第四十一章

わたしは以前人々の間で素晴らしい働きをしたのだが、彼らが気付かなかったため、言葉を使って示さなければならなかった。それでも尚且、人はわたしの言葉を理解せず、わたしの計画の目的に関して無知であり続けた。あまりに多くを欠き、短所が多いので、人間はわたしの経営(救い)の妨げとなり、汚れた霊がそのすきに現れた。人間は汚れた霊の餌食となり、汚れた霊に苦しめられた人間は、遂にはすっかり汚れてしまった。わたしが人間の意図と目的を知ったのはその時だ。わたしは霧の中でため息をつき、こう思った。「人はなぜ自分の利益のためにしか動かないのか。わたしの刑罰は、人間を全きものとするためのものではなかったのか。わたしは彼らを落胆させようとしているのか。人間の言葉はとても美しく優しいが、その行動は極めて醜い。わたしの要求が人間にとっていつも無意味なものになるのはなぜか。わたしの要求は、犬に木に登れと言っているようなものか。わたしは理由もなく面倒を起こしているのか。わたしの全経営(救いの)計画を実行するにあたり、様々な「試験的な土地」を作った。しかし、あまりに土地が痩せており、長年太陽の光が射さず、地形は変わり続け、遂には崩れてしまったので、わたしはこのような土地を数え切れないほど見捨てたことを覚えている。未だにかなりの土地がその地形を変え続けている。いつの日か地が全く異なるものに変化してしまったならば、わたしはそれを迷わず放棄するだろう。わたしの働きはその段階に入っているのではないのか。しかし人間はそれを全く感じることがない。わたしの指示の下、刑罰を受けているだけである。それが何の役に立つのか。わたしは人類を罰するために来た神なのか。わたしがかつて天において計画したことは、わたしが人々と共におり、人々をひとつとし、わたしの愛する全てのものたちと何ものにも引き離されることなく近くいることであった。しかし現状はといえば、今日の状況の中で、人間とわたしが繋がっていないばかりか、わたしの刑罰故に人間はわたしから離れている。彼らがいないからと言って、わたしが涙を流すことはない。問題解決のためにできることは何か。人間は群れに付き従ってしまう役者である。彼らを自由にすることもできるし、彼らを異国の地からわたしの工場へ戻らせることも勿論できる。そうしてもらった彼らがわたしに不平を言うだろうか。人間がわたしに何ができよう。人間は壁の上に生える草のようではないか。それでもわたしは人間をその欠点故に罰することをせず、栄養をつけさせる。彼らの行動を力ないものにしたのは誰か。彼らを栄養不足にしたのは誰か。わたしの暖かな抱擁で人間の冷たい心を動かす。そのような事を誰ができるだろう。この働きをわたしが人の間で広めたのはなぜか。人間にわたしの心が本当に理解できるのか。

わたしはわたしが選んだ人たちと「取り引き」をする。そのためわたしの家には絶えず人々が出入りする。彼らはわたしの家で、まるでわたしと商談でもするかのように様々な手続きをし、そのためにわたしは非常に忙しくなり、時には人間の小競り合いに対処する時間もなくなった。人間がわたしの重荷を増やさないよう、人々に強く要求する。彼らは、わたしに頼ってばかりいるのではなく、自分で自分の道筋を決めたほうがよい。わたしの家で、子どものように振る舞ってばかりいてはならない。そんなことに何の利益があるというのか。わたしの働きは大事業である。近所の店や小さな商店とは違う。人間はすべて、わたしの気持ちを理解できず、わたしに対して故意に悪ふざけをしているかのように、飽くことのない遊びへの欲を持った聞き分けのない子どもたちであるかのように、物事を真剣にとらえようとせず、多くがわたしが与えた「宿題」を完成させることができなくなっている。そんなことでどうして「先生」に顔向けできようか。人間達が自分の本分を尽くそうとしないのはどういうわけか。人の心とはどのようなものなのか。未だにはっきり分からない。人の心が常に変化するのはなぜか。まるで6月の気候のようで、あるときは強い日差しが容赦なく照りつけ、あるときは雲が立ちこめて真っ暗になり、またあるときは強風が音を立てる。なぜ人間は経験から学ぶことができないのか。このように言うのは大げさかもしれないが、人間は梅雨の時期に傘を持ってでかけるということを知らないほど無知なため、天からのにわか雨に幾度となくずぶ濡れになってきた。あたかもわたしが人間をからかっていて、人間は天からの雨に困っているかのように。それとも、わたしがあまりに「残酷」で、人間がみなぼんやりと注意散漫になってしまい、どうしてよいか全くわからなくなってしまったのだろうか。わたしの働きの目的や重要性を、本当に理解した者はひとりとしていない。それ故人間はみな、問題を起こすことばかりをし、自分自身を懲らしめる。わたしが意図的に人間を懲らしめていることなどあるだろうか。なぜ人間は、自ら問題を引き起こすのか。なぜいつも自ら罠にかかるのか。なぜわたしと交渉せずに自分で仕事を見つけてしまうのか。わたしの与えるものが少なすぎるということか。

わたしは人類にわたしの最初の作品を公表したが、わたしの作品を人々があまりに驚き、それを注意深く観察したので、その調査から多くを学んだ。わたしの作品はまるで複雑な内容の小説か、恋を詠った散文詩、政治番組のトーク、経済界の常識とされる込み入った内容のようである。わたしの作品があまりに豊かなので、人々の見方は様々である。わたしの作品の序文を要約できるものはいない。人間には「特別優れた」知識や能力があるが、わたしのこの作品だけでも、すべての英雄たちが驚きのあまりに困惑するだろう。「血を流し、涙を流しても、顔を伏せてはならない」と人は言うが、知らず知らずのうちにわたしの作品に降伏して顔を伏せる。自分の経験で学んだことから、人間はわたしが書いた作品をあたかも天から降って来た書物のようにまとめる。だがわたしは、あまり過敏になりすぎないようにと人間に勧める。わたしは、わたしにとって新しい事は何一つ言っていない。けれども人間たちが、わたしの作品の中の生活百科事典から生き方を見つけ、「人間の終着点」から人生の意味を見つけ、「天の奥義」からわたしの旨を見つけ、「人の進むべき道」から生きることの素晴らしさを見つけることを願っている。そうなればずっと良くはないか。わたしは人間に何も強要しない。つまり、わたしの作品に興味を持たない者には、わたしの本の代金を「払い戻し」、「手数料」も払い戻そう。人間に嫌々何かをさせるようなことはしない。この本の著者として、わたしは読者がわたしの作品を読んで気に入ってもらえることをひたすら望むが、人々はいつもあれこれと色々なものを楽しいと感じる。だからわたしは、人間が面子を気にして将来妥協しないよう勧める。もし面子を気にして将来を妥協しているとしたら、心優しいわたしにとって、耐え難い屈辱ではないか。わたしの作品を気に入ってくれたならば、あなたの貴重な意見をわたしに伝え、わたしの文章がより良いものとなり、人間の欠点を通してわたしの作品が一層充実するようにしてほしい。そうすれば著者と読者の両方のためになるのだが。わたしがそのように言うことが正しいかどうかは分からない。だがそうすることで、おそらくわたしの文章力が向上し、あるいはおそらくわたしたちの友情が強化されるだろう。概してすべての人がわたしの働きを妨害することなく協力し、わたしの言葉が各家庭に広がってゆき、地球の全ての人間がわたしの言葉の中に生きるようになることがわたしののぞみである。それがわたしの目標である。わたしの言葉の中のいのちの章を通して、すべての人間が何かを得ることを望む。たとえば人生の行動原理、人類が犯す過ちに関する知識、わたしが人間に要求すること、あるいは神の国に今日住む人たちが持つ「秘密」といった何かを。だが同時に、人間が今日犯している不祥事にも目を留めるよう勧める。そうすることがあなたの役に立つからだ。「最新の秘密」を読むのもいいだろう。人のいのちに関して役に立つものだ。注目の話題もあるのだから、益々人間のいのちには役立つのではないだろうか。わたしの助言を役立て、効果を確かめ、わたしの言葉を読んでどう感じたかをわたしに説明して、わたしが必要な薬を処方できるようにしても害はないだろうし、そうすることで最終的に人間の病を根絶することができるのだ。わたしの提案が受け容れられるかどうか分からないが、参考にしてくれることを願う。あなたの考えはどのようなものだろうか。

1992年5月12日

前へ: 第四十章

次へ: 第四十二章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第十三章

わたしの言葉と発言の中には、わたしの意図がいくつも隠れている。しかし、人はそのことを何も知らず理解せず、わたしの言葉をひたすら外側から受け入れ、ひたすら外側から従い、わたしの言葉の内側からわたしの心を理解したり、わたしの思いを悟ったりすることができない。たとえわたしが言葉を明瞭に…

征服の働きの内幕(3)

征服の働きで達成される成果は、まず何よりも人間の肉がもはや反抗しないことである。つまり、人間の知性が神についての新たな認識を得、人間の心が完全に神に従うようになり、人間が神のために存在すること望むようになることである。人の性格や肉体が変わっても、その人が征服されたとは言えない。人…

第二十四章

わたしの刑罰はすべての人間に下るが、それはまた、すべての人間から遠いままである。すべての人の生活全体は、わたしへの愛と憎しみで満たされているが、誰一人、わたしを知らなかった。そこで、人間のわたしへの態度は熱くも、あるいは冷たくも吹き、普通の状態であることがない。しかし、わたしはい…

第十四章

世々を経て、人間は一人も神の国に入っていない。だから、誰一人神の国の時代の恵みを享受していない。だれひとり神の国の王を見ていない。わたしの霊の光の中で多くの人が神の国の美しさを預言したが、彼らが知っているのは外観だけで、内側のすばらしさは知らないのだ。今日、地上に神の国が現実に存…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索