真理を求めて聖霊の働きを得よ

人の祈りは一種の水路でもあり、聖霊はそれを通じて働きを行なう。正しい状態で祈り求めるとき、聖霊も同時に働いているのです。これは神と人との、異なる二つの視点からの調和のようなものです。言い換えるならば、人が何らかの問題に対処を神が助けているのです。これは神の前に来たときの人からの協力の一種です。そしてまた、神が人を救い清めるための方法の一種でもあります。さらには、人がいのちに適切に入っていくための道であり、儀式のようなものではないのです。祈りの意義は極めて深いのです。頻繁に祈るのであれば、そして祈り方を知っているのならば、つまり従順さと理知をもって頻繁に祈るのであれば、人の内面はいつも正常です。

頻繁に祈るのであれば、そして祈り方を知っているのならば、つまり従順さと理知をもって頻繁に祈るのであれば、人の内面はいつも正常です。一人で祈るとき、用いる言葉は誠実かつ真剣なものでなければなりません。そのようにして初めてキリストの前で正常になれます。人はどのようにして神の前に出るべきですか。祈りと自己反省を通じて、理知をもって語るにはどうしたらよいか、人間の立場から語るにはどうしたらよいか、心から語るにはどうしたらよいかを見極めるのです。聞き心地がよいだけの言葉や、神を欺こうとする言葉を口にしてはいけません。これをしばらく実践すれば、神への祈り方と交わりの仕方がわかり、聖霊の働きを得るのが容易になります。

『キリストの言葉の記録』の「祈りの意義と実践」より編集

前へ: 聖霊の働きを持つために祈りの中であなたの心にあることを話しなさい

次へ: 真の祈りなしには真の奉仕はない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければなら…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索