神の怒りの光景


神が凄まじく怒ると

世界は火山の噴火のようなあらゆる天災を被る

天上に立つと

地上では日一日と人類に惨事が迫るのが見える

高みからは地球が地震前の光景に見える

灼熱の水が押し寄せ

溶岩がそこら中に流れる

山は動き 冷たい光が輝き

世界は火の中に沈む

神の裁きが来た

肉なる者は逃げられない

これが神の怒りの光景

凄まじい光景だ


世界を滅ぼすのに戦争や紛争は要らない

神の刑罰のゆりかごを全世界が「楽しむ」

誰も神の裁きから逃れられず

一人ひとりがそれを通る

高みからは地球が地震前の光景に見える

灼熱の水が押し寄せ

溶岩がそこら中に流れる

山は動き 冷たい光が輝き

世界は火の中に沈む

神の裁きが来た

肉なる者は逃げられない

これが神の怒りの光景

凄まじい光景だ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「第十八章」より

前へ: 全能者の超越性と偉大さ

次へ: 創造主の権威は不変である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは あ…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索