神の怒りの光景

神が凄まじく怒ると

世界は火山の噴火のようなあらゆる天災を被る

天上に立つと

地上では日一日と人類に惨事が迫るのが見える

高みからは地球が地震前の光景に見える

灼熱の水が押し寄せ

溶岩がそこら中に流れる

山は動き 冷たい光が輝き

世界は火の中に沈む

神の裁きが来た

肉なる者は逃げられない

これが神の怒りの光景

凄まじい光景だ

世界を滅ぼすのに戦争や紛争は要らない

神の刑罰のゆりかごを全世界が「楽しむ」

誰も神の裁きから逃れられず

一人ひとりがそれを通る

高みからは地球が地震前の光景に見える

灼熱の水が押し寄せ

溶岩がそこら中に流れる

山は動き 冷たい光が輝き

世界は火の中に沈む

神の裁きが来た

肉なる者は逃げられない

これが神の怒りの光景

凄まじい光景だ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「第十八章」より

前へ: 人の背きは神を怒らせる

次へ: 災いが襲うとき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索