言葉は肉において現れる

目次

三十九番目の言葉

わたしは毎日数ある宇宙を渡り歩き、わたしの手で創り出したあらゆる物を観察する。天の上にはわたしが休む場所があり、天の下にはわたしが動かす地がある。わたしはそこにある全ての物を支配し、全ての物のあらゆる事柄を統制し、そこにある全ての物が自然の成り行きに従い、自然の命ずるところに従うようにする。わたしは従わない者を蔑み、わたしに反対し、列から外れる者を嫌悪する。わたしは、全ての物を無抵抗でわたしの采配下に従わせ、宇宙にある全てを整える。誰がまだあえて自分の好き勝手にわたしに抵抗しようものか。誰がわたしの手による采配に従おうとしないのか。人はどうしてわたしに歯向かうことに「関心」を持つことができるのか。わたしは人々を彼らの「先祖」の前に連れ行き、先祖たちに人々を彼らの家族のもとに連れ戻させる。彼らが先祖に抗うことは許されず、彼らはわたしのもとに戻ってくる。これがわたしの計画である。今日、わたしの霊は地上全域を行き来し、あらゆる類の人々に番号を割り振り、あらゆる類の人々に異なるしるしを付ける。これは、それらの人々の先祖が彼らを上手く彼らの家族に連れ戻すことができるようにするためであり、わたしが彼らについて「心配」し続ける(これは極めて煩わしい)必要がないようにするためである。このため、わたしはまたこの努めを分割し、この取り組みを分配する。これはわたしの計画の一部であり、誰もこれを妨げることはできない。わたしは、全ての事柄を管理するための適切な代表者を全ての者の中から選び出し、全ての人の秩序だった従順がわたしの前にもたらされるようにする。わたしは、天の上をしばしば歩き回り、天の下をしばしば歩く。人々が生まれては死に行く大きな世界を見て、地上にひしめく人類を観察し、惑星の上に住む鳥や獣を見ていると、心の中で感情的にならざるを得ない。創造時、わたしは全ての物を創り、全ての物がわたしの采配の下に自分の場所でその義務を果たした。わたしは天の高みから笑い、天の下にいる全ての物がわたしの笑う声を聞き、それらは直ちに霊感を受けた。まさしくその瞬間、わたしの事業が完成するのである。わたしは、わたしの代表者とするために人を創り、わたしに逆らうのではなく、心の底からわたしを褒め称えるように人を作ったので、わたしは人の中に天の知恵を増し加え、人が全ての物の中でわたしを代表するようにした。これらの単純な言葉を誰が全うできるのか。人が心を自分だけに向けるのはなぜなのか。人の心はわたしのためのものではないのか。わたしは人に関わる事柄を無条件に求めているわけではない。人は常にわたしに属しているのである。自分に属するものを簡単に他人に引き渡すことなどできようか。わたしが作った「衣服」を他の誰かが着るように手放すことなどできようか。人々の目に、わたしは正気を失い、精神の病に侵されて、人間のあり方を全く理解しないばか者かのようである。このため、人々はいつもわたしを純真な者として見るが、決してわたしを心から愛さない。人がすることは全て意図的にわたしを欺くためのものであるため、わたしは憤怒に駆られて全人類を絶滅させる。わたしが造った全ての物の中で、人類だけがいつもわたしを欺く方法を考え出そうとしている。人は全ての事柄の「支配者」だとわたしが言うのはこのためである。

今日、わたしは全ての人々を「大きな炉」に投げ込んで精錬する。わたしは天の高みに立ち、火の中で人々が焼かれるのをしっかりと見守る。人々は、火に強いられて事実を吐き出す。これはわたしが業を行うひとつの方法である。そうでなければ、人々は自分を「謙虚」であると公言し、自分自身の経験を語るために最初に口を開こうとする者はおらず、皆互いに顔を見合わせるだけであろう。これこそがわたしの知恵の結晶である。わたしは時の前に今日の事柄を運命づけたからである。このため、人々は、綱を手繰ってきたかのように、感覚を失ってしまったかのように、無意識のうちに炉に入り込む。誰も炎の猛攻から逃れることはできない。彼らはなおも炉の中の自分の運命に当惑し、焼き死ぬのではないかとひどく恐れつつ、互いに「攻撃」し合い、「喜んで走り回る」。わたしが火をかき立てると、火はすぐに激しくなって空に向かって燃え上がり、炉に引き込もうとするかのように炎はしばしばわたしの衣にまとわりつく。人々は大きく見開いた目でわたしを見る。わたしはすぐさま炎に従って炉に入る。その時炎は燃え、人々は大声を上げる。わたしは炎の中を歩きまわる。炎は燃え盛るが、炎にわたしを傷つける意志はない。わたしはもう一度わたしの衣を炎に手渡そうとするが、炎はそれでもわたしに近づこうとしない。人々はその時になって初めて、炎の灯りによってわたしの真の顔をはっきりと見る。彼らは焼けつく炉の真っただ中にいるため、わたしの顔ゆえにあらゆる方向に逃げ出し、炉はすぐさま「煮え立ち」始める。炎の中にいる者は全て、炎の中で精錬される人の子を見る。人の子の体を覆う衣は平凡であるが、それらは極めて美しい。人の子の足の靴は何の変哲もないが、大きな羨望をかき立てる。人の子の顔からは炎のような輝きが発せられ、その目は光り輝き、人々が人の子の真の顔をはっきりと見るのは、その目の光のためのようだ。人々は畏敬の念に打たれ、その御方の白い衣と、肩に垂れる羊毛のように白い髪を見る。とりわけ、胸にある金の帯は眩いばかりに光輝き、足の靴はさらに素晴らしい。人の子の履く靴が炎の中にあって燃えないことから、人々はそれらを驚くべきものだと信じる。痛みがほとばしるときにのみ、人々は人の子の口を見る。彼らは精錬の火の中にあっても、人の子の口から出る言葉を何ら理解しないため、この時、彼らは人の子の喜ばしい声をそれ以上聞かず、人の子の口にある鋭い刀を見る。人の子はなにも言わないが、その刀は人を傷つける。炎に襲われ、人々は痛みに耐える。彼らは、好奇心ゆえに人の子の非凡な姿を見詰め続け、この瞬間初めて人の子の手から7つの星が消え去ったことを見出す。人の子は地上ではなく炉の中におられるため、その手の中の7つの星は、それらが象徴でしかないために取り去られる。この時、それらが言及されることはなくなるが、人の子のあらゆる部分に当てられる。人々の記憶では、7つの星の存在は不安をもたらす。今日、わたしは人に対して物事を困難にはしなくなったが、人の子から7つの星を取り去り、人の子の全ての部分をひとつに合わせる。人は、この時初めてわたしの全像を見る。わたしは地上から天の高みに昇ったため、人々がわたしの霊と肉体を分けることはなくなる。人々はわたしの真の顔を見て、わたしを引き裂くことはなくなり、わたしが人の悪口に耐えることはなくなる。わたしは人と共に大きな炉の中に歩み入るので、人は今もわたしにたより、 意識の中でわたしの存在を感じ取る。このため、純粋な金であるものは、全て燃える火の中でわたしのもとに徐々に集められる。これこそが、おのおのが種類によって分けられる瞬間である。わたしは「金属」を種類別に分類し、全てをそれぞれの家族に戻らせる。その時やっと、全ての物事が活気を取り戻し始めるのである…

わたしが人を炉に投げ入れて燃やすのは、人がひどく汚れているからである。それでも人は炎によって絶やされず、そのかわりにわたしが人に喜びを覚えることができるように精錬される。わたしが望むのは、まじり物がない純粋な金でできている物であり、汚れて汚染された物ではないからである。人々はわたしの心情を理解しないため、彼らは「手術台」に上る前、あたかもわたしが彼らを解剖した後で、手術台に横たわる彼らを殺すかのように不安に駆られる。わたしは人々の心情を理解しているため、人類の一人かのようである。わたしは人の「不幸」に対して深い憐みを持っており、人が「病を患った」理由を知らない。健康であり、奇形がないならば、代価を払い、手術台の上で時間を費やす必要があろうか。しかし、真実を撤回することはできない。誰が「食品衛生」に注意を払わないよう人に言ったのか。誰が健康でいることに注意を払わないよう人に言ったのか。今日、他にどのような手立てがわたしにあるというのか。人に対するわたしの憐みを示すため、わたしは人と共に「手術室」に入る。誰が人を愛せとわたしに言ったのか。従って、わたしは自ら「外科医のメス」を手に取り、後遺症を防ぐために人を「手術」し始める。人に対するわたしの忠誠心のため、人々はわたしに感謝の意を表すために痛みの中で涙を流す。人々はわたしが義を重んじ、わたしの「友」が困っているときに手を差し伸べると信じている。そして人々はわたしの思いやりにますます感謝し、病が治ったらわたしに「贈り物」をすると言う。しかし、わたしは彼らの言葉を気に留めず、かわりに人を手術することに集中する。人の肉体的な弱さのため、メスの影響下で人は目を固く閉じ、手術台の上でぼうぜん自失し、横たわる。わたしはそれに構わず、ただわたしの手の業を行い続けるのみである。手術が終わると、人々は「虎の顎」から逃れ出る。わたしは豊かな栄養で彼らを養う。彼らは知らないが、その栄養は彼らの中で少しずつ増える。そしてわたしは彼らに微笑む。彼らは健康を取り戻した後でのみわたしの真の顔をはっきりと見るので、彼らはさらに私を愛し、わたしを彼らの父として受け入れる。これが天と地の結びつきなのではなかろうか。

1992年5月4日