日々の神の御言葉「実践に集中する者だけが完全にされることができる」抜粋212

神は行うべき働きを行い、言葉による職分を果たすために終わりの日に受肉した。神の心に適う人を完全にすることを目的として、人間のもとで働くために神は自らやって来た。創造の時から現在まで、神がこのような働きを行うのは終わりの日のみである。そのような大規模な働きを行うために神が受肉したのは、終わりの日のみである。神は人間にとっては耐え難いであろう苦難に耐え、偉大な神でありながら凡人となるほどに謙っているが、神の働きのうち遅れている側面はなく、その計画はほんの少しも混乱に陥ったことはない。神は元来の計画どおりに働きを行っている。この受肉の目的のひとつが、人間を征服することであり、もうひとつが神が愛する人を完全にすることである。神は自らが完全にする人をその目で見ること望んでおり、また完全にする人がどのように神を証しするかを自ら見ることを望んでいる。完全にされるのは一人や二人ではない。それは極めて少人数の集団である。この集団にいる人たちは世界各地の様々な国の出身であり、様々な民族である。これだけの働きを行う目的は、その集団を得ること、その集団が神のために立てる証しを得ること、そしてその集団から神が得られる栄光を得ることである。神は意義のない働きも、無価値な働きも行わない。それほど大量の働きを行う神の目的は、神が完全にすることを望む人全てを完全にすることであると言える。その働きの余暇には、神は邪悪な者を捨てる。神がそうした大いなる働きを行うのは邪悪な者のためではないことを知りなさい。それどころか、神に完全にされる少数の人たちのために、神は自らの全てを捧げるのである。神が行う働き、述べる言葉、明らかにする奥義、神の裁きと刑罰は全てそれらの少数の人たちのためである。邪悪な者のために神は受肉したのではなく、邪悪な者が神に大いなる怒りをかき立てるということもなおさらない。神が真理といのちに入ることについて語るのは完全にされるべき者のためである。神が受肉したのも彼らのためであり、約束と祝福を授けるのも彼らのためである。神が述べる真理、入ること、そして人間としての生活は、邪悪な者のために行われるのではない。神は邪悪な者に話をするのを避けることを望み、その代わりに完全にされるべき者に全ての真理を授けることを願う。しかし、神の働きにおいては、邪悪な者が一時的に神の富の一部を享受することが必要とされる。真理を実行しない者、神を満足させない者、神の働きを混乱させる者は皆邪悪である。そうした者は完全にされることができず、神に忌み嫌われ、拒まれる。一方、真理を実践する者、神を満足させることができる者、自らの全てを神の働きのために費やす者は、神に完全にされる者である。神が完成させることを望む者は他ならぬその集団であり、神が行う働きはそうした者のためである。神が述べる真理は、進んでその真理を実践する者に向けられている。神は真理を実践しない者には語らない。神が述べる識見の増加と識別力の成長は、真理を実践できる者を対象とする。完全にされるべき者について神が語る時、神はこれらの人について話している。聖霊の働きは、進んで真理を実践する者に向けられている。知恵や人間性を自分のものにすることなどは、進んで真理を実行に移す人に向けられている。真理を実行しない者は真理の言葉を数多く聞くかもしれないが、彼らの本性は極めて邪悪であり、真理に関心がないので、彼らが理解しているのは教義と言葉と空虚な理論でしかなく、彼らのいのちへの入りにはほんの少しも価値がない。彼らのうちには神に忠実な者はいない。彼らは皆、神を見るが神を得られず、神に断罪される。

『言葉は肉において現れる』より引用

終わりの日の神の受肉の背後にある目的

創世から今に至り、終わりの日に神は大いなる業為すため肉となって来た。神は苦痛に耐え自らを謙らせ人となった。なのに神の働きは決して遅れることがなかった。計画に沿い今も神はその働きをしてる。これらの業の目的は人々が獲得され救われ、神を証しするようになるため、そして神の栄光は受けられる。

神は人を征服するため肉となり、愛する者たちを完全にする。彼らが神を証しするのをその目で見たいと願う。そのような人々は多くない一人、二人でもない。異なる国から、民族から来る。計画に沿い今も神はその働きをしている。これらの業の目的は人々が獲得され救われ、神を証しするようになるため、そして神の栄光は受けられる。それが目的、目的、目的、目的。

神の裁き、業、言葉、神の奥義は完全にされるわずかな者のため、真理を告げ、いのちの中への入り方を教える。肉となり与える、約束と恵みを。神は真理を悪者ではなく、彼らに与える。真理を実行し、神のため尽くせる者へ。神は真理を悪者ではなく、彼らに与える。真理を実行し、神のため尽くせる者へ。尽くせる者へ。神は今もその働きをしている。神は今も計画に沿ってこれらの業の目的は人々が獲得され救われ、神を証しするようになるため、そして神の栄光は受けられる。受けられる。それが目的、目的。その目的、目的。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである」抜粋302

人の堕落した性質が発覚する源はその人の鈍くなった良心、悪意のある本性、不健全な理知でしかない。良心や理知が正常に戻ることができれば、人は神の前で神に用いられるのに相応しい人になるだろう。人がますます神に反抗的になるのは、単に良心がつねに麻痺しており、その理知が決して健全ではなく、…

日々の神の御言葉「成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている」抜粋480

一部の人は次のように言っている。「パウロは、本当に多くの仕事をし、諸教会に対して非常に重荷を感じ、多大な貢献をした。パウロの13通の手紙は、恵の時代を2000年間支え、それは4つの福音書の次に大きな功績だ。そのパウロを誰と比較できると言うのか。ヨハネの黙示録は誰も読み解けないが、…

日々の神の御言葉「神の最新の働きを知り、神の歩みに従え」抜粋398

聖霊が現在発する言葉に従える人はみな祝福されている。そのような人が過去どうであったか、聖霊が人々の中でどのように働いていたかは問題ではない。神の最新の働きを得た人は最も祝福され、今日の最新の働きに従えない人は淘汰される。神は新しい光を受け入れられる人を望んでおり、神の最新の働きを…

日々の神の御言葉「神の宿る肉の本質」抜粋100

イエスが地上で生きた生活は、肉体をもつ人間の通常の生活であった。イエスはその肉体の正常な人間性において生きた。イエスの権威——神の働きをし、神の言葉を話し、病者を癒やし、悪霊を祓うといった、驚くべきことを行うためのもの——は、大方、職分を果たし始めるまでは示されなかった。二十九歳…