人間は神が造った万物を大切にするべき

伴唱:人間がその他の物事無しでは生きられないこと。人間は万物に対してどのような姿勢を取るべきであろうか。大切にし、保護し、効率よく利用し、


神は人間に万物を管理し、その主となることを許しているが、人間はそうした役割を十分に果たしているであろうか。人間には破壊する傾向があり、人間は、万物を神が造ったように保持することが出来ないだけでなく、実際には万物を破壊してきた。人間は山を瓦礫に変え、海に土を詰め込み、野原を不毛の砂漠に変えた。それでもなお、人間は砂漠に産業を興し、原子力発電所を建てるなど、破壊はあらゆる場所で行われている。川や海は汚染で満たされ、もはや川は川で無くなり、海は海で無くなった。


人間が自然の調和と規則を乱した時、人間に災難と死が近づき、人間はそれを免れることは出来ない。災害が発生すると、神の創造物がどれほど貴重であり、どれほど人間にとって重要であるかを知り、人間は初めてその事実に目覚める。素晴らしい気候の環境で暮らす人間は、あたかも楽園に居るかのようである。人間はこうした祝福を認識しないが、その祝福を完全に失った瞬間に、それら全てが稀少であり貴重であることを知る。


それを取り戻すにはどうすればよいだろうか。神が業を一切行わず、人間のために業を行うことを望まなくなったとしたら、つまり神が介入することを望まなかった場合、人間が破壊を止め、元の状態に復旧させるのが最適な方法であろう。そうした破壊の問題を全面的に解決するということは、神が造った物事を略奪すること、荒らすことを止める、ということを意味する。こうすることにより、人間の生活環境は次第に改善されるであろう。それを怠った場合、環境破壊は更に進み、一層深刻なものとなることは確実であろう。


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 7」より編集

前へ: 神は天地万物を人のために創造した

次へ: 神は万物の支配者

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神から託されたことを成し遂げるために身も心も捧げよ

私たちは身も心も捧げる 人類と敬虔な信者の一人として 神の委託任務を果たすために それが私たちの責任と義務 それが責任と義務 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない この身と心を神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索