聖徒たちは勝利する

終わりの日のキリストは真理を表し、人類を裁き、清める

我らは神の声を聞き、御前に立ち返る

神の言葉は神の全能を示し、我らを目覚めさせ、征服する

サタンの悪しき勢力がいかに妨げ、阻み、攻めて来ても

キリストは真理、いのちだと我らは確信し、毅然として神につき従う

悪魔の暗い巣窟の中で、我らは身も心も苛まれ、血と涙を流す。

生と死の境目で、神を呼び求めると、御言葉が困難の中、導いてくれる

神のいのちの力の偉大さ、非凡さを知り、神をより堅く愛する

いのちを捧げても神に忠心を尽くし、ユダのごとくサタンに屈することはない

試練と精錬を経て、我らは神のために力強く良い証をする

神は勝利者たちの一群を作り、サタンを負かし、完全に栄光を手にした

大いなる働きを成し遂げ、災いを降らせ、赤い大きな竜を滅ぼす

義なる神は善に報い、悪を罰し、神の性質が完全に明かされる

聖徒たちが勝ち、キリストの国が世に現れ、真理が力を握る

我らは神の義と全能を賛美する。全能神の聖なる御名への称賛は永遠である                

前へ: 私は神に従うことを心に固く決めた

次へ: 神が栄光を得る日を見ることを望む

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索