第七章

西面の枝はみな、わたしの声を聞きなさい。

過去、あなたがたはわたしに忠実だっただろうか。あなたがたはわたしの優れた助言の言葉に従ってきただろうか。あなたがたは、曖昧で不確かなものではない、現実的な希望をもっているだろうか。人間の忠誠、愛、信仰は、すべてわたしから生じているものであり、わたしが授けたものでないものはない。わが民よ、あなたがたは、わたしの言葉を聴くとき、わたしの旨を理解しているだろうか。わたしの心がわかっているだろうか。過去に、あなたがたは奉仕の道をたどる際、浮き沈みがあり、前進したときや後退したときもあった。また、倒れそうになったことも、わたしを裏切りそうになったことさえあった。しかし、そんな時にもわたしは常にあなたがたを救うために行動していたことが、わかっていただろうか。いつ、どのようなときにも、わたしが言葉を発し、あなたがたを呼び、助けてきたことがわかっているだろうか。何度、あなたがたはサタンの網に落ちただろう。何度、あなたがたは人間の罠に捕らわれただろう。また、何度、自らを捨て去ることができず、お互いに果てしない争いに巻き込まれてきただろうか。いったい何度、体はわたしの家にありながら、心は誰も知ることのないところをさまよっていただろうか。それでも、わたしは何度、あなたがたに救いの手を差し伸べて、あなたがたを支えてきたことか。何度、あなたがたの間に憐れみの種を蒔いてきただろう。何度、苦しんでいるあなたがたの哀れな有様を見て耐え難い思いをしてきたことか。いったい幾度なのか……あなたがたにはわかるか。

しかし今日、あなたがたはわたしの守りの下、ついにあらゆる困難を克服し、わたしはあなたがたとともに喜ぶ。これはわたしの知恵の結晶だ。それでも、このことをよく覚えておきなさい。あなたがた自身は強いままなのに、いったい誰が倒れたのか。一瞬たりとも弱ることなく、強くあり続けたのは誰だろうか。人々の中で、わたしから来たのではない恵みを享受したのは誰だろう。わたしから来たのではない不運を経験したのは誰だろう。わたしを愛する者はみな、恩恵だけを受けているのだろうか。ヨブに不運が降りかかったのは、彼がわたしを愛さず、わたしに逆らったためなのだろうか。パウロがわたしに忠実に仕えることができたのは、真にわたしを愛することができたからだろうか。あなたがたはわたしの証しを堅持するだろうが、あなたがたの中に、純金のようで、不純物が混ぜられていない証しをする者が、誰かいるだろうか。人間には真の忠誠が可能なのだろうか。あなたがたの「証し」がわたしに喜びをもたらすということは、あなたがたの「忠誠」と矛盾しない。なぜなら、わたしは誰からも多くを求めたことがないからだ。わたしが本来意図した計画から考えれば、あなたがたはみな「不良品」――つまり基準に達していない。これは、わたしの「憐れみの種を蒔く」と言ったことの実例ではないのか。あなたがたが見るのは、わたしによる救いなのか。

あなたがたはみな思い返してみるべきだ。わたしの家に戻って以来、自分の損得を考えず、ペテロのように、わたしを知るようになった者はいるだろうか。あなたがたは聖書の表面的なことは完璧に理解しているが、その本質を吸収しただろうか。たとえそうであっても、あなたがたは、まだ自分の「資本」にしがみつき、自己をほんとうに捨て去ることを拒んでいる。わたしが言葉を発したとき、また面と向かって話したとき、あなたがたのうちの誰が、閉じた「巻物」を置いて、わたしが明かした、いのちの言葉を受けようとしただろう。あなたがたはわたしの言葉を尊重せず、また、それを大切にもしなかった。それどころか、わたしの言葉を自分の敵に向かって発砲する機銃のように使って、自分の地位を維持しようとした。あなたがたは、わたしの裁きをほんの少しも、わたしを知るために受け入れようとはしなかった。あなたがたは誰もみな、他の誰かに武器を向けている。あなたがたはみな「無私」で、みな、どんな状況でも「他人を思いやっている」。あなたがたは昨日まで、正にこのとおりのことをしていたのではないか。そして、今日はどうか。あなたがたの「忠誠」は、少々点を増した。そしてみな、少しだけ熟練し、少しだけ成熟した。そのため、わたしを「恐れる」気持ちが少し増し、誰一人「軽々しく行動」しない。なぜあなたがたは、果てしなき受身状態の中に存在しているのだろうか。なぜ、あなたがたの内には積極的な側面がまったく見られないのか。ああ、わが民よ。過去はとうに過ぎた。あなたがたは、もはや過去にしがみついていてはならない。昨日はしっかりと立ち、今日は心からの忠誠をわたしにささげるべきだ。そのうえで、明日はわたしについてよい証しをすべきだ。そうすれば、あなたは将来わたしの祝福を受け継ぐことになる。これこそあなたがたが理解すべきことである。

わたしはあなたがたの前にいないが、わたしの霊は必ずやあなたがたに恵みを与える。わたしは、あなたがたがわたしの祝福を大切にし、それを頼みとして、自分自身を知ることができることを願っている。これを自分の資本としてはならない。むしろ、あなたがたの内に欠けているものをわたしの言葉から満たしなさい。そして、これによりあなたがたの積極的な要素を引き出すのだ。これが、わたしがあなたがたに贈る教えである。

1992年2月28日

前へ: 第六章

次へ: 第八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

実践(2)

過去において人は神と共にあり、一瞬一瞬を霊の中で生きるために自分を訓練した。それは今日の実践に比べると単純な形態の霊的訓練である。それは人がいのちの正しい軌道に乗る前に行われる最も浅く単純な実践方法であり、人の神への信仰における実践の第一段階を成す。人が常にこのような実践に頼るな…

第十一章

人間は誰もみな、わたしの霊による観察を受けなければならない。自分のすべての言葉と行動を細かく調べ、さらに、わたしの驚くべき行いを見なければならない。神の国が地上に来るとき、あなたがたは、どのように感じるだろうか。わたしの子らと民がわたしの玉座に流れ込んで来るとき、わたしは大きな白…

神は全人類の運命を支配する

人類の一員として、また敬虔なクリスチャンとして、神が委ねる任務を全うするために心と体を捧げるのはわたしたちすべての責任であり、義務である。なぜならわたしたちの全存在は神から来たものであり、神の統治のおかげで存在しているからである。わたしたちの心と体が神の委ねる任務のためでも、人類…

第十七章

わたしの声は雷のように轟き、四方すべてと地上全体を照らす。そして雷鳴と稲光の中、人類は打ち倒される。雷鳴と稲光のただ中でしっかりと立ち続けた者はいない。たいていの人間はわたしの光が来るのを見て恐れて我を失い、どうしていいかわからなくなる。東に微かな明かりがほのめくと、多くの人は、…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索