言葉は肉において現れる

目次

真に従順な者は必ず神のものとされる

聖霊の働きは、日々、変わり、段階ごとに高まっている。明日の啓示は、今日の啓示よりもなお一層高くなる、そして段階毎になお高いところへ上がっていく。神が人を完全にする働きも同様である。もし人が、ついていけなくなったら、人はいつでも見捨てられるだろう。もし人が従順な心を持っていないのなら、人は最期までついていくことができないだろう。古い時代は終わった。今や新しい時代である。そして、新しい時代には、新しい働きがなされなければならない。特に、人が完全にされる最期の時代において、神は新しい働きをなお一層素早く行うであろう。したがって、心から従順でないのなら、人は神の足跡を辿ることが難しくなるだろう。神は、規則によって生きるのではなく、自身の働きのあらゆる段階を不変なものとして取り扱っているのでもない。むしろ、神によってなされる働きは、常により新しく、また常により高いものである。神の働きは、各段階においてより実践的になり、人が実際に必要とするものとますます合致する。人はこのような働きを経験した後にだけ、自らの性質の最後の根本的な変革を達成することができる。人のいのちに関する認識も常により高くなり、したがって、神の働きも同様に、常により高くなる。この方法によってのみ、人は完全に達することができ、神の役に立つことができる。一方で、神は、人の考えに対抗し、それを反転させるためにこのように働き、また他方で、人をより高く、現実的な状況に導き、神への信仰の最も高い領域へ導くためにこのように働く。その結果最終的には、神の意志は実行される。従順でない本質と反抗心のある者全ては、この迅速で力強い働きに見捨てられることとなる。従順なる心を持ち、また、謙虚な意志を持つ者こそが、この道の終わりまで進むことになるだろう。このような働きでは、あなたたち全てが、従順であり、かつ自らの考えを脇に置く方法を学ばなければならない。あらゆる段階が、慎重に踏まれるべきである。もしあなたたちが軽率ならば、あなたたちは、聖霊から嫌悪され排除される者の一人となるだろう、そして、神の働きを邪魔する者になるだろう。働きのこの段階を経験する前に、古い時代の人の規則や法律は、彼らが調子にのってしまうほど数が多く、その結果、彼らはうぬぼれ、自らの場所を忘れてしまった。これらはすべて、神の新しい働きを受け入れる人にとって障害であり、神を知るようになりつつある人の敵である。人が心の中に従順さをもたないことあるいは真理を追求しないことは危険なことである。もしあなたが簡単な働きや言葉のみに従い、より深い言葉や働きの何も受け入れることができないなら、あなたは、古い方法から離れず、聖霊の働きにはついていけない人である。神が為す働きは、時代によって違っている。もしあなたが、ある段階において従順さを見せるが、次の段階では、従順さがより少ないか、全くないとしたら、神はあなたを見捨てるだろう。もしあなたが、神がこの段階に昇るとき、彼についていくことができるなら、あなたは次なる段階に昇る時にもついていくことを続けていかなければならない。そのような人のみが、聖霊に対して従順である。あなたは神を信じるのなら、その従順さを一定に保たなければならない。あなたが気に入っているときにだけ従順であり、そうでない時に従わないということはできない。そのような従順のあり方は、神によって認められない。もしあなたが、わたしが今話している新しい働きについていけないのなら、また以前の言葉にこだわり続けるのなら、あなたは霊的に成長があり得るのだろうか。神の働きにおいて、彼は言葉を通してあなたに与える。あなたが彼の言葉に従い受けいれる時、聖霊は確実に、あなたの中で作用を及ぼすだろう。聖霊は、まさにわたしが話すように働くだろう。わたしが今言ったように行えば、聖霊はすぐにあなたの中で作用を及ぼすだろう。わたしは、あなたたちが見るように新しい光を放ち、あなたたちをこの光の中へ連れてくる。あなたがこの光へ入っていくなら、聖霊は直ちにあなたの中で作用を及ぼすだろう。一部の人は反抗して、言うかもしれない「私は単純にあなたの言う通りには、しないでしょう」と。それなら、わたしは今、ここで道は終わり、あなたは衰弱し、いのちは終わると告げるだろう。したがって、あなたの性質の根本的な変革を経験する際、今与えられた光についていくことが最も重要である。聖霊は、ただ、神によって用いられている特定の人の中で働いているだけでなく、教会の中でなお一層働いている。彼は、誰の中でも働くことができる。神は、今あなたの中で働いているかもしれない。あなたがそれを経験した後に、彼は次に他の誰かの中で働くかもしれない。しっかりとついていくことだ。あなたが今与えられている光についていけばいくほど、それだけあなたのいのちは成長していく。聖霊が作用を及ぼしている人たちについていくことだ、彼がどんな種類の人であっても。その人の経験をあなた自身のものとすることだ、そうすれば、あなたは、なお一層高いものを受け取るだろう。そのように行動することにより、あなたはより素早く成長をみることができるだろう。これが、人にとっての完全に至る道であり、霊的に成長するために通るべき道なのである。完全に至る道は、あなたの聖霊の働きへの従順さを通してたどり着く。あなたは、あなたを完全にするために、神がどんな種類の人を通して働くのかを知らないし、どのような人、どんな出来事、またはどんな事柄を通して、彼があなたに利益をもたらし、あなたが洞察力を得ることができるようにするのかも知らない。あなたが、この正しい道を歩けるのなら、このことは、あなたには、神により完全にされるすばらしい希望があることを示す。それができないのなら、このことは、あなたの未来はわびしく、暗闇の未来となることを示す。あなたが正しい道を歩けば、あらゆる事柄に啓示が与えられるだろう。聖霊が他の人にどんなに啓示を与えようとも、もしあなたが、彼らの認識にもとづいて自らの経験の中で続ければ、それはあなたのいのちとなるだろう、そして、この経験からあなたが他の人に与えることもできるだろう。他の人に単に言葉だけを与える者は経験がない者である。あなたは自身の実際の経験や認識を話す前に、他からの啓蒙や啓発を通じて、実践の方法を見出すことを学ばねばならない。これは、あなた自身のいのちにとってより大きな利益となるだろう。あなたは、神から来るすべてのことに従いながら、このようにして経験すべきだ。あなたは全てのものに神の心を求めるべきであり、全てのものに教訓を得るべきであり、そうしてあなたは霊的に成長すべきだ。そのような実践が成長をもっともはやく実現する。

聖霊は、実践的な経験を通してあなたを啓蒙し、信仰を通してあなたを完全にする。あなたは本当に、神によって完全にされたいと思っているのだろうか。もしそう思っているなら、あなたの肉を投げ捨てる勇気を持ち、神が述べる通りに行動でき、受け身にも弱くもならないだろう。あなたは神から来る全てのものに従うことができるだろう、そして、神の前で行う、行わないに関係なく、あなたの行動全ては、神に見せることができるものとなるだろう。正直であれ、そして、全てのことにおいて真理を実践せよ、そうすれば、あなたは完全にされるだろう。神の前ではあるやり方で行動し、彼の見えないところでは別のやり方で行動するようなずる賢い人は、完全にするに忍びない。彼らは、完全に破滅と破壊の子である。彼らは神ではなくサタンに属する。彼らは、神に選ばれる種類の人間ではない。もしあなたの行動と振る舞いが、神の前で見せられるものではないあるいは神の霊により見物されるようなものでないなら、これはあなたにおけるある問題を露わにしている。あなたが神の裁きと刑罰を受け入れて、あなたの性質を根本的に変えることに重きをおく場合のみ、完全にされる道へあなたは置かれるであろう。あなたが本当に神により完全にされたいと思い、神の意志を実行したいと本当に思うのなら、神の仕事全てに従うべきで、文句を一言も言わず、神の働きを好き勝手に評価あるいは判断したりすべきでない。神によって完全にされるためのまさに基本的条件がある。神によって完全にされることを求める者に対する要求は以下である。すなわち、神への愛を基に全てのことをせよ。神への愛を基に行動することの意味とは何だろうか。これはあなたの全ての行動や振る舞いは、神の前に見せられるということを意味する。正しい意志を貫けば、あなたの行動が正しかろうと間違っていようと、神あるいは兄弟、姉妹にあなたの行動が露わにされることをあなたは恐れない。あなたは、神に進んで誓いができる。あなたのあらゆる意図、思想、考えは、審査されるために神の前に見せられることができる。もしあなたがこのように実践して、入っていくならば、あなたのいのちの成長は速くなるだろう。

あなたは神を信じているのだから、あなたは神の全ての言葉と働きに信仰を置かなければならない。すなわち、あなたは神を信じているのだから、神に従わなければならない。あなたがこれをすることができないのなら、あなたが神を信じているかどうかは重要ではない。あなたが長年に渡り神を信じていたとしても、神に決して従わず、神の言葉のすべてを受け入れず、代わりに、神に自分に従うように頼み、自分の考えに沿うようにさせるとしたら、あなたは数ある信者の中でもっとも反抗的であり、不信心者である。このようなものが、人の考えに準じない神の働きと言葉にどのようにして従うことができようか。最も従順でない者は、意図的に神に刃向かい、抵抗する者だ。彼は神の敵であり、反キリスト者だ。そのような者は常に神の新しい働きに敵意を保持して、従順になる意図は示さず、自ら喜んで従うことは決してなく、謙虚になることはなかった。彼は他の人の前で自画自賛し、決して他の人に従属しない者である。神の前で、彼は、自分自身がかの言葉を説教する能力が最も高く、他の人に働きを及ぼす技能が最も高いと思っている。彼は、彼がすでに所有する宝を決して破棄せず、それらを崇拝されるべき、他の人に説教すべき、そして彼を称賛するような愚か者へ講義するのに用いられるべき、家宝とみなしている。実際、教会にもそのような者がいる。彼らは「不屈の英雄」であり、何世代にも渡って神の家にとどまっている、と言われている。彼らは、かの言葉(教義)を説教することが、彼らの最高の義務だと思っている。何年にも亘り、何代にも亘って、彼らは彼らの聖なる、神聖な義務を果たす。誰も敢えて彼らに触れようとせず、誰も敢えて公に彼らをとがめようとしない。彼らは、神の家で「王」となり、時代を経て独裁者のように振る舞った。これら悪魔たちは、手を取り、わたしの働きを壊そうとする。わたしの前でこのような生きた悪魔が存在することがどうして許せようか。気持ちの半分しか従順でない者でさえ、最後まで歩くことはできないのに、従順な気持ちが微塵もないこれら暴君などもってのほかだ。神の働きは、人によって容易に獲得できない。人が、能力の全てを使ったとしても、ほんの少ししか獲得できず、最後にやっと完全をみるということになるだろう。それでは、神の働きの破壊を求める大天使の子供達はどうだろうか。彼らは、神による獲得に対して希望を少しも持ってこなかったのか。わたしの征服する働きの目的は、征服のためだけでなく、義と不義が露呈するように征服をすること、人の罰の証拠を取ること、不道徳な者を糾弾することであり、そしてさらにわたしは従順なる気持ちを持つ者を完全にするために征服をする。最後に、全ては種類により分離される、そして完全にされた者は全て、従順さに満たされた思想を持つだろう。これが、為された働きの最後の結果となる。反抗心に満たされた者は罰せられ、火打ちの刑に処され、永遠に呪われるだろう。その時が来たら、これら元「偉大で不屈な英雄」は、もっとも底辺で、嫌われる「弱くて役に立たない臆病者」となるであろう。このことだけが、神の義の全てを説明し、神の性質は、その性質を犯し、神の怒りに触れることを許さないことを説明する。このことだけが、わたしの心の憎しみを鎮めることができる。これはとても理にかなっているとあなたたちは同意しないだろうか。

聖霊の働きを経験する全ての人がいのちを受け取ることができるわけではないし、この流れの中にある全ての人がいのちを受けることができるわけではない。いのちは、全ての人によって共有される共有財産ではないし、性質の根本的変革は、全ての人によって容易に達成されるものではない。神の働きへの従順さは、触ることができ、実現できるものでなければいけない。表面的な従順さでは、神の承認は受けられない。また、あなたが自らの性質の根本的変革を求めることなしに神の言葉の表面だけに単に従うのでは、神の心は喜ばない。神への従属と神の働きへの従順さは、一つであり同じものだ。神にのみ従属し、神の働きに対してそうしないのなら、従順であるとはいえない、また、真に従順でなく、外見的にこびへつらうのももちろん同様である。神に真に従うものは、神の働きから何かを得ることができ、神の性質と働きの理解を達成することができる。そのような人だけが、真に神に従順である。そのような人は、新しい働きから新しい認識を獲得でき、その同じ新しい働きから新しい変化を経験できる。そのような人だけが、神の承認が得られる。このような人だけが、完全にされた人であり、彼の性質の根本的な変革を経験してきた。神に承認される者は、彼の言葉や働きだけでなく神に対しても喜んで従順である者である。そのような人こそ義の中にある。このような人こそ真に神を望み、求めている。そして、彼らの神への信仰をただ話すだけで、実際には神を呪うものは、自らの本性を隠すものである。彼らは悪意に満ち、人間の中で最も不誠実な者どもである。このような悪党は、いつか、その汚い仮面を剥ぎ取られることになるだろう。それが今日、為されている働きではなかろうか。不道徳なものはいつまで経っても不道徳であり、罰が下る日を逃れられない。善良なものは、いつも善良であり、働きが終わった頃にどちらも明らかにされるだろう。不道徳な者は誰一人として、義であるとは思われず、義なる者は、一人として不道徳とは思われないだろう。わたしは誰かを間違って非難される立場に追いやろうとしただろうか。

あなたが霊的に前進するに伴って、あなたは常に、新たなる入りと、各段階で深みを増す新しくそしてより高い洞察力を持たなければならない。これは、全ての人が入っていくべき道である。神との交わりを持ったり、メッセージを聞いたり、神の言葉を読んだり、物事に対処したりすることを通して、あなたは新たなる洞察力と導き、示しを獲得することができる。あなたは、古い規則と古い時代の中では生きていない。あなたはいつも新しい光の中で生き、神の言葉から離れない。正しい道をたどっているとみなされるのは、このようなことである。単に表面的なレベルで代価を払うことではない。神の言葉はより高くなり、また新しいものが日々現れる。毎日、霊的いのちが新たに成長することも必要である。神は自身が話した地点まで完成させる。もしあなたがついていけないのなら、あなたは霊的に落ちていく。あなたの祈りは深くならなければいけない。神の言葉をより多く食べ飲み、受け取る啓示の理解を深め、否定的なものを減らさなければいけない。あなたは、あなたが洞察力を得ることができ、霊の中にあることを理解することによって、外の世界の事柄への洞察力も獲得でき、さらに問題の中心部にあるものを理解することができるように、あなたの判断力を強めなければならない。もしあなたが、そのような能力をもたないなら、あなたは教会をどのようにして導くことができるだろうか。もしあなたが、現実性や実践の方法もなく文字や教義について語っているだけなら、あなたは、短期間、何とか生きていくことしかできない。これは、新しい信者には、ぎりぎり受け入れられるかも知れないが、時が経ち、新しい信者が実際の体験をすれば、あなたはもはや、彼らに与えることができないだろう。あなたは神の役に立つのだろうか。あなたは新しく啓かれることなしに働きを及ぼすことはできない。新しく啓かれることのない者は、経験することができず、そのような人は新しい認識あるいは経験を得ない。そして、彼らはいのちを与える機能をこなすことがけっしてできず、神の用途にも適さない。このような者は、無駄で役に立たない。事実、そのような者は働きにおいて自分の機能をこなすことが全くできず、全く何の役にも立たない。彼らは、自分の機能をこなせないだけでなく、彼らは教会に不要な負担をかける。わたしは、他のものがもうあなたに会う必要がないように、これら「古い人」に急いで教会を去るように勧告する。そのような人は、新しい働きを全く理解しないで、古い観念だけで満たされている。彼らは教会では何の機能も提供していない。むしろ、扇動的な行為をし、否定的なことを広めている、教会の中であらゆる種類の違法行為や騒動にさえ従事し、分別がつかない者を混乱させ、不協和音をもたらしている。このような生きた悪魔、邪悪な霊は、教会が、結果として、荒廃しないように、できるだけ早く教会から出るべきである。あなたは今日の働きを恐れていないかもしれないが、明日の正義の処罰は恐れていないのだろうか。神の自然な働きを妨害することを求める数多くの狼に加えて、教会にはたくさんの居候がいる。これらの人たちは、悪魔によって送られた悪魔であり、悪巧みなどしない羊を貪り食うような凶暴な狼である。このような人間と呼ばれる者が、排除されないのなら、彼らは教会の寄生虫そして、ささげものを食い荒らす蛾となるだろう。このような軽蔑に値する、無知で、忌まわしく、不快なウジ虫は、いつか近いうちに罰せられることとなろう。