第九章

あなたは我が家の民の一人なのだから、また、わたしの国に忠実なのだから、自分が行なうすべてのことにおいて、わたしの求める基準に従わなければならない。わたしは、あなたが漂う雲以上のものであることは求めないが、あなたが輝く雪となってその実質をもつこと、またそれ以上に、その価値をもつことを求める。わたしは聖い地から来るのだから、名前だけで実質を伴わない蓮とは違う。蓮は聖い地ではなく、沼地から来るからである。また、新たな天が地に降臨し、新たな地が空に広がる時はまさに、わたしが正式に人間たちの中で働く時でもある。人間の中の誰が、わたしを知っているのか。誰がわたしの到着の瞬間をその目で見たのか。誰が、わたしには名があるだけでなく、それ以上に実質を備えていることを知っているのか。わたしは自らの手で白い雲を一掃し、空をじっくり調べる。天空には、わたしの手で秩序立てられていないものは何一つなく、また天空の下では、わたしの大いなる事業にわずかでも貢献しない者は一人もいない。わたしは地上の人々に面倒な要求はしない。わたしは常に実践の神であり、人間を創り、人間のことを熟知している全能者なのだから。すべての人は全能者の目の前にいる。地の遠い果てにいる者でさえ、どうしてわたしの霊の目から逃れられようか。人間はわたしの霊を「知って」いるが、それでもわたしの霊に背いている。わたしの言葉はすべての人の醜い顔、そして彼らの内奥の考えをさらけ出し、地上のすべてがわたしの光で明らかになり、わたしの吟味を受けて倒れるようにする。しかし、たとえ倒れても、彼らの心はわたしから遠く離れようとしない。わたしの業の結果として、わたしを愛するようにならない者が被造物の中にいるだろうか。わたしの言葉の結果として、わたしを切望しない者がいるだろうか。わたしの愛の結果として、自分の中で愛着が生じない者はいるだろうか。人間がわたしの求める状態に達せていないのは、ひとえにサタンの堕落のせいである。わたしが求める最も低い基準さえ、人々の中に不安を生じさせる。サタンが暴れ回り、狂ったように横暴であるこの時代、つまり、人間がサタンによって踏みにじられ、身体がすっかり汚物にまみれているときのことは言うまでもない。人間が自身の堕落のため、わたしの心を案じることができなかったとき、わたしが嘆かなかったことがあるだろうか。わたしがサタンを憐れんでいるということだろうか。わたしが自分の愛において誤っているということだろうか。人々がわたしに従わないとき、わたしの心はひそかにすすり泣く。人々がわたしに抵抗するとき、わたしは彼らを罰する。人々がわたしに救われ、死からよみがえるとき、わたしはこの上ない注意を払って彼らに糧を与える。人々がわたしに従うとき、わたしの心は安らぎ、すぐさま天地と万物に大きな変化を感じ取る。人間がわたしを賛美するとき、どうしてわたしがそれを喜ばずにいられようか。人間がわたしの証しをし、わたしのものとされるとき、どうしてわたしが栄光を感じないことがあるだろうか。それは、人間のどのような行為や振る舞いも、わたしに支配され、糧を施されているのではないということだろうか。わたしが指示を与えないとき、人々は怠惰で無活動であり、そのうえ、わたしの背後で「賞賛に値する」汚い取り引きをする。わたしが身にまとう肉は、あなたの行ない、振る舞い、そして言葉を何一つ知らないとでも思っているのか。わたしは長年にわたり雨風に耐えてきた。また、人間世界の辛さも経験した。しかし、よく考えてみると、どれほどの苦しみも、肉の体を持つ人間にわたしへの希望を失わせることはできない。ましてやどんな甘さも、肉の体を持つ人間が、わたしに対して冷淡になったり、落胆したり、わたしを捨て去ったりするようにさせることはできない。わたしに対する人間の愛は、苦痛や甘さのない間だけに限られているというのか。

今日、わたしは肉に宿り、なすべき働きを正式に実行し始めた。人間はわたしの霊の声を恐れるが、わたしの霊の実質には逆らう。わたしの言葉の中で肉のわたしを知ることが、人間にとっていかに困難であるかは、詳しく述べるまでもない。先ほど述べたように、わたしは自分の要求を厳しく課しているのではなく、あなたがたがわたしを完全に知る必要はない。(人間には欠けているものがあるからであり、これは先天的な条件であって、後天的な条件でその埋め合わせをすることはできない)。あなたがたはただ、わたしが肉の姿で行ない、述べることをすべて知るだけでよい。わたしの要求は厳しくないのだから、あなたがたがみなこれらの言動を知り、達成できるようになることを望む。あなたがたはこの穢れた世界で、自身の不純なものを取り除かなければならない。この後進的な「王族」の中で進歩を遂げるよう励み、決して歩みを緩めてはならない。ほんの少しでも、自分を甘やかしてはならない。わたしがわずか一日に語ることを理解するだけでも、あなたはたいへんな時間と努力を捧げる必要があるだろうし、わたしが語るたった一つの文章を経験し、そこから認識を得るだけでも、生涯を要することだろう。わたしが語る言葉は、漠然とした抽象的なものではなく、中身のない話でもない。多くの人がわたしの言葉を得ようと望んでいるが、わたしはそうした人たちを無視する。多くの人がわたしの豊かさを渇望しているが、わたしは彼らにほんの少しも与えない。多くの人がわたしの顔を見たいと望んでいるが、わたしはそれを隠し続けてきた。多くの人がわたしの声を熱心に聴くが、わたしは目を閉じて頭をそらし、彼らの「切望」に動かされない。多くの人がわたしの声の響きを恐れるが、わたしの言葉は常に攻勢をとっている。多くの人がわたしの顔を見ることを恐れるが、わたしはわざと姿を見せて彼らを打ち倒す。人間はわたしの顔を本当に見たことがないし、わたしの声を本当に聞いたこともない。人間はわたしを本当に知ってはいないからである。人間はわたしに打ち倒され、わたしのもとから去り、わたしの手によって罰されるだろうが、それでも自分のすることがみな、本当にわたしの心にかなっているかどうかわかっておらず、わたしがいったい誰に対して自分の心を明かしているかも知らずにいる。創世以来、真にわたしを知った者、真にわたしを見た者は誰一人いない。また今日、わたしは肉となったが、あなたがたはいまだにわたしを知らない。これが事実ではないのか。あなたは、わたしの肉における行ないや性質をほんのわずかでも目にしたことがあるのか。

わたしは天に横たわり、天の下に安息を見出す。わたしには住むところがあり、自分の力を示す時もある。仮にわたしが地上にいなければ、肉の内に自分を隠さなければ、また、わたしが謙虚に隠れていなければ、天地はずっと以前に変わっていたのではないか。わが民は、すでにわたしに用いられていたのではないか。しかし、わたしの行ないには知恵があり、わたしは人間の狡猾さを熟知しているが、彼らの例に倣うことはせず、代わりに何かを与える。霊的領域について、わたしの知恵は尽きることがなく、肉におけるわたしの知恵は永遠である。これこそまさに、わたしの業が明らかにされる瞬間なのではないか。神の国の時代、わたしは今日に至るまで、何度も人間を赦し、容赦してきた。これ以上わたしの時を遅らせられようか。ひ弱な人間に対して、わたしはいくぶん慈悲深くなったが、ひとたびわたしの働きが完了したとき、それでも古い働きをすることで、自分に面倒をもたらすだろうか。サタンがわたしを非難するのを、あえて許すだろうか。人間がわたしの言葉の現実と、その本来の意味を受け入れさえすれば、わたしはそれ以外のことを必要としない。わたしの言葉は単純だが、その実質は複雑である。あなたがたがあまりに小さく、あまりに鈍くなってしまったからだ。わたしが肉において自身の奥義を直接明かし、わたしの旨を明らかにしても、あなたがたはまったく注意を払わない。あなたがたはその音を聞いても、意味は理解しない。わたしは悲しみにうちひしがれる。わたしは肉にあるが、肉の職分の働きはできないのだ。

肉におけるわたしの業について、誰がわたしの言動から知るようになったのか。わたしが書物で奥義を明かしたり、それを声に出して語ったりするとき、人々はみな唖然とし、黙って眼を閉じる。わたしの語ることがなぜ人間には理解できないのか。わたしの言葉はなぜ人間にとってかくも計り知れないのか。人間はなぜわたしの業に盲目でいるのか。わたしを見て忘れない者が誰かいるだろうか。人間のうち、誰がわたしの声を聞いて、むなしく過ぎ去るのを許さずにいられるのか。誰がわたしの旨を感じ取り、わたしの心を喜ばせられるのか。わたしは人々のあいだで暮らし、彼らのあいだを動き回り、人々の生活を経験するようになった。また人類のためにすべてを創ったのち、どれも良いと感じたが、人間のあいだでの生活から喜びを得ることはまったくなく、人々の幸福をうれしいとも思わない。わたしは人々を嫌って捨てることはしないが、彼らに感情を動かされることもない。人間はわたしを知らず、闇の中でわたしの顔を見るのが難しく、騒音の中でわたしの声を聞くのに困難を感じ、わたしが言うことを聞き分けられないからである。だから表面的に見れば、あなたがたが行なうことはどれもわたしに従っているのだが、心の中では依然わたしに従わない。人類全体の古い本性は、このようだと言えよう。誰が例外なのか。誰がわたしの刑罰の対象ではないのか。とは言え、誰がわたしの寛容のもとで生きていないのか。仮に人類が残らずわたしの怒りで滅ぼされたとしたら、わたしが天地を作った意義は何だろうか。わたしはかつて多くの人に警告し、多くの人に勧告し、多くの人を公然と裁いた。人類を直接滅ぼすよりも、こちらのほうがずっとよくはないか。わたしの目的は人々を死に至らしめることではなく、わたしの裁きの中で、わたしのすべての業を知らしめることである。あなたがたが底なしの淵から這い上がるとき、つまり、あなたがたがわたしの裁きから自分を解き放つとき、あなたがたの個人的な思慮や計画はみな消え去り、誰もがわたしを満足させようと努力するだろう。そうなってこそ、わたしの目標が達成されたのではないか。

1992年3月1日

前へ: 第八章

次へ: 第十章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

救いを得る人は真理を進んで実践する人である

正しい教会生活を送ることの必要性については、説教の中でよく触れられている。それなのになぜ、教会生活はいまだに改善されておらず、相変わらず昔のままなのだろうか。なぜまったく新しい別の生活様式が存在していないのだろうか。90年代の人間が、過ぎし時代の帝王のように生きていることは正常と…

神が人間を用いるということ

聖霊から特別な指示と導きを与えられている人を除けば、自立して生きられる人間は一人もいない。なぜなら人間には、神に用いられている人々の働きと牧養が必要だからである。そのため神は各時代に様々な人を起こし、神の働きのために教会を牧養するという仕事に没頭させる。つまり神の働きは、神が好ま…

あなたがたは自分の行いを考慮すべきである

あなたがたの生活における行いや行動はどれも、わたしの言葉の一節が毎日あなたがたに施され、あなたがたを補給しなければならないことを示している。と言うのも、あなたがたに欠けているものがあまりに多く、あなたがたの認識と受け取る能力があまりに乏しいからである。あなたがたは日常生活の中で、…

なぜ進んで引き立て役になろうとしないのか

征服された者は引き立て役であり、完全にされて初めて、人は終わりの日の働きの模範や見本となる。完全にされる前、彼らは引き立て役であり、道具であり、奉仕のための存在である。神によって徹底的に征服された者は神の経営(救いの)の働きの結晶であるとともに、その模範にして見本である。わたしが…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索