神の怒りの光景

神が凄まじく怒ると

世界は火山の噴火のようなあらゆる天災を被る

天上に立つと

地上では日一日と人類に惨事が迫るのが見える

高みからは地球が地震前の光景に見える

灼熱の水が押し寄せ

溶岩がそこら中に流れる

山は動き 冷たい光が輝き

世界は火の中に沈む

神の裁きが来た

肉なる者は逃げられない

これが神の怒りの光景

凄まじい光景だ

世界を滅ぼすのに戦争や紛争は要らない

神の刑罰のゆりかごを全世界が「楽しむ」

誰も神の裁きから逃れられず

一人ひとりがそれを通る

高みからは地球が地震前の光景に見える

灼熱の水が押し寄せ

溶岩がそこら中に流れる

山は動き 冷たい光が輝き

世界は火の中に沈む

神の裁きが来た

肉なる者は逃げられない

これが神の怒りの光景

凄まじい光景だ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「第十八章」より

前へ: 人の背きは神を怒らせる

次へ: 災いが襲うとき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索