人間は神が造った万物を大切にするべき

伴唱:人間がその他の物事無しでは生きられないこと。人間は万物に対してどのような姿勢を取るべきであろうか。大切にし、保護し、効率よく利用し、

神は人間に万物を管理し、その主となることを許しているが、人間はそうした役割を十分に果たしているであろうか。人間には破壊する傾向があり、人間は、万物を神が造ったように保持することが出来ないだけでなく、実際には万物を破壊してきた。人間は山を瓦礫に変え、海に土を詰め込み、野原を不毛の砂漠に変えた。それでもなお、人間は砂漠に産業を興し、原子力発電所を建てるなど、破壊はあらゆる場所で行われている。川や海は汚染で満たされ、もはや川は川で無くなり、海は海で無くなった。

人間が自然の調和と規則を乱した時、人間に災難と死が近づき、人間はそれを免れることは出来ない。災害が発生すると、神の創造物がどれほど貴重であり、どれほど人間にとって重要であるかを知り、人間は初めてその事実に目覚める。素晴らしい気候の環境で暮らす人間は、あたかも楽園に居るかのようである。人間はこうした祝福を認識しないが、その祝福を完全に失った瞬間に、それら全てが稀少であり貴重であることを知る。

それを取り戻すにはどうすればよいだろうか。神が業を一切行わず、人間のために業を行うことを望まなくなったとしたら、つまり神が介入することを望まなかった場合、人間が破壊を止め、元の状態に復旧させるのが最適な方法であろう。そうした破壊の問題を全面的に解決するということは、神が造った物事を略奪すること、荒らすことを止める、ということを意味する。こうすることにより、人間の生活環境は次第に改善されるであろう。それを怠った場合、環境破壊は更に進み、一層深刻なものとなることは確実であろう。

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 7」より編集

前へ: 神は天地万物を人のために創造した

次へ: 神は万物の支配者

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索