真の道の受け入れを阻む障壁はなぜこれほど多いのか?

2023年9月26日

2008年、母とともに主を信じるようになり、地元の教会での集会に通い始めたの。そして、やがて教会の執事になったわ。集会のたびに、もっと多くの御言葉を読み、神の御旨をもっと理解したいと思った。でもそのうち気づいたの。牧師の説教から十分な糧を得られないと。集会を楽しめなくて、空虚感を抱いた。2020年6月、学びを深めるため神学校に進んだ時、オンラインで全能神教会のガルシア姉妹と出会ったの。終わりの日の全能神の福音を広めてもらい、集会にも誘ってもらったわ。全能神の御言葉を多く読んで、全能神の御言葉には権威と力があり、神の声だと分かった。そして全能神こそ、長年待ち望んだ主イエスの再来だと確信したの。感動して涙が出た。主の再来を迎えて、終わりの日の神の救いを受けられるなんて幸せだと思った。

そして、主の再来のことを一刻も早く兄弟姉妹に知らせようと思ったの。教会の伝道者だったアンヘルは、とてもやさしくて責任感があり、いつも皆に親切だったので、まずアンヘルに主の再来を知らせて、全能神の御言葉を伝え、御言葉についての私の理解を交わったの。驚いたことにアンヘルはすぐに話を遮ってこう言ったわ。「それはありえない。御言葉があるのは聖書だけ。聖書以外に御言葉はありえない。聖書以外のものを読むのは主への裏切りだ!」急いで答えたわ。「なぜ主を裏切ることになるの?終わりの日の神の働きについて全く知らないんだから、全能神の言葉が神の声か調べてから、自分で決めたらいいわ」。でも私がすべて言い終わる前にきっぱりと言われた。「調べる必要はない。教えを聞きたいなら私の話を聞け。よく覚えておくんだ。聖書以外の本を読むな。聖書から離れることは主への裏切りになるぞ」と。終わりの日の神の働きに対するアンヘルの態度に、驚くと同時に困惑した。「前は賢い乙女のように一身に主を待たなければ、主の再来を逃すかも言っていたのに、主が再来したと聞いても、求めたり調べたりするどころか私に全能神の御言葉を聞くなというのはなぜどうして?主の再来を迎えたくないのかしら?」どうしてそんな態度をとるのかわからなかった。アンヘルの言葉についても考えた。「神の言葉はすべて聖書にあり、聖書以外には存在しない。聖書から離れることは主への裏切りだ」。全能神を受けいれることは主を迎えることで、裏切りじゃないと分かっていたけど、アンヘルの言葉に困惑したの。

その後、御言葉を数節読んで、全能神教会の兄弟姉妹の交わりを聞いたら、戸惑いが解決できたの。全能神は言われます。「聖書に記録されていることは限られており、神の働き全体を表わすことはできない。四福音書をすべて合わせても百章以下であり、その中に書かれている出来事は限られている。たとえば、イエスがイチジクの木を呪ったこと、ペテロが主を三回否定したこと、イエスが磔刑と復活の後、弟子たちの前に現われたこと、断食についての教え、祈りについての教え、離婚についての教え、イエスの誕生と系図、イエスの弟子たちの任命などである。しかし、人々はそれらと現在の働きとを比べることさえして、それらを宝として大切にする。そのような人は、神にはこの程度のことしかできず、それ以上は無理だとでも言うように、イエスが生涯に行なった働きはその程度にしかならないとさえ信じている。それは馬鹿げたことではないか(『神の出現と働き』「受肉の奥義(1)」〔『言葉』第1巻〕)。「結局のところ、神と聖書のどちらが偉大なのか。なぜ神が聖書にしたがって働きを行なわなければならないのか。神には聖書を超える権利がないということか。神は聖書から離れて別の働きを行なうことができないのか。なぜイエスと弟子たちは安息日を守らなかったのか。仮にイエスが安息日を踏まえ、旧約の戒めにしたがって実践するつもりだったなら、なぜ到来後に安息日を守らず、その代わりに足を洗い、頭を覆い、パンを裂き、ぶどう酒を飲んだのか。これらはみな、旧約の戒めにないのではないか。イエスが旧約を遵守していたのなら、なぜそれらの教義を破ったのか。神と聖書のどちらが先に来たか、あなたは知るべきだ。彼は安息日の主であると同時に、聖書の主でもあるのではないか(『神の出現と働き』「聖書について(1)〔『言葉』第1巻〕)。「聖書の実情を知る人はいない。つまり、聖書が神の働きに関する歴史的記録、神による以前の二段階の働きについての証しに過ぎないこと、また聖書は神の働きの目的について何も教えていないことを、誰も知らないのである。聖書を読んだことがある人はみな、そこには律法の時代と恵みの時代における二段階の神の働きが記録されていることを知っている。旧約はイスラエルの歴史と、創造から律法の時代の終わりに至るヤーウェの働きを記録している。また新約では、地上におけるイエスの働きが四福音書に記されており、それとともにパウロの働きも記録されている。これらは歴史的記録ではないのか。過去の物事を今日に持ち込めば、それは歴史となり、いかに真実かつ現実であろうとも、やはり歴史である。そして、歴史は現在に当てはめることができない。神は歴史を振り返らないからである。ゆえに、聖書を理解するだけで、神が今日行なおうとしている働きについて何も理解しないのなら、また、神を信じていながら聖霊の働きを求めないのなら、あなたは神を求めることが何を意味しているのかわかっていない。イスラエルの歴史を学ぶために、神の天地創造の歴史を研究するために聖書を読むのなら、あなたは神を信じていない。しかし今日、あなたは神を信じていのちを追い求めているのだから、また神の認識を追い求め、死んだ文字や教義、あるいは歴史の理解を追い求めているのではないのだから、今日の神の旨を求め、聖霊の働きの方向を探さなければならない(『神の出現と働き』「聖書について(4)」〔『言葉』第1巻〕)。兄弟姉妹はこんなふうに交わってくれたわ。聖書は神の過去の働きを記した歴史的記録にすぎない。神の働きを記録して、編纂したもの。人が編纂して編集するときに、抜け落ちた内容もあるはず。神の御言葉と働きのすべてを聖書に含めるのは不可能だと。使徒のヨハネも言っているわ。「イエスのなさったことは、このほかにまだ数多くある。もしいちいち書きつけるならば、世界もその書かれた文書を収めきれないであろうと思う」(ヨハネによる福音書 21:25)。つまり、聖書に記録された神の御言葉と働きはかなり限定されているの。神は創造主であり、人類のいのちの源。数千年もの間、神は働き、言葉を発し、必要なものを人類に絶え間なく与え続け、人類を導いてくれている。御言葉は生きた水の泉のように湧き続けるのに、どうすればその全部を聖書に入れられるの?神は万物を統治する。安息日の主であるだけでなく、聖書の主なの。聖書に従って働くことも聖書に制限されることもない。その完全な権限をもって聖書を超え、自分の計画と人類の需要に応じて、新たな働きを行い、さらなる言葉を発するの。例えば、恵みの時代、主イエスが行った働きは、旧約聖書に記録された、律法の時代の働きと同じではなく、もっと新しく、もっと高尚なものだった。悔い改めの道を説き、はりつけという働きを行って、人類の罪を贖ったので、人類は律法により断罪、処刑されることなく、生き延びた。終わりの日の働きにおいても、聖書に記録された過去の働きを繰り返すんじゃなく、新たな言葉を発し、新たな働きを行うの。主イエスもこう預言してるわ。「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう(ヨハネによる福音書 16:12-13)。終わりの日に主イエスは全能神として再来して、神の家から始まる裁きの働きを行い、人を清め救うために必要なあらゆる真理を表す。人類が完全に罪から逃れ、清められ、完全にされ、神の国に入れるように。終わりの日の神の働きを受け入れた人は、御言葉の潤しと糧を与えられて、羊の婚宴に参加するの。黙示録にもこうあるわ。「そして、小羊の行く所へは、どこへでもついて行く(ヨハネの黙示録 14:4)。明らかにその人たちは羊の足跡を追っていて、神を裏切ってない。だから、「神の言葉と働きはすべて聖書にあり、聖書から離れることは神への裏切り」。という考えは誤謬で、御言葉や事実と一致しない。兄弟姉妹との交わりのおかげで理解が明確になりアンヘルの誤謬を見抜けたの。

その後、元の教会の姉妹に福音を広めに行った。するとそれを聞いたアンヘルがその姉妹を妨害して、他の人が福音を受け入れないようにしたの。全能神を断罪し、冒とくし、違う教派に入ることは主への裏切りだと言ったわ。そして牧師と一緒に、私の噂話を教会に広めたの。集会に来ないのは彼氏ができたからで、私の信仰は偽りだって。私に近づかない方がいいって。みんなその噂を聞いて私を見下し、距離を置き始めたわ。まるで私が不審者みたいに、変な目を向けてくる人もいた。数日後、牧師は私の両親を訪ねて、私が道を踏み外し、集会にこなくなったと言ったの。私を監視して、どこにも行かないようにしろとも言ったわ。あらゆることがいっぺんに降りかかって、本当に辛かった。もう立ち直れないと思った。なぜみんながあんな態度を取るのかわからなかった。ただ、主の再来を証ししただけなのに、噂をでっちあげ、私を中傷した。私を監視するよう両親をそそのかした。全部がナイフみたいに心に刺さって、耐えられないほど苦しくて、涙を流しながら、神に祈り、助けを求めたの。すると私の状況を知った姉妹が、多くの御言葉を教えてくれて、たくさん励ましてくれたわ。

こんなふうに言ってる全能神の御言葉を目にしたの。「現在、追求する人としない人は、まったく違う二種類の人であり、その終着点も極めて異なる。真理に関する認識を追求し、真理を実践する者は、神に救われる人である。真の道を知らない者は、悪魔にして敵である。彼らは大天使の後裔であり、滅びの対象になる。漠然とした神を信じる敬虔な信徒であっても、同時に悪魔なのではないか。良心こそあるが真の道を受け入れない者たちは悪魔であり、その本質は神に逆らうものである。……受肉した神を信じない人はみな悪魔であり、またそれ以上に、そのような人は滅ぼされる。信仰を持つが真理を実践しない人、受肉した神を信じない人、神の存在をまったく信じない人もみな、滅びの対象となる。留まることを許される人はみな、精錬の苦しみを経て揺るぎなく立った人である。これらは、真に試練を耐えた人である。神を認めない人はみな敵である。すなわち、受肉した神を認めない者は誰であっても、この流れの中にいようと外にいようと、みな反キリストである。神を信じない反抗者でないならば、サタンや悪魔、神の敵となることなどないはずだ。彼らは神に逆らう者ではないのか(『神の出現と働き』「神と人は共に安息へと入る」〔『言葉』第1巻〕)。姉妹と御言葉を交わって気づいた。主イエスが働きを行うために来た時、聖殿でヤーウェ神を崇拝するパリサイ人たちは、主イエスの言葉に権威と力があると知りながら、求め調べるどころか、主イエスに激しく抵抗し、断罪した。ベルゼブブの力で悪魔払いをしているという濡れ衣を着せ、聖霊を冒とくしたので、神に呪われ、懲罰を受けた。パリサイ人は直接主を冒とくし、断罪するだけでなく、信徒を騙して主イエスに抵抗させたので、信徒は救いの道を失い、パリサイ人たちとともに葬らることになった。主イエスは当時パリサイ人をこんなふうに呪ったわ。「偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、天国を閉ざして人々をはいらせない。自分もはいらないし、はいろうとする人をはいらせもしない(マタイによる福音書 23:13)。そして、「偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたはひとりの改宗者をつくるために、海と陸とを巡り歩く。そして、つくったなら、彼を自分より倍もひどい地獄の子にする(マタイによる福音書 23:15)。御言葉を通してわかるのは、パリサイ人は神に抵抗する反キリストで、善良なふりをしながら、実際は真理を嫌い、神を敵視し、魂を食らい、人を地獄に誘い込む悪魔だったということ。パリサイ人の悪行を基に、主イエスは7つの災いを定めた。このことから、背きを許さない神の性質がわかるわ。終わりの日、全能神は働きを行い、人類を清め救うためのあらゆる真理を表し、勝利者の一団をつくり、宗教界を震かんさせた。この壮大な神の働きにも関わらず宗教界の牧師や伝道師は、求めたり考察したりせず、それどころか噂を広めて、信徒が真の道を調べないようにした。まるでパリサイ人と同じ。その本性と本質は、真理を嫌い、神に抵抗するものなの。終わりの日に、神は人をその種類に応じてより分け、偽の信者を暴き、真の信者を明らかにする。神を信じると言いながら、真理と受肉した神を受け入れない人は、本当の信者ではなく、最後には淘汰される。心を開いて真理を求め、終わりの日のキリストを受け入れる人だけが、神に救われる機会を得る。アンヘルは一見優しくて謙虚で親切だけど、主の再来のことを聞いても、求めたり考察したりせず、御言葉と神の働きを論断して、断罪した。そして他の信徒が真の道を調べないよう噂を流した。神への畏敬の念が一切ないわ。主を信じ、主に仕えていながら、本質では真理を嫌い、神に抵抗する。かつて神に抵抗したパリサイ人となんら変わらないの。それに気づいて、アンヘルや宗教界の指導者のことが少しわかった。そしてなぜあんな行動をとったかも明確に理解できたから、それほど辛く感じなくなったの。

それからしばらくして、教会で本分を尽くし始めた。毎日集会に参加し、みんなと御言葉を読んで、最高の気分だった。でも牧師や伝道師が広めた噂を耳にした両親が、私をひどくしかりつけて、無理やり前の教会に連れ戻し、全能神を信じることを禁止した。両親の妨害をうけて本分を正常に尽くせなくなったし、集会にも行けなくなったわ。ある日、兄弟姉妹とオンラインで集会をしているのを父に見つかって、怒った父に殴られそうになった。ちょうど母が来て止めてくれたけど。その後、両親はますます厳しく私を監視するようになった。家に閉じ込められ、外出を禁止されたので、集会に行けなくなってしまったの。その時は、状況を受け止めることができず、心が弱くなって、本分を尽くす自信もなくなった。神に祈って、信仰心と強さを求めた。その後、この一節を見つけたの。「神が人において行う働きのあらゆる段階において、それはあたかも人の手配により、あるいは人の干渉から生まれたかのように、外面的には人々の間の相互作用のように見える。しかし舞台裏では、働きのあらゆる段階、起こるすべてのことは、神の面前でサタンが作った賭けの対象であり、人は神への証しにおいてしっかりと立つことが要求される。ヨブが試練に会った時のことを例にとってみよう。秘かにサタンは神と賭けをしており、ヨブに起こったことは人間の行為であり、人間による干渉であった。神があなたがたにおいて行う働きの各段階の背後にはサタンと神との賭けがある。その背後にはすべて戦いがある(『神の出現と働き』「神を愛することだけが本当に神を信じることである」〔『言葉』第1巻〕)。御言葉を通して気づいた。「今のこの状況は、両親が私の全能神への信仰を邪魔しているように見えるけど、実はサタンの仕業なんだ」って。霊的な戦いだったの。神は終わりの日に多くの真理を表した。それは人をサタン的な堕落から解き放ち、神に救われるようにするため。でもサタンは私が神に救われるのが面白くない。だから両親を使って私を攻撃し、神を信じ本分を尽くす邪魔をしたの。サタンの望みは、私が救いの機会を完全に失い、地獄に落とされることだったの。サタンは本当に邪悪で陰険だわ!全能神に従うのをやめたら、サタンの邪悪な企みにはまることになるわ。

その後、この一節を読んだの。「落胆してはならない。弱ってはならない。そうすればわたしが物事を明らかにしよう。神の国への道は平坦ではない。何事もそう簡単ではないのだ。あなたはたやすく祝福を得たいと思っているのではないか。現在は誰もが苦しい試練に直面しなければならない。そうでなければ、わたしに対する愛の心が強まることはなく、わたしへの真の愛を抱くこともないだろう。試練は単なる些細な状況だとしても、誰もが必ず通らねばならない。ただそれぞれ試練の度合いが違うというだけのことだ。試練はわたしからの祝福なのだ。頻繁にわたしの前に来て跪き、わたしの祝福を求める者がどれだけいるだろうか。愚かな子らよ。あなたがたはいつも、ちょっとした幸先の良い言葉がわたしからの祝福だと思っているが、苦しみもわたしからの祝福の一つだとは感じない。わたしによる苦しみにあずかる者は、必ずわたしによる甘美さにもあずかることになる。これがわたしの約束であり、あなたがたに対する祝福なのだ(『神の出現と働き』「キリストの初めの言葉、第四十一章」〔『言葉』第1巻〕)。全能神の御言葉を読んでわかった。牧師の抑圧や両親の妨害に少しだけ苦しんだりもしたけど、この状況を神が許したのは、私の信仰を完全にするため。神の善意だったのよ。でも私は、ほんの少しの辛さで心が弱くなり本分を捨てようとした。真理を得るために苦しみ、代償を払う覚悟がなかった。神への誠実な心をもたず、背丈もとても小さかった。神の意図が分かるようになると、消極的で弱い気持ちが消え、信仰心と強さを得て、状況に向き合い、神にすがって抑圧に立ち向かう覚悟ができた。その後は、常に神に祈りを捧げ、御言葉を読んで信仰心を強め、集会に行き本分を尽くすための道を示してくださいとお願いしたわ。

その後、アンヘルたちが広めた私の噂の影響に苦しむ両親が、噂の影響から逃れるために私を祖母の家に居候させたの。そこで兄弟姉妹たちとネットを通じてつながり、集会に参加して、本分を尽くせるようになった。それを知った両親は怒ったけど、私は揺るがなかった。そしてきっぱりと言ったの。「主を信じるうえでの最大の望みは、主の再来を迎えること。そして今、主イエスは全能神として再来したの。だから2人が理解できなくても、私は最後まで全能神に従うわ。それでも止めるというなら、この家を離れるしかない」と。私の覚悟が伝わり、両親は何も言わなくなった。それ以降も、しょっちゅう文句を言われたし、本分を邪魔されたけど両親に縛られることなく、固い決意で本分に臨んだわ。牧師や家族から何度も抑圧され、妨害されたことで、多少苦しんだけど、真理をいくらか理解でき、分別を学び、神への信仰は深まった。今後どんな状況に遭遇しても、神を頼って乗り切る覚悟ができたわ。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

牧師の正体

フィリピン Nora 僕がクリスチャンになって最初の頃、教会のチェン牧師夫妻がとても評価してくれた。僕を賛美チームの指導者と日曜学校の講師にして、いつもよく面倒をみてくれた。困ったことがある時や元気のない時はいつも、僕のために祈ってくれた。二人は、教会の他の信者の世話もしていた。…

離婚騒動の終息

2015年、友人をきっかけに、私は全能神を信じるようになりました。終わりの日の全能神の働きを受けてからは、神の御言葉を貪るように読みました。それを通して、人類を救う神の働きが三段階に分かれていること、そのそれぞれの段階で神がどのように働きを行われるのか、その三段階のつながり、受肉…

突破口を見いだす

私たち一家は全員主イエスを信じており、私が教会の普通の信者である一方、父はその教会の同労者でした。2004年2月、私は終わりの日の全能神の働きを受け入れ、その直後、天国の福音を一番下の妹に宣べ伝えました。もともとは神の御言葉と真理をいくらか身につけてから、父に終わりの日の神の働き…

自分と神の国のあいだに牧師が立ちはだかった

2020年11月、ある兄弟からオンライン集会に誘われましたが、そのとき思いました。教会の説教はいつも同じで、霊の糧を得られない。外国人の牧師がオンラインで説教する、そっちのほうがいいかもしれない。それで参加しますと答えました。数日にわたる交わりで、主イエスが戻られたこと、真理を表…