日々の神の御言葉「神の働きと人の働き」抜粋181

 神の働きは、神の肉の経験を表すのではない。人が行う働きは人の経験を表す。誰もが自分の個人的経験について話す。神は直接真理を表し、一方人は真理を経験したあと、付随する経験を表せるだけである。神の働きに規則はなく、時間や地理的制約に支配されない。神はいつでも、どこでも自分が何かを表すことができる。神は好きなように働く。人の働きには条件と事情がある。そうでなければ、人は働くことはできず、神に関する認識や真理の経験を表すことができない。あなたは、神自身の働きか、人の働きか伝えるためには両方の違いを比較するしかない。神自身のする働きはなく、あるのは人の働きのみであれば、あなたは人の教えは高度で、ほかの誰の能力も及ばないと知るだろう。彼らの話す調子、事を扱う際の原則、働く際の経験豊かで、落ち着いた態度は他の人々の力の及ぶところではないと知るだろう。あなた方はみな高い人間性を持つこれらの人々を称賛するが、神の働きと言葉から神の人間性がどれほど高いか知ることはできない。それどころか、神は普通であり、働くときは通常で現実的だが、人間には計り知れないものでもあり、そのため、人々は一種の畏敬の念を神に感じる。おそらく、働きにおける人の経験は特に高い、あるいは想像力や論理的思考は特に高く、人間性は特に良い。これらのことは人々の称賛は得られても、畏敬の念や畏れを喚起することはできない。働く能力を持ち、特に深い経験を持ち、真理を実践できる人々は誰もが称賛するが、彼らは畏敬の念を呼び起こすことは決してできず、称賛と羨望がせいぜいである。しかし神の働きを経験した人々は神を称賛するのではなく、その代わり、神の働きは人間の力の及ばないもので、人には計り知れず、新鮮で素晴らしいと感じる。人々が神の働きを経験する時、神に対して最初に持つ認識は、神は計り知れず、賢明で素晴らしいということであり、彼らは無意識のうちに神を敬い、神の働きの神秘性を感じ、人の考えの及ばないものだと思う。人々はひとえに神の要求に応じられること、神の希望を満たせることを望み、神を超えようとは思わない。なぜなら、神の働きは人の考えや想像のおよばないものであり、人が神に代わって行うことはできないからである。人自身が自分の力不足を知らないのに、神は新しい道を開拓して、人をより新しく、より美しい世界へ至らせるようにしたので、人類は新たに進歩し、新しいスタートを切った。神に対して人が感じるのは称賛ではない、というより、称賛だけではない。彼らのもっとも深い経験は畏敬の念と愛であり、彼らの抱く感情は、神は実に素晴らしいということである。神は人ができない働きをし、人が言えないことを言う。神の働きを経験した人々はいつも言葉では言い表せない感情を経験する。より深い経験を持つ人々は特に神を愛する。彼らはいつも神の素晴しさを感じ、神の働きは非常に賢く、非常にみごとだと感じ、そう感じることによって彼らの中には限りない力が生み出される。それは恐れ、あるいは時折生じる愛と尊敬ではなく、人に対する神の慈悲と寛容を深く感じる気持ちである。しかし、神の刑罰と裁きを経験した人々は、神を威厳で、犯しがたいものと感じる。神の働きを数多く経験してきた人々でさえ、神を深く理解することはできない。本当に神をあがめているすべての人は、神の働きは人々の見解とは一致せず、いつも反していることを知っている。神は人々が神を完全に称賛したり、神に服従しているように見せたりすることを必要とせず、むしろ本当に畏敬の念を持ち、本当に服従することを必要とする。神の大半の働きにおいて、本当の経験を持つ人はだれでも神に対する畏敬の念を感じるが、それは称賛よりも高い。人々は神の刑罰と裁きの働きによって神の性質を見た。したがって心の中で神を畏れる。神があがめられ、従われるのは、神の存在と性質が被造物のものとは同じでなく、上回っているからである。神は創造された存在ではなく、神のみが畏敬の念と服従を受けるに値する。人にはその資格がない。そこで、神の働きを経験し、本当に神を知る人々はすべて、神に対して畏敬の念を感じる。しかし、神についての自分の見解を取り除かない人々、すなわち、断じて神を神とみなさない人々は、神に対して畏敬の念をまったく持たず、神につき従ったとしても征服されない。彼らは生まれつき不従順なのだ。神がこの働きをするのは、すべての被造物が創造主を畏れ、崇拝し、無条件に神の支配に服従するという結果を達成するためである。これが、神のすべての働きが達成を目指している最終的結果である。もしそのような働きを経験した人々が、たとえ少しでも、神を畏れなければ、もし彼らの過去の不服従がまったく変わらなければ、これらの人々は必ず取り除かれる。人の神に対する態度が遠くから称賛したり、尊敬の念を示したりするだけで、少しも愛さないならば、これは神を愛する心のない人の達することであり、そのような人は完全なものにされる条件に欠ける。多くの働きをしても人の本当の愛を得られなければ、それはその人が神を獲得しておらず、心から真理を追及していないことを意味する。神を愛さない人は真理を愛さず、したがって神を獲得することはできないし、ましてや神の承認を得ることはできない。そのような人々は、どのように聖霊の働きを経験しようとも、どのように裁きを経験しようとも、やはり神を畏れることはできない。これらの人々は本性を変えることができず、かなり邪悪な性質を持つ人々である。神をあがめない人々はすべて取り除かれ、懲罰の対象になり、悪事を働いた人々と同様に罰せられ、不正なことをした人々よりもずっとひどく苦しまなければならない。

『言葉は肉において現れる』より引用

神の業が達成しようとする最終効果

神の業を真に体験した者は誰でも神を礼拝し、そして畏れるだろう。それは称賛に勝る。神の裁きや刑罰を通して、人々は神の性質を見て心から畏れるだろう。神は畏れられるべきであり、また従われるべきである。それは神自身や神の性質は被造物に勝っているから。神のみ畏れられ敬い従うべき方。

神の業に携わった者や、神を真に知る者は神を畏れるだろう。神に意見し、神を畏れない人々は神に征服されない。元から不従順なのだ。神のこのような業は次のことを達成するためである。それは全てのものが創造主を畏れるように、彼ら全てが神に心から従えるように。

それは神自身や神の性質は被造物に勝っているから。神のみ畏れられ敬い従うべき方。これこそが神の業が最後に成し遂げること。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「神の経営の中でのみ人は救われる」抜粋216

神の経営のための働きは世界創造の時に始まり、人間はその働きの中心にいる。神がすべてを創造したのは、人間のためであると言える。神の経営の働きは数千年に及ぶものであり、分や秒、瞬時に行われるといったものではないし、一、二年で終わるものでもない。神は人間が生きて行くために必要なもの─太…

日々の神の御言葉「神の働きと人の働き」抜粋179

人の心の中の働きは人によってあまりにも容易に達成される。たとえば、宗教界の牧師や指導者は自分の才能や立場を信頼して働きを行なう。長い間彼らに従う人々は、彼らの才能に感化され、彼らの人格からいくらか影響を受けるだろう。彼らは人々の才能、能力、知識に重点を置き、多少の超自然的なものや…

日々の神の御言葉「呼び名と身分について」抜粋164

当時のイエスは、その発言も働きも教理には固執しなかった。そして旧約の律法に従って働くこともしなかった。それは、恵みの時代に行われるべき働きに従っていたのである。イエスは、自分の働きをするために自ら働き、自らの計画に沿って働き、自らの任務を遂行した。旧約聖書の律法に従っては働かなか…

日々の神の御言葉「真理を実践しない人への警告」抜粋604

どの教会にも、教会に迷惑をかけ、神の働きの邪魔をする人がいる。こうした人はみな変装して神の家に潜入したサタンである。彼らは演技に優れている。目的を果たすために、畏敬の念をもってわたしの前に来て、うやうやしく頭を下げ、みすぼらしい犬のように振る舞い、自分の「すべて」を捧げる。しかし…