キリストの本質は神


肉体となった神がキリスト

人に真理を授けるキリストは神よ

決して大げさじゃない

神の本質を持つものだから

その働きに神の性質と知恵がある

人には届かない

自らキリストと名乗っても行えぬは偽物なり

キリストは単なる神の顕現なんかじゃない

神のまとう特別な肉体

人の中で業を行い 完成させるため

身にまとう特別な肉体


代わりになれる者は誰もいない

この肉体だけが神の業を行える

この肉体だけが

神の性質を表し

神を象徴する

そして人に命授ける

キリストと名乗ってもやがて倒れるだろう

本質を伴っていないから

キリストの真偽の答えは

人には決められない

神自ら答え決めること

キリストの真偽の答えは

人には決められないものだと

神は言う

もしも命の道を求めること心から望むなら

まず認めなさい

神はこの地上に降りて

命の道を人に授けると

神の性質を表し

神を象徴する

過去じゃなく今ここで

今ここで起こってる

キリストは単なる神の顕現なんかじゃない

神のまとう特別な肉体

神の性質を表し

神を象徴する

過去じゃなく今ここで

今ここで起こってる

キリストの真偽の答えは

人には決められない

神自ら答え決めること

キリストは神の顕現なんかじゃない

神のまとう特別な肉体

特別な肉体

『言葉は肉において現れる』の「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」より編集

前へ: 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

次へ: 終わりの日のキリストは永遠のいのちの道をもたらす

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよう…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、命…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索