神を信じる」「私は真理を求めている」「私は自分の性質を変えたい」「私は闇の影響から解放されたい」「私は神に満足してほしい」「私は神に服従したい」「私は神に忠実であり、自分の本分をしっかり尽くしたい」などと言うかも知れない。しかし、あなたの言うことがどれほど好感の持てるものであったとしても、あなたがどれほど理論に通じていたとしても、その理論がどれほど印象深いものであったとしても、どれほど高潔であったとしても、実際には、自分が身に付けた規則、教義、理論を使い、神に関する結論を導き出して、何の違和感も無く神を自分に反対する存在としてしまっている。あなたは文書や教義を身に付けていたとしても、本当に真理の現実に入っていないので、神に近付き、知り、理解することは極めて困難である。これは極めて哀れである。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋19

神に認められない人々  神の心において、自分の信仰が認められたことの無い人々がいる。換言すると、そうした人々の信仰を神が讃美しないため、そうした人々が神に付き従う者であることを、神が認めない。こうした人々は、何年にわたり神に付き従って来たかによらず、自分の考えや観点は全く変わらな…

日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋33

神は、人間が愚かであるのは構わない――ただ誠実でありさえすれば  創世記22:2で、神は次のような命令をアブラハムに与えた。「あなたの子、あなたの愛するひとり子イサクを連れてモリヤの地に行き、わたしが示す山で彼を燔祭としてささげなさい」。神の言ったことは明確だ。愛するひとり息子で…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 3」抜粋133

人間は、創造主による統治を受け入れることによってのみ、創造主の側に戻ることが出来るある者に、神による統治や采配に関する明瞭な認識や経験が無い場合、その者の運命や死に関する認識は必然的に支離滅裂なものとなる。人々は、こうした事柄が全て神の掌中にあることを明確に見ることが出来ず、神が…

日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋32

神がアブラハムに息子を与える約束をする  (創世記 17:15-17)神はまたアブラハムに言われた、「あなたの妻サライは、もはや名をサライといわず、名をサラと言いなさい。わたしは彼女を祝福し、また彼女によって、あなたにひとりの男の子を授けよう。わたしは彼女を祝福し、彼女を国々の民…