終わりの日のキリストから発せられる言葉(選集)

目次

神の国の時代は言葉の時代

神の国の時代、神は言葉を用いて新たな時代を開き、働きの手段を変え、その時代全体の働きを行う。これが神が言葉の時代に働く原則である。神は異なる観点から語るために受肉し、言葉が肉において現れた神、その知恵と不思議とを人間が本当に見ることができるようにしてきた。そうした働きは、人間を征服し、人間を完全にし、人間を淘汰するという目的をよりよく成し遂げるために行われる。これが、言葉の時代に言葉を用いて働くということの真の意味である。言葉によって、人間は神の働き、神の性質、人間の本質、人間がいかにして入るべきなのかを知るようになり、言葉によって、言葉の時代に神が成し遂げようと望む働きがみな成し遂げられる。言葉によって人間は露わにされ、淘汰され、試される。人間は言葉を見、言葉を聞き、言葉の存在を知った。その結果、人間は神の存在を信じる。人間は神の全能と知恵、また、神の人間を愛する心と人間を救おうという願いとを知る。「言葉」という語は単純でありふれたのものだが、肉となった神の口から出る言葉は、天と地とを揺るがす。神の言葉は人間の心、その観念や古い性質、全世界の古い姿を変える。はるか昔から、現在の神だけがそうした働きを行っている。そして、現在の神だけがそのようにして人間に語り、救ってくれる。これより後、人間は言葉に導かれて生き、言葉により養われ、与えられる。人間は言葉の世界に生き、神の言葉の呪いと祝福の内に生き、さらに言葉の裁きと刑罰との下に生きる。これらの言葉と、この働きはみな、人間の救いのため、神の意志の実現、そして古い創造の世界における元々の姿を変えるためのものである。神は言葉により世界を創り、全宇宙の人間を言葉により導かれ、言葉により征服し、救う。ついには、言葉により、古い世界全体を終わらせるだろう。そのときはじめて、全体の経営(救いの)計画が完了する。神の国の時代を通じて神は言葉を用いて働き、仕事を成し遂げる。神は不思議を行ったり奇跡を演じたりはしない。神はただ言葉によって業を行う。言葉のおかげで人間は養われ、与えられる。言葉により、人間は知識と真の経験を得る。言葉の時代の人間は、まことに格別の祝福を受けている。人間は肉の痛みに苦しむことなく神の言葉を豊かに享受している。探し求めたり、旅する必要はない。ゆったりと神の現れるのを見、神が自分に語りかけるのを聞き、神の与えるものを受け、神がその働きを行うさまを見る。人間は過去の時代、そうしたことを享受できなかった。そのような祝福は、けっして受けることができなかったのだ。

神は人間を完全にすると決めているのだ。神がどの観点から語っても、すべてはこれらの人々を完全にするためなのだ。霊の観点から語られた言葉は、人間には理解しにくく、実践への道を見出すことができない。それは、人間には限られた理解力しかないからだ。神の働きは異なった成果を上げる。働きの各段階には、それぞれ神の目的がある。さらに、神は人間を完全にするために、異なる視点から語らなければならない。もし霊の点からだけ言葉を発していたら、この段階の神の働きは完了できない。神の語り口から、神がこの一群の人々を完成させようとすることは決まっていることがわかる。神に完全にしてもらいたいと願っている者として、最初にするべきことは何だろうか。まず、神の働きを知らなければならない。新たな手段が用いられ、時代が移り変わるにつれて、神の話し方が変わったのと同様、神の働き方もまた変わった。今、神の働き方が変わっただけではなく、時代も変わっている。以前は神の国の時代で、神を愛する働きの段階にあった。現在は、千年神の国の時代──言葉の時代──つまり、神が人間を完全にするためにさまざまな形で話をし、また、異なった観点から話すことで人間に与える時代なのだ。千年神の国の時代に移行するやいなや、神は、人間がいのちの現実に入ることができるようにし、人間を正しい道へと導きながら、人間を完全にするために言葉を用いるようになった。人間は神の働きの数多くの段階を経てきて、神の業が不変ではないことを見てきた。むしろ、絶えず変化し、深みを増しているのだ。長い年月を経て、働きは何度も何度も移行し変化を遂げてきた。しかし、どのような変化が起ころうと、神が人間に対して働きかけるその目的は少しも逸れていない。たとえ一万の違いを経ようと、本来の目的は決して変わらず、真理またはいのちから逸れることは決してない。業の行われる手段の変化は単に話す観点と働き方法の変化であって、神の働きの中心的な目的の変化ではない。語り口や働きの手段が変わるのは、成果を得るために行われたことだ。語り口が変わったからといって、働きの目的や原則が変わるものではない。神を信じる人間の本質は、いのちを求めることだ。神を信じているのに、真理やいのち、神の知識を求めないのなら、そこに神への信仰はない。それでもまだ神の国に入って王になろうとするのは、現実的なことだろうか。いのちを求めることによって神への真の愛を実現して、それは可能になる。真理を求め、実践することは、すべて現実である。神の言葉を読みながら神の言葉を経験する。そのようにして、まことの経験を通じて神に関する認識を得る。これが真の探究である。

千年神の国の時代、この新たな時代に入っているかどうかは、実際に神の言葉の中に入ったか、言葉が生活の中で実践されているかどうかにかかっている。神の言葉がすべての人に知られているのは、最後には、すべての人が言葉の世界に生きて、神の言葉がすべての人の内で啓き、照らすためである。この間に、神の言葉を読むのに拙速で不注意でいて、言葉に何の興味ももたないのなら、それは、その人の状態が何か間違っていることを示している。言葉の時代に入れないというのなら、聖霊はその人の内で働いていない。この時代に入っているのなら、聖霊はその働きをする。言葉の時代の始まりにあって、今この時に聖霊の働きを得るには何ができるだろう。この時代に、神はほんとうにあなたたちの間で、すべての人が言葉を生かし出すようにする。真理を実践することができるようにし、心から神を愛する。すべての人が言葉を基礎、事実として、神に対して敬虔な心を持つであること。そして、神の言葉を実践することによって、人間は神と共に統治できる。神が成し遂げるのは、この働きだ。あなたは、神の言葉を読まずにやっていけるだろうか。神の言葉を読まずには、今日ほんの一日や二日でもやっていけないと感じている人が大勢いる。人々は毎日言葉を読まずにはいられない。そして、もし時間が許さねば、言葉を聞くことで満足する。これが聖霊の与える感覚であり、聖霊はこのようにして人を動かし始める。つまり、神は言葉によって人をコントロールして、人間が神の言葉の真理へと入れるようにするのだ。もしあなたが神の言葉を飲み食いすることなく、ほんの一日を過ごしただけで闇と渇きとを感じ、それが耐え難く思われるのなら、それは、聖霊によって動かされており、聖霊があなたから離れていないことを示している。それならば、あなたは、この流れの中にいる。しかしながら、一日、二日、言葉を飲み食いしないで過ごして、全く認識せず、渇きを覚えないのなら、そして何も変化を感じないのなら、それは聖霊があなたから離れたことを意味している。すると、これは、あなたの心の内が正しい状態ではないということだ。あなたは言葉の時代に入っておらず、脱落したものである。神は言葉を用いて人をコントロールする。神の言葉を飲み食いすると、よい心持ちになる。もしそうしなければ、従う道がない。神の言葉は人間の食物になり、人を突き動かす力となる。聖書には、「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」とある。これが、今日神が成し遂げるであろう神の行う業である。神はこの事実をあなたたちの内に実現してくれる。昔の人間が何日も神の言葉を読まずにいて、食べ、働くことができたのは、どういうわけだろう。また、それがどうして今は違っているのだろう。この時代、神は主に言葉を使ってすべてをコントロールしていた。言葉を通して人間は裁かれ、完全にされる。それから、神の国に連れて行かれる。神の言葉だけが人間にいのちを与える。とりわけ神の国の時代には、神の言葉だけが光と実践の道を与える。あなたが日々に言葉を飲み食いして、神の言葉の真理から離れないでいる限り、神はあなたを完全にすることができるだろう。

人間はいのちを求めるとき、急いで成功しようとしてはいけない。いのちの成長は、ほんの一日や二日で成し遂げられるものではない。神の働きは普通で実際的なもので、これは必要な過程を経なければいけない。受肉したイエスが、磔刑の業を完了するまでに 33年半を経る必要があった。人に命も全く然(しかり)だ!また、神を現す普通の人間を作るのは、容易なことではない。赤い大きな竜の国の人々とっては特に、そうなのだ。彼らは能力が乏しく、長い期間、神の言葉と働きに触れる必要がある。だから、結果を見ることを急ぐのではない。あなたは神の言葉を飲み食いするのに積極的であり、言葉にもっと努力を注がなければならない。言葉を読んだ後、それを実践できなければいけない。そして、言葉から知識・洞察力・悟り・知恵を得る。それを通じて、あなたはそれと気づかないうちに変わっていく。もしあなたが神の言葉を飲み食いし、言葉を読み、知り、経験し、実践することを旨とするなら、それと知らないうちに成長する。神の言葉を読んだ後でも実践することができないという人がいる。なぜそう急ぐのか。ある程度の背丈に達すれば、言葉を実践できるようになる。ほんの四、五歳の子供が、両親を養ったり敬ったりできないと言うだろうか。あなたは自分の身の丈がどれほどのものかを知り、できることを実行すべきだ。また、神の計画を妨げる者となってはいけない。ただ神の言葉を飲み食いし、これからはそれを原則としなさい。神が自分を完全にすることかできるかどうか、まだ心配するのではない。まだそういうことを気にしないことだ。ただ、出会ったときに神の言葉を飲み食いしなさい。そうすれば、必ずや神はあなたを完全にすることができる。しかしながら、言葉を飲み食いする際には気をつける原則がある。やみくもに飲み食いしてはいけない。どちらかと言えば、自分が理解すべき言葉、つまり、ビジョンに結びついているものを探し出しなさい。求めなければいけないもう一つの点は現実的な実践、すなわち、あなたが成長していくべき領域である。一つは知識について、もう一つは成長に関係している。この二つを見い出したなら、すなわち、知るべきことと実践すべきことは何かと把握しようとする時、神の言葉を飲み食いする方法がわかるだろう。

今後は、神の言葉について語ることはあなたが話すことによる原則である。あなた方が集まるとき、神の言葉について交わり、それを話題に上げるべきである。そして神の言葉に関して知っていること、言葉をどう実践しているのか、聖霊がどう働くのかについて話しなさい。もしあなたが神の言葉について交流するなら、聖霊があなたに光を当ててくれる。神の言葉の世界になるとすれば、人もまた協力しなければならない。もしあなたがこういう実践を行わなければ、神はその働きができない。もしあなたが神の言葉について語らなければ、神はあなたに光を当てることができない。時間の許す時にはいつでも神の言葉について話しなさい。無駄話をしてはいけない。神の言葉で生活を満たしなさい。そうしているならば、あなたは敬虔な信者の一人である。交流が表面的なものであっても、それは構わない。表面が存在しなければ、深みはないのだから。通過しなくてはならないプロセスがある。あなたは実践を通して、聖霊がくれる光についての理解、神の言葉を効果的に飲み食いする仕方を会得する。しばらくそうした探求の期間を経た後に、神の言葉の現実に入るだろう。協力しようという決意があってはじめて、あなたは聖霊の働きを受ける。

神の言葉を飲み食いする原則には、二つの面がある。一つは知識に関わり、もう一つは実践に関わることである。どちらかの言葉がわかるようになれば良いのだろうか。ビジョンに関わる言葉が理解できるようになるべきだ。(言いかえれば、今、神はどの時代に入っているのか、神は今何を成し遂げたいと願っているのか、受肉とは何かなどといった事柄である。これらはみなビジョンと関わっている。)人間はどのようにして成長すればいいのか。これは、人間が実践し、務めを果たすための神の言葉に関係している。これらが神の言葉を飲み食いする際の二つの面である。これからは、このようにして神の言葉を飲み食いしなさい。ビジョンに関する言葉の明確な理解があれば、それ以上は読む必要がない。最も重要なことは、どのようにして心を神に向けるのか、神の前で、どう心を静めるのか、どのように肉を捨てるのかなど、成長することについて、より多くの言葉を飲み食いすることだ。それが実行すべきことだ。神の言葉を飲み食いする方法を知らなければ、真の交わりは不可能だ。神の言葉を飲み食いする方法を知ったなら、そして、何が鍵となるのかを把握したなら、自由に交流できるようになる。どんな問題が提起されても、それらについて交流し、現実を把握できる。現実抜きで神の言葉について交わることは、何が鍵なのかを把握できないことを意味し、あなたが言葉を飲み食いする方法を知らない、ということを示す。神の言葉を読んでいて、うんざりする人がいる。そうした状態は正常ではない。実際、まともな状態であれば、神の言葉を読んでいて、飽きるということがない。いつでも言葉に飢え、いつでも神の言葉がよいものであると考え、それが、真に成長した人が神の言葉を飲み食いする方法である。あなたが、神の言葉は実際的で、人間はまさにそのようにしなければならないと思う、神の言葉はたいへん役に立ち、人間のためになると思う。また、神の言葉は人間の生きるための糧だ、そう思うなら、その感じるものは聖霊によって与えられたもので、あなたは聖霊に心を動かされているのだ。これは、聖霊があなたの中で働いており、神があなたから顔を背けていないということの証だ。神がいつも語っておられるのを見ながら、言葉に飽きてきて、言葉を読むかどうかは何の重要性もないと考える人がいる。それは正常な状態ではない。そうした人の心は真理に入ることを渇望しておらず、そうした人は完全にされることを心から望まず、重要だと思ってもいない。自分が神の言葉に渇いていないことに気づくときはいつでも、自分の状態が正常でないことを表している。過去には、神が人間から顔を背けたかどうかは、心が穏やかで、喜びを感じてきたかどうかによって決定された。今、鍵となるのは、神の言葉を切に求めているか、言葉があなたの実際となっているか、あなたは神に誠実であるか、神のためにできることを実行できるかである。つまり、人間は神の言葉の真理について判断されるのである。神はすべての人に向かって言葉を発する。それを読みたいつもりがあるのなら、神はその人を啓く。しかしその気がなければ、啓くことはない。神は、義に飢え渇く者、自分を追い求める人々を啓く。神の言葉を読んでも、神は何も啓いてくれなかったという人々がいる。どのように言葉を読んだのだろう。簡単にさっと表面をなぞる程度に読んで、真理を重要なものと思わないのならば、どうして神があなたを啓かれるのか。言葉を大切に扱わない者を、どうして神は完全にできるのか。神の言葉を大切にしないなら、あなたは真理ももっていない。言葉を大切にするのなら、真理を実践できる。そうすれば、真理を把握できる。だから、どのような状態でも、忙しかろうと、そうでなかろうと、困難な状況にあろうと、そうでなかろうと、疲れていようといまいと、神の言葉を飲み食いしなければならない。結局のところ、言葉が人間存在の基なのだ。誰一人、神の言葉から離れることはできない。言葉を日々三度の食事のようにとらなければいけない。神に完全にしてもらい、神によって得られることは、そんなに単純なことなのだろうか。今あなたが理解しているか、あるいは、神の働きについて悟っているかどうかにかかわらず、神の言葉をもっと飲み食いしなければいけない。これが積極的な行いということだ。言葉を読んだ後で、できることを急いで実践しなさい。そして、できないことはとりあえず横においておきなさい。初めのうちは、神の言う言葉が理解できないこと多々あるだろう。しかし、二、三ヶ月後には、あるいは一年の後には、わかるようになる。これはどういうことだろう。これは、神には一日や二日で人間を完全にすることができないからだ。たいていの場合、神の言葉を読んでも、その時には理解できないであろう。その時点では、ただの文章でしかない。一定の経験を積んではじめて、理解できるようになる。神は多くのことを話したのだから、あなたたちは、神の言葉を飲み食いするのに最善を努めるべきだ。それと知らない間に、あなたたちは理解できるようになり、聖霊が啓いてくれる。聖霊が人を啓く時には、その人はしばし、それと気づいていない。人が渇いて追い求めるとき、神は啓き導いてくれる。聖霊が働く原則は、人が飲み食いする神の言葉を中心としている。神の言葉を疎かにする者はみな、神の言葉に対して、いつも別の姿勢を取る。不注意で、言葉を読むかどうかは大差はないと信じている。そういう人は真理を得ていない。聖霊の働きも啓きも、そういう人たちの内には見ることができない。そうした人たちは、何の努力もしない、荘子の寓話に登場する南郭氏のように、本物の資格もないのに、あるふりを装うっているのだ。

神の言葉を自らのものとしていないならば、悟っているとは言えない。試練の時が来たら、あなたは必ず失敗する。そのときになってはじめて、あなたの身の丈わかるのだ。しかし、そうした時、真理を得ようといつも努力している人たちは、神の働きの目的が理解できる。神に対して誠実で渇望する者は、実践の働きで、神の愛に返礼するはずだ。真理をもたない者は、些細な困難にでも直面したら立ち向かうこともできない。真の背丈を得ている者と、そうでない者との間には、大きな違いがある。なぜ両者とも、神の言葉を飲み食いしていながら、ある者は試練に立ち向かえ、ある者は逃げるのだろうか。明らかな違いは、逃げる者には真の背丈がない。そういう者は神の言葉を自らの現実として得ていない。そして、言葉がその人の内に根づいていない。困難に出逢うとすぐに、どうしようもできなくなる。では、なぜ別の人たちはそういう時に堅固でいられるのか。それは、その人たちには素晴らしいビジョンがある、あるいは、神の言葉が内なる経験となっていて、実際に見たものが存在の基礎になっているからだ。だから、試練に際して堅固に立てる。これが真の背丈であり、これがいのちでもある。神の言葉を読んでも、決して実践しない人、または真剣にとらえない人もいるだろう。そうした真摯さに欠ける人は、実践を重視しない。自らの現実として神の言葉を得ていない人は、真の背丈がない人である。そうした人は試練に立ち向かうことができない。

神が語るときに、ただちに糧にするため神の言葉を受け取るべきだ。どれほど理解していようと、今糧としようとしているものをしっかりと捉え、理解し、言葉を実践する。それが、するべきことだ。自分がどれほど成長するだろうかと心配することはない。ただ単純に言葉を自分のものとすることに集中しなさい。それが、人間が協力すべきことだ。霊的生活は主に、神の言葉を糧とし、それを実践するという現実に入ることである。その他のことに集中すべきではない。教会の指導者はすべての兄弟姉妹に神の言葉を飲み食いする方法を指導できなければいけない。それが教会指導者みなの責務である。若い人も年配の人も、みな神の言葉を飲み食いすることを重視し、言葉を心に留めていなければいけない。この真理を実践するなら、その人は神の国の時代に入っている。今日、大抵の人は神の言葉を糧としなければ生きていけないと感じ、いつであろうと、神の言葉が新たなものであると感じている。それならば、人間は正しい道を歩み始めている。神は言葉を用いて働き、人間に与える。全ての人が神の言葉に憧憬し、渇望するなら、神の言葉の世界に入るだろう。

神はたいへん多くのことを話した。あなたがこれらについてどれほどを知っているのだろうか。どれほど実践しているのだろうか。教会指導者が兄弟姉妹を神の言葉の真理に導かなかったのであれば、その人たちは務めを怠けており、責任を果たすことを失している。理解の深浅、どれほど受容できるかを問わず、あなたは言葉を飲み食いする方法を知っていなければいけない。言葉を重要なものとみなし、それを飲み食いすることの重要性・必要性を理解していなければいけない。神はまことに多くのことを語ってきた。言葉を飲み食いしなければ、また、言葉を求め、実践することがなければ、神を信じているとは言えない。神を信じているから、神の言葉を糧とし、神の言葉を体験し、神の言葉を生きなければいけない。それだけが神を信じるということなのだ。神を信じると言いながら、神の言葉について何も話せず、実践できないのなら、その人は、神を信じているとは言えない。それは「飢えを満たすためにパンを求め」ているのだ。使いようもない事柄、表面的な事柄でも、ほんの少しの真理さえも含んでない、些細(ささい)な証言についてただ語ることは神の信仰とはならない。そのようなことは、あなたが神を信じる正しい道を把握してきていなかったと言える。なぜ神の言葉をもっと飲み食いしなければいけないのか。神の言葉を糧とすることなく天に昇ることだけを求めるのは、信じていると言えるだろうか。神を信じる者の第一歩は何か。神はどのような道を経て人間を完全にするのか。神の言葉を飲み食いすることなく完全になれるものだろうか。神の言葉を実践しない者が、神の国の民とみなされるだろうか。神を信じるとは、正確にはどういうことなのか。神を信じる者は、少なくとも外に対しては、よい行いを身に着けねばいけないが、最も大事なことは、言葉を得ているということだ。何といっても、決して言葉を離れることはできない。神についての認識と、神の意志の実現は全て、言葉によって成し遂げられる。すべての国家、分派、宗派、領域は、将来、言葉によって征服されるだろう。神が直接話をし、すべての人は神の言葉をその手に留める。それを通して、人々は完全になる。神の言葉は全てに行き渡る。人々は言葉を内に抱き、神の言葉を語り、言葉のままに実践する。彼らの内面でも外面でも神の言葉が染渡り、こうやって人間は完成される。神の意志に満たされ、神の証人になれる者たちは現実として神の言葉を得ている者である。

言葉の時代に入ると、千年神の国の時代に入る。これが、今達成されつつある働きである。今からは、神の言葉についての交流を行いなさい。言葉を飲み食いし、実践することによってのみ、神の言葉を示せる。経験からくる言葉によってだけ、他の人々に納得させることができる。神の言葉をもたないのなら、誰にも納得させることができない。神に用いられる者は、神の言葉を語れる。できないのなら、それは、聖霊があなたの内に働いておられず、あなたはまだ完全ではないということだ。これが神の言葉の重要性である。あなたの心には、神の言葉への渇きがあるだろうか。神の言葉への渇きを覚える者は、真理に渇き、そうした人々だけが、神の祝福を受ける。将来、神はあらゆる宗派・教派にもっと多くの話があるだろう。神はまず、あなたがたの間で言葉を述べて、あなたがたを完全にする。その後で、異邦人たちに話され、彼らを征服する。言葉により、すべての人は心から完全に納得する。神の言葉と啓示とにより、人間の堕落した性質は少なくなっている。みな人間の姿なりを持ち、人間の反抗的な性質もまた減じている。言葉は権威をもって人間に働き、神の光の中で人間を征服する。神がこの時代になす働きは、神の働きの転回点同様、すべて神の言葉の中にある。神の言葉を読まないなら、あなたは何も理解しない。自ら神の言葉を飲み食いし、兄弟姉妹との交わり、実際の体験を通じて言葉についての認識は幅広いものとなる。そのようにしてはじめて、現実にそれを実現させることができよう。