善悪を測る神の基準

人の行ないが善か悪かを判断する基準は何か。それは、考えや表現や行動において、真理を実行に移し、真理の現実を生きる証しを有しているかどうかによる。その現実がなかったら、あなたは間違いなく悪を行なう者である。あなたの考えや外面的行動は神の証しをするものでも、サタンを辱めたり打ち負かしたりするものでもない。むしろ神を辱めるものであり、神に恥をかかせる印に満ちている。あなたは神の証しをしておらず、神のために自分を費やしておらず、神に対する責任と義務を果たしていない。むしろ自分のために行動しているのである。「自分のために」とは、実際にはサタンのためにという意味である。

ゆえに、神は結局「あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ」と言う。神の目から見ると、あなたは何の善行もしておらず、むしろあなたの振る舞いは邪悪なものに変わってしまったのだ。あなたが報われることはない。神はあなたのことを思い出さない。それはまったく虚しいことではないか。本分を尽くしている一人ひとりにとって、真理の理解の深さがどれほどであろうと、真理の現実に入ることを望むなら、自分が行なうすべてのことにおいて神の家の益を考え、自分の利己的な欲求、個人的な意図、動機、面子、地位を捨てるのが最も簡単な実践の方法である。神の家の益を第一にしなさい。これが行なうべき最低限のことである。本分を尽くしている人がこの程度のことさえできないのであれば、その人は効力者であって本分を尽くしていない。

『キリストの言葉の記録』の「真心を神に捧げると真理を得ることができる」より編集

前へ: 万事において神の旨を求めなければならない

次へ: 本分を良く尽くせば証しに立つことができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索