言葉は肉において現れる

目次

道 (1)

生涯において、どのような挫折を経験するか、どのような精錬を受けるかを知る者は居ない。挫折や精錬を職業上で経験する者も居れば、それらを将来の見通しで経験する者、自分の実家で経験する者、結婚で経験する者も居る。しかし、そうした者と、この場に居る者との相違点は、神の御言葉のために苦難を受ける、ということである。つまり、神に仕える者は、神を信じる道において挫折を経験するが、それはあらゆる信者が通る道であり、私達全員の足許にある道である。私達の神への信仰の道が正式に始まり、人間としての人生の幕が開け、人生の正しい道を歩み始めるのは、そこからである。つまり、私達が人間の傍らにあられる神の正しい道、正常な人間が歩む道を歩み始めるのは、その時である。ある者が神の御前に立って神に仕え、神殿で司祭の衣を身に纏い、神の威厳と権威のある者として、私はあらゆる者に対し、次のように宣言する。明瞭に理解すべきこととして、神の栄光ある表情は、私の栄光であり、神の統御計画が私の中核である。私は来たるべき世界において百倍を得ることを求めているのではなく、肉にある私の微力ながらの努力によって、僅かながらでも主が栄光を得られることが出来るように、この世において神の御旨を行うことを求めるのみである。それが私の唯一の求めるところである。そのことが私の唯一の霊的な糧である、というのが私の意見であり、それが肉にあって生き、情緒豊かな者の最終的な言葉であるべきだと、私は考える。それが、現在私の足許にある道である。こうした私の展望は肉にある私の最後の言葉であり、人々が私についてその他の観念や考えを持たないことを望む。私はその事に全てを捧げたものの、未だに天の神の御旨を満たすことが出来ない。私は、何故それが肉の真髄であるのか、と計り知れぬ悲しみを覚える。ゆえに、従前私が行った業と、神が私に対して行われた征服の御業のおかげで、私は今になってやっと、人間の真髄を深く理解することが出来た。その時になって初めて、私は、神の御旨を行うことのみを求め、自らの全てを捧げ、何も自分の良心で斟酌しない、という、自分自身に対する最も基本的な基準を定めた。神に仕える他の者が、自分に対してどのような条件を定めているかについて、私は全く考えない。すなわち、私は、神の御旨を行うことを決意した。これは、神の創造物であり、神に仕える者として、神に救われ、愛され、神に打たれた者としての、私の告白である。これは、神により見守られ、愛され、大いに用いられてきた者の告白である。今後、私が神から託された重要な務めを果たすまで、私はこの道を歩み続けるであろう。しかし、私の意見では、「道の終点」は差し迫っている。なぜなら、既に神の御業は完了しており、現時点において、人間は自分に出来ること全てを行ったからである。

中国本土が復興の流れに乗って以来、聖霊の御業を中心として、中国本土現地の教会が次第に発展してきた。そうした現地の教会において、神は絶えず御業を行われてきた。なぜなら、落ちぶれた皇族において、そうした教会は神の中核となったからである。そうした家族において神が現地の教会を確立されたので、神は喜びに満ちあふれておられたに違い無い。それは筆舌に尽くしがたい喜びである。中国本土に現地教会を設立され、世界各地にある他の教会の兄弟姉妹に福音を広められた後、神は大いに期待されていた。それは、神が中国本土で行うことを望まれていた御業の第一歩だったからである。あらゆる物や人間にとって難攻不落の悪魔の都市のような場所で、神が御業の第一歩を開始されることが出来たというのは、最初の御業であると言えるであろう。それは神の大いなる御力ではなかろうか。この御業の回復のため、悪魔の肉切り包丁により無数の兄弟姉妹が殺され、殉教したことは明らかである。今、このことについて述べるのは悼ましいが、それでも大部分において、苦難の日々が終わった。今、私が神のために業を行い、現況まで辿り着くことが出来たのは、ひとえに神の御力のおかげである。神が殉教者として選ばれた者達を、私は大いに尊敬している。殉教者は、神の御旨を行い、自らを神に捧げることが出来た。忌憚なく話をすると、神の恵みと憐れみが無ければ、私は遙か昔に崩れ去っていたであろう。神に感謝している。私は、神が安心されることが出来るよう、神に全ての栄光を捧げることを望む。私に「あなたは自分が死ぬべきでないという立場に居るのであれば、神が死について述べられる時、あなたが幸福なのは何故か。」と尋ねる者も居る。私は直接的に回答せず、単に微笑んで「それが私の追求すべき道であり、絶対に従う必要のある道である。」と答える。そうした者は、私の答えを理解できずに驚いた表情をする。そうした者は、少しだけ私に戸惑わされる。しかし、これが私の選んだ道であり、私が神の御前で決心した道であるので、いかに困難が大きくても、その道を進むために、ひたすら努力を続けるのみである。私は、それは神に仕える者が掲げるべき約束である、と考える。そうした者は自分の言葉を少しも思い出せない。また、それは遙か昔の律法の時代に定められた規則であり、神を信仰する者が理解すべきことでもある。私の経験については、神に関する私の知識はそれほど優れておらず、私の実経験は皆無に等しく、語るに値しないので、高尚な意見は何も述べられない。しかし、神の御言葉は、掲げる必要があり、反抗してはならないものである。実は、私の実経験は優れていないが、神が私の証しに立たれており、常に人々が私を盲目に信じているので、私にはどうすることが出来ようか。私は自分を不幸だと考えるしかない。それでもなお、神を愛することに関し人々が観点を正すことを望んでいる。私は、個人的には取るに足りない者である。なぜなら私も神への信仰の道を求めており、私が歩んでいる道は神への信仰の道以外の何者でもないからである。優れている者は、崇拝対象となってはならない。そうした者は従うべき模範的存在となることしか出来ない。私は他人の行動を気にしないが、私も神に栄光を捧げており、魂の栄光を肉に捧げないことを、人々に対して述べておく。このことに関する私の感情を誰もが理解できることを望んでいる。それは私の責任を減じているのではなく、話の全体像である。これは完全に明瞭に理解する必要のある事柄であり、今後再述する必要は無いであろう。

本日、私は神から啓示を授かった。地上における神の御業は救いの御業であり、それ以外の事には無関係である。そう考えない者も居るが、私は常に、聖霊が救いの御業の段階を行われ、それ以外の御業は行われていないと感じる。このことを明瞭に理解する必要がある。現在になって初めて、聖霊が中国本土で行われている御業が明らかになった。何故神は、悪魔が随所にはびこるこの場所で、全ての道を開かれるのであろうか。そのことから、神が行われている御業は、おもに救いの御業であることが分かる。より正確には、それはおもに征服の御業である。開始時から、イエスが起用された。(それを経験していない者も居るかも知れないが、これは聖霊の御業の段階のひとつであると述べておく。)これは、恵みの時代のイエスから離れるためであり、事前に一部の人々が選択された後、その集団の中から選抜が行われて人数が絞られた。その後、中国本土でリー証人が起用された。これは、中国本土における復興の御業の第2部であった。これは、聖霊が人間を選び出し始めた御業の第一段階であり、その段階では、まず人々が選抜され、その者たちに対応する牧者を待った上で、「リー証人」という名が用いられ、その奉仕が行われた。「力ある者」という御名の証しをした後、神ご自身が御業を行われたが、それ以前は準備段階であった。ゆえに、その正誤は問題ではなく、神の計画において主要な問題では無い。「力ある者」の御名の証しをされた後、神は正式に自ら御業を行われ、その後、肉にある神の御業が正式に開始された。「力ある主」の御名により、神は反抗的かつ反逆的な者全てを支配下に置かれ、そうした者は、ちょうど人間が23歳、24歳になった時に真の成人の外観となるのと同様、人間の像を形成し始めた。つまり、人間は、この時に正常な人間の生活を始め、奉仕者の段階により、神の御業は自然と神性の御業を行う段階へと移行した。この段階の御業のみが、神の多数の御業の中核であり、御業の主要な段階であったと言うことが出来る。人々は自らを知り、自らを嫌悪する。人々は自分を呪うことの出来る段階まで達し、自らのいのちを喜んで捨て、神の愛しさを、かすかに感じている。人々は、そのことを基礎として、いのちの真の意味を認識することができる。それは、神の御旨を実現することである。中国本土における神の御業は、完了が迫っている。神は、この汚れた場所における用意を数年にわたって行われたが、人々は、現在到達している段階に達したことは、嘗て無かった。つまり、神は、現在まで神ご自身の御業を正式に始められなかった。これについては詳述不要である。そのことは、人間により説明される必要が無い。この御業の段階は、神の神性により直接行われていることは間違い無いが、人間により実施されている。それは、誰も否定出来ない。現在この放縦な地の人々の間で神の御業が到達している範囲を達成出来たのは、間違い無く神の大いなる御力のおかげである。この御業の成果は、あらゆる場所で人々を納得させることが出来るものである。これに関して、敢えて軽率に非難して否定する者は、居ないであろう。