善悪を測る神の基準

人の行ないが善か悪かを判断する基準は何か。それは、考えや表現や行動において、真理を実行に移し、真理の現実を生きる証しを有しているかどうかによる。その現実がなかったら、あなたは間違いなく悪を行なう者である。あなたの考えや外面的行動は神の証しをするものでも、サタンを辱めたり打ち負かしたりするものでもない。むしろ神を辱めるものであり、神に恥をかかせる印に満ちている。あなたは神の証しをしておらず、神のために自分を費やしておらず、神に対する責任と義務を果たしていない。むしろ自分のために行動しているのである。「自分のために」とは、実際にはサタンのためにという意味である。

ゆえに、神は結局「あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ」と言う。神の目から見ると、あなたは何の善行もしておらず、むしろあなたの振る舞いは邪悪なものに変わってしまったのだ。あなたが報われることはない。神はあなたのことを思い出さない。それはまったく虚しいことではないか。本分を尽くしている一人ひとりにとって、真理の理解の深さがどれほどであろうと、真理の現実に入ることを望むなら、自分が行なうすべてのことにおいて神の家の益を考え、自分の利己的な欲求、個人的な意図、動機、面子、地位を捨てるのが最も簡単な実践の方法である。神の家の益を第一にしなさい。これが行なうべき最低限のことである。本分を尽くしている人がこの程度のことさえできないのであれば、その人は効力者であって本分を尽くしていない。

『キリストの言葉の記録』の「真心を神に捧げると真理を得ることができる」より編集

前へ: 軽率に働くことは本分を尽くすことではない

次へ: 神は本分を守らない者を嫌って棄てる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索