あなたは赤い大きな竜の前で神を証しできるか

わたしは小鳥たちが空を飛んでいるのを見て喜ぶ。彼らはわたしの前に決意を表明することもなく、わたしに「提供する」言葉もないが、わたしが与えた世界に楽しみを見出している。しかし人にはそれができず、その顔は憂鬱に満ちている。もしやわたしは人に返済不可能な負債を負っているのか。人の顔にはなぜ常に涙がつたっているのか。わたしは丘に咲くユリを賛える。草花は斜面を覆うが、ユリは春の訪れの前に、地上におけるわたしの栄光に輝きを加える。人にはそれができるか。人はわたしが戻る前に地上においてわたしに証しできるのか。赤い大きな竜の国でわたしの名のために自分を捧げることができるのか。

終わりの日の集団におけるわたしの業は前例のない事業であるため、わたしの栄光が宇宙を満たし、すべての人々がわたしのために最後の苦難に遭う。あなた方にはわたしの旨が分かるだろうか。これがわたしの人に対する最後の要求である。つまり、わたしは全ての人々が赤い大きな竜の前で、力強く、明確なわたしの証しとなれることを望む。最後に彼らがわたしのために自らを捧げ、最後にもう一度わたしの要求を満たすことを望む。あなた方にはこれが本当にできるか。かつてのあなた方はわたしの心を満たすことができなかった。最後の時にこの型を破ることができるか。わたしは人々に反省の機会を与え、最終的にわたしに答える前に深く考えさせる。そうすることは間違いなのか。わたしは人の応答を待つ。人から「手紙による返事」が来るのを待つ。あなた方にはわたしの要求を満たすだけの信仰があるだろうか。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第三十四章」より編集

前へ: 勝利者とは神のために圧倒的な証しをする者たちである

次へ: 神のために証することに本当に自信があるか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索