征服の働きの実質

人の最大の問題は

自分の運命しか考えず

前途を偶像とし

そのために神を追い求めること

人は神への愛で神を礼拝しない

とても利己的で欲深く

礼拝の妨げになるものは

すべて取り除く必要がある

そのとき人の征服の効果が達成される

征服の働きは

人の運命と前途を取り除き

反抗的な性質を裁き罰して効果を挙げる

人と取引し 恵みと祝福を与えるのではなく

人の自由と前途を取り除くことで

彼らの忠誠を明らかにする

それこそが征服の働きだ

最初の人の征服では

人の野望や致命的な弱さ

それらを取り除くことが最も重要で

これを通して

人の神への愛が明らかにされて

人生観と神の見方

そして存在の意味が変わる

このように人の神への愛が清められて

心が真に征服される

征服の働きは

人の運命と前途を取り除き

反抗的な性質を裁き罰して効果を挙げる

人と取引し 恵みと祝福を与えるのではなく

人の自由と前途を取り除くことで

彼らの忠誠を明らかにする

それこそが征服の働きだ

だがすべての被造物への神の態度は

征服のための征服はない

むしろ神は自身の栄光のため

人本来の姿を回復すべく

人を征服し我が物とする

征服の働きは

人の運命と前途を取り除き

反抗的な性質を裁き罰して効果を挙げる

人と取引し 恵みと祝福を与えるのではなく

人の自由と前途を取り除くことで

彼らの忠誠を明らかにする

それこそが征服の働きだ

『言葉は肉において現れる』の「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より編集

前へ: 征服の働きの主な目的

次へ: 征服の働きには人を分類する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索