征服の働きの実質

人の最大の問題は

自分の運命しか考えず

前途を偶像とし

そのために神を追い求めること

人は神への愛で神を礼拝しない

とても利己的で欲深く

礼拝の妨げになるものは

すべて取り除く必要がある

そのとき人の征服の効果が達成される

征服の働きは

人の運命と前途を取り除き

反抗的な性質を裁き罰して効果を挙げる

人と取引し 恵みと祝福を与えるのではなく

人の自由と前途を取り除くことで

彼らの忠誠を明らかにする

それこそが征服の働きだ

最初の人の征服では

人の野望や致命的な弱さ

それらを取り除くことが最も重要で

これを通して

人の神への愛が明らかにされて

人生観と神の見方

そして存在の意味が変わる

このように人の神への愛が清められて

心が真に征服される

征服の働きは

人の運命と前途を取り除き

反抗的な性質を裁き罰して効果を挙げる

人と取引し 恵みと祝福を与えるのではなく

人の自由と前途を取り除くことで

彼らの忠誠を明らかにする

それこそが征服の働きだ

だがすべての被造物への神の態度は

征服のための征服はない

むしろ神は自身の栄光のため

人本来の姿を回復すべく

人を征服し我が物とする

征服の働きは

人の運命と前途を取り除き

反抗的な性質を裁き罰して効果を挙げる

人と取引し 恵みと祝福を与えるのではなく

人の自由と前途を取り除くことで

彼らの忠誠を明らかにする

それこそが征服の働きだ

『言葉は肉において現れる』の「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より編集

前へ: 征服の働きの主な目的

次へ: 征服の働きには人を分類する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索