188 神に忠誠を尽くす志し

サタンは私を完全に堕落させ荒廃させた。私は富と名声を求め、罪の中に生きていた

「自分の身は自分で守れ。さもなくば天地に滅ぼされよう」私は良心や道徳などどうでもよかった

そんな私を神は憐れんで立ち直らせ、悪の世界から救ってくれた

神の裁きと啓示の言葉により、私は世界の堕落の根源を知った

サタンに誘惑され、深く堕落した者はみな闇の底に陥る

神の裁きの言葉で目覚めた私は、人生の光明を得た

名声、富、地位や家族の幸せは実にむなしい。私はもうそれらを求めない

神に従い、神の心を思いやり、本分を尽くすことが天と地の真の原則

真理を求め、神を知り、神を愛する者になるために、最善を尽くそう

神は私たちに呼び掛ける。私たちは立ち上がって神の委託を担うべきだ

神のために費やすことは素晴らしい

逆境の中では、御言葉による導きが、私の心を強くする

手をすきにかけてから、うしろを見てはならない(直訳・を見ることはできない)

神の国の訓練を受け、完全にされる、この稀な機会を逃すわけにはいかない

神を失望させたら、一生後悔するだろう

神に背を向けたら、歴史によって裁かれるだろう

本分をよく尽くして神の愛に報いなければ、どうして神の御前に生きられようか

私の心は真理を大切にし、神に忠誠を尽くす。二度と神に逆らって神を悲しませたりしない

神を愛し、神に忠誠を尽くし続けるよう志し、誰も私を止められない

どんな試練や苦難に遭っても、神を賛美する証しを立てていこう

真理を得て、神に完全にされ、有意義な人生を送ろう

前へ: 187 私は神の愛に報いよう

次へ: 189 裁きを通して目覚める

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索