道……(8)

神が地上に来て人間と交流し、人々と共に生活するようになってから過ぎた時間はわずか一日や二日ではない。おそらくその間、人々は神のことをかなり知り、神に仕えることについて少なからぬ識見を得て、神への信仰において熟達したかもしれない。いずれにせよ、人々は神の性質を多少なりとも理解し、自分の性質を無数の形で表わしている。わたしの見るところ、人が表わす様々なものは、神が標本として用いるのに十分であり、彼らの精神的活動は神が参考とするのに十分である。これは人と神との協力の一側面かもしれず、人間はそれに気づかぬまま、神の指揮によってごく鮮明に、かつ生き生きとこの演技を行なっている。わたしはこの劇の総合監督として、兄弟姉妹にこれらのことを言っている。つまり、私たち各人はこの劇を演じ終えた後、自分自身の考えや感情に語りかけ、この劇の中で人生をどのように経験するかについて話し合うことができる。まったく新種の討論会を開催し、心を開いて自分たちの演技について話し合い、次回の上演時により高水準の演技を見せ、各人が自分の役をできる限り演じて神を失望させないよう、神が一人ひとりをどのように導くかを確かめるのもよいかもしれない。兄弟姉妹がこのことを真剣に捉えるよう、わたしは願っている。誰もこれを軽々しく扱ってはならない。なぜなら、役をきちんと演じるのは一日や二日で実現できることではないからである。そのためには、私たちが人生を経験し、長期にわたって実生活の深部に達し、様々な生活を実際に経験する必要がある。そうして初めて私たちは舞台に上がることができる。わたしは兄弟姉妹に対する希望に満ちており、あなたがたが落胆したり挫けたりせず、神が何をしようとも、火のるつぼのようでいると信じている。つまり、決して熱意に欠けることなく、神の働きが完全に現わされ、神が監督する劇が完全に終わるまで、最後まで貫徹できると信じているのだ。わたしがあなたがたに求めることはそれ以外になく、あなたがたが持ちこたえること、結果を気にしてそわそわしないこと、わたしのなすべき働きが成功するようわたしと協力すること、中断させたり妨害したりする者が一人もいないことだけを望む。働きのこの部分が完了したとき、神はあなたがたにすべてを明かすだろう。わたしの働きが完了した後、わたしはあなたがたの功績を神の前に示して報告する。そのほうが良くはないか。互いに助け合って私たち自身の目標を達成する。これがすべての人にとって完璧な解決策ではなかろうか。今は困難な時代であり、代価を払うことがあなたがたに求められる。わたしが現在監督であるために、あなたがたの中に苛立つ者がいないことを願う。これが、わたしが行なっている働きである。おそらくある日、わたしはもっと適切な「作業部門」に切り替え、あなたがたにそれ以上苦労させないようにするだろう。あなたがたの見たいものが何であれ、わたしはそれを見せるし、あなたがたの聞きたいことが何であれ、わたしはそれを授ける。しかし、今ではない。現在の働きはこの働きであり、わたしはあなたがたの自由にさせることも、あなたがたに好き放題させることもできない。そうすれば、わたしの働きが難しくなるだろう。率直に言うと、そうしたところで何の効果もなく、あなたがたにとっても利益はない。したがって、あなたがたは今、「不公平」に苦しむ必要がある。わたしの働きのこの段階が完了する日が来たとき、わたしは自由になり、そこまでの重荷を背負わず、あなたがたがわたしに何を求めようと、それに応じるだろう。あなたがたのいのちに有益である限り、わたしはあなたがたの要求を満たす。現在、わたしは重責を担っている。父なる神の命令に背けず、わたしの働きの計画を中断することもできない。業務を通じて私事を管理することも不可能である。あなたがた全員がわたしを理解し、赦してくれることを願う。なぜなら、わたしの行動はすべて父なる神の願いに沿うものだからである。神が何を望もうと、わたしは神に求められたことを何でも行ない、神の怒りを招くつもりはない。わたしはすべきことだけをする。したがって、父なる神に代わり、もう少しだけ堪え忍ぶよう、あなたがたに忠告する。誰も懸念する必要はない。わたしがすべきことを完了させた後、あなたがたは何を望もうともそれを行ない、見たいものを何でも見ることができる。しかしわたしは、行なうべき働きを完了させなければならない。

この段階の働きにおいては、極限の信仰と愛が私たちに求められている。些細な不注意から躓くこともあるだろう。と言うのも、この段階の働きは過去のいかなる働きとも異なるからである。神が完全にしているのは人類の信仰であり、それは見ることも触れることもできない。神が行なっているのは、言葉を信仰、愛、そしていのちに変換することである。人々は数百回の精錬に耐えてヨブよりも大きな信仰を得る段階に達しなければならない。一瞬たりとも神から離れず、信じ難い苦難とあらゆる拷問に耐えなければならないのだ。それらの人たちが死ぬまで従順であり、神への大きな信仰を持ったとき、この段階の神の働きは完了する。わたしが担っているのはこの働きなので、兄弟姉妹がわたしの苦境を理解し、わたしに他のことを一切求めないよう願う。これはわたしに対する父なる神の要求であり、わたしはその現実から逃れられない。わたしはなすべき働きをなさねばならない。わたしはただ、あなたがたがこじつけや不正な論理に頼らないこと、さらに識見を得て問題を単純に考えすぎないことを願う。あなたがたの考えは幼稚で純朴過ぎる。神の働きは、あなたがたが想像するほど単純ではなく、神はしたいことをするだけではない。そうであれば、神の計画は台無しになるだろう。あなたがたはそう言わないのか。わたしは神の働きを行なっている。単に人々のために雑用をしているのでも、したいと思うことをしているのでもないし、何かを行なうかどうかを個人的に決めたりしているのでもない。現在、物事はそれほど単純ではない。わたしは監督として行動するために父によって遣わされた。あなたがたは、わたしがそれを自分で決めて選択したと思っているのか。人の考えはしばしば神の働きを阻みがちである。そのため、わたしが一定期間働いた後、人々からの要求が多数あるものの、わたしはそれらを叶えることができず、人々はわたしに関する考えを変えてしまう。あなたがたはみな、そうした自分の考えについて明瞭に理解すべきであり、わたしはそれらを個別に指摘するつもりはない。わたしにできるのは、わたしが行なう働きを説明することだけである。わたしの感情がそのために傷つくことはまったくない。ひとたびそれを理解したら、このことについてどのように考えてもよい。わたしは反論しない。なぜなら、それが神の働き方だからである。わたしにそのすべてを説明する義務はないのだ。わたしは言葉の働きを行ない、また言葉の指示を通じて働き、この劇が演じられるようにすべく来ただけである。それ以外のことについて語る必要はなく、それ以外のことは何もできない。わたしは言うべきことをすべて説明した。あなたがたがどう考えようと構わないし、わたしに関係のないことである。ただ、それでもなお、神の働きはあなたがたが想像するほど単純なものではないことを、あなたがたに思い出させたいと思う。人々の観念に一致しなければしないほど、その重要性は深まり、人々の観念に一致するものであればあるほど、その価値は失われ、実際の重要性がなくなる。この言葉を慎重に検討してほしい。それについて、わたしはこれだけしか述べないので、あとはあなたがたが自分で分析すればよい。わたしは一切説明しない。

人々は、神が特定の方法で物事を行なうと想像するが、私たちがここ一年ぐらいで神の働きに関して見たり経験したりしたことは、人間の観念と本当に一致していただろうか。創世から現在に至るまで、神の働きの段階や規則を把握できた者は一人もいない。仮に把握できたとすれば、これが神の現在の働き方であることを宗教指導者が理解していないのはなぜなのか。今日の現実を理解している人がほとんどいないのはなぜなのか。このことから、神の働きを理解している者は一人もいないとわかる。人々は神の霊の導きによってのみ行動すべきであり、神の働きに規則を厳格に当てはめてはならない。イエスの姿と働きを取り上げ、神による現在の働きと比較するなら、それはユダヤ人がイエスとヤーウェを一致させようと試みたのと同じことである。そうすることは損ではないか。終わりの日における神の働きがどのようなものになるかは、イエスでさえも知らなかった。イエスが知っていたのは、自分が成し遂げるべきは磔刑を受ける働きであるということだけだった。ならば、どうして他の者が知り得ただろうか。神が今後どのような働きを行なうのか、どうして他の者が知り得ただろうか。サタンのものにされた人間に対し、神がどうして自身の計画を明かせただろうか。それは愚かなことではないか。あなたが神の旨を知り、理解することを、神は求めている。神の今後の働きをあなたが考慮することを、神は求めていない。私たちは神を信じ、神の導きに沿って物事を行ない、実際の困難を実践的に取り扱い、神に対して問題や面倒を引き起こさないことだけに専念すればよい。私たちはすべきことをせねばならない。神の現在の働きのただ中にいられるのであれば、それで十分だ。これこそが、わたしがあなたがたを導いている道である。前進することだけに集中すれば、神は私たちのうち誰一人として不当に扱わない。あなたがたは、昨年の並外れた経験から多くの物事を得た。あなたがたはそのことをそれほど辛く感じないものと思う。わたしがあなたがたを導いている道は、わたしの働きと任務であり、私たちがここまで、現在まで至ることを運命づけられるよう、神によってはるか昔に定められたものである。私たちがこれを行なえたことは大いなる祝福であり、順調な道のりではなかったが、私たちの友情は永遠であり、今後も時代を通じて受け継がれるだろう。喝采であれ、笑いであれ、悲しみであれ、涙であれ、すべて美しい思い出にしようではないか。わたしの働きの日が残り少ないことに、あなたがたは気づいているかもしれない。わたしには働きの企画が多数あるので、頻繁にあなたがたと共にいることができない。あなたがたが理解してくれることを願う。なぜなら、私たちの本来の友情は変わらぬままだからである。おそらくいつの日か、わたしは再びあなたがたの前に現れるかもしれないが、あなたがたがわたしを困らせないことを願う。結局、わたしはあなたがたとは違うのだ。わたしは働きのために様々な場所を旅しているのであり、ただホテルでぼんやりしながら人生を送っているのではない。あなたがたがどのような状態であろうと、わたしはひたすらすべきことを行なう。これまでに共有したことが、私たちの友情の花となることを願う。

この道はわたしにより開かれ、苦楽を問わず、わたしがその道を先導してきたと言える。私たちが現在まで続けてこられたのは、ひとえに神の恵みのおかげである。わたしに感謝する者もいれば、わたしに文句を言う者もいるだろうが、そのどれも重要ではない。わたしが見たいと思うのは、この集団において成し遂げられるべきことが成し遂げられることだけである。それは祝われるべきことなのだ。ゆえにわたしは、わたしに不満を述べる者に遺恨を抱かない。神の心がすぐに安らぐよう、自分の働きをできるだけ早く完了させることが、わたしの唯一の望みである。そのとき、わたしは重荷を背負わず、神の心に懸念はないだろう。あなたがたには、よりよく協力する覚悟があるのか。神の働きをきちんと行なうことを目標にしたほうがよいのではないか。この期間中、私たちは無数の苦難に耐え、ありとあらゆる喜びや悲しみを経験したと言っていいだろう。概して言えば、各人の演技は基本的に十分だった。おそらく今後、あなたがたに要求されるより優れた働きがあるかもしれないが、わたしのことをいつまでも考えず、ひたすらすべきことをしなさい。わたしが行なうべきことはすぐそこまで迫っている。あなたがたが常に忠実であり、わたしの働きを懐かしがらないことをわたしは望む。わたしが来たのは働きの一段階を完了させるためであって、神の働きのすべてを行なうためでは決してないということを、あなたがたは知るべきである。あなたがたはこれを明瞭に理解しなければならず、それについて別の考えを抱いてはならない。神の働きを完了させるには、さらに多くの手段が必要となる。あなたがたはいつもわたしに頼ってはいられない。わたしが来たのは単に働きの一部を行なうためであり、それはヤーウェやイエスを代表するものではないということに、あなたがたはもう気づいているかもしれない。神の働きは多くの段階に分かれているので、頑なになりすぎてはならない。わたしが働いている間、あなたがたはわたしに耳を傾けなければならない。神の働きは時代ごとに変わり、どれも同じ型から切り出されたのではなく、働きのたびに同じ古い歌が歌われているわけでもない。また、神の働きの各段階はそれぞれの時代にふさわしいものであり、時代が変われば変化する。ゆえに、あなたはこの時代に生まれたのだから、神の言葉を飲み食いし、それらの言葉を読まなければならない。わたしの働きが変わる日も来るだろうが、その場合でも、あなたがたはそうすべきように前進し続けなければならない。神の働きが間違っていることなどあり得ないのだ。外の世界がどう変わるに気を取られてはならない。神が間違っていることはあり得ず、神の働きが間違っていることもあり得ない。時として神の古い働きが過ぎ去り、新たな働きが始まるというだけのことである。しかしそれは、新たな働きが到来したのだから、古い働きは間違っているという意味ではない。それは誤謬である。神の働きの正誤を述べることはできず、述べられるのはそれが早いか遅いかだけである。これが神に対する人々の信仰への手引きであり、軽々しく扱ってはならない。

前へ: 道……(7)

次へ: 信者はどのような観点をもつべきか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第三十二章

神の言葉は人々の頭を悩ませ続ける。まるで神は、話す時に人を避け空に向かって話しているかのようであり、人の行動にこれ以上注意を払うつもりは微塵もなく、人の能力には完全に無頓着のようである。また、神が最初に意図した通りに、神が話す言葉は人々の観念に向けられているのではなく、人を遠ざけ…

第十章

結局のところ、神の国の時代は過去の時代と異なっている。それは人間の行いとは関係ない。むしろ、わたしが地上に降りて自ら働きを行ったのであり、それは人には理解できず、成し遂げるのも不可能なことである。世界の創造以来長年にわたり、その働きはひとえに教会の建設に関するものだったが、神の国…

あなたは全人類がこれまでどのように発展してきたかを知らねばならない

六千年にわたって行われてきた働きは、その全体が時代とともに徐々に変化してきた。この働きに見られる変化は、世界全体の情勢と、人類の全体的な発展の傾向に基づいて起こったものであり、経営の働きはただそれらに従って徐々に移り変わってきたのである。創世の当初からすべてが計画されていたわけ…

どのように地上の神を知るか

あなた方はみな、神の前で報われ、神の寵愛を受けたいと願っている。神を信じ始めた者は誰でもそのようなことを望むものである。誰もが高尚な物事を追い求めることに夢中になり、誰ひとり他者に後れを取りたくないからである。これが人というものである。まさにそれゆえに、あなた方の多くが絶えず天の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索