そうした人々の一群がある

我らはさいわいにも神の声を聞き、天国の祝宴の席につく

神の言葉を飲み食いし、真理について交わり、教会生活は比類なく楽しい

真理を悟り、自由になり、歌い踊り、心を尽くして神を賛美する

天の聖なる都がこの世に降りて来て、我らは幸福のゆりかごの中で生きる

警察のサイレンが遠くで鳴り、赤い大きな竜の兵たちが戸を突き破る

銃声が鳴り、全員に「止まれ」と指示するが、我らは皆四方に必死に逃げる

後でいつものように集い、御言葉を飲み食いし、臆病者は恐れに肝をつぶす

神を真に欲する者は危険の中でも前進し、この狭い道をあえて歩む者がいる

効力者たちの試練により、我らは心を砕かれ、精錬により、涙が川のように流れる

最後まで効力するという忠心の誓いを立て、絶望を通して神の手を見る

我らが進んで効力するとき、神は我らを神の民に変える。たとえ死を求められても、神のためにはどんなこともする

神への愛というこの暖かい流れの中、我らは皆、神を真に愛すると決意する

御言葉の一つひとつが雨のように注がれ、我らを裁き、鋭い剣のように心を突き刺す

我らは皆、地上で征服され、ひれ伏し、言葉にできない苦痛の中で生きる

我らは青ざめ、恥を知る。堕落の真相がすっかり明かされた

真理を悟り、自らを知り、不満なく神の指揮をすべて受け入れる

我らは試練と患難を経験し、救いを得て、神の言葉に征服され、神の民となった

より実践的な、真の信仰を持ち、神の全能と知恵を賛美する

全能神の言葉はすべて真理。彼は実践的な神の受肉。

私は真の道を離れることはできない。効力者は私の良き友となった

私は新たな人となる決意を固めた。良心と理知が人らしさのしるし

悪を行う者は暴かれ、取り除かれ、真理を行う者は神に認められる

試練と患難は勝利者たちの一群を作り、我らは最後までキリストに従うと固く決意した

我らは真理を追い求め、皆美しい証しを持ち、誠実な者は神の祝福を得る

前へ: 神に対する私の愛は決して変わらない

次へ: 誰が神様の心を思いやるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索