892 神が救う人々は神の心の中で最も大切な者たち

1

神の救いの業はなんと重要だろう

神にとって何より重要だ

神は思いと言葉だけでなく

意図的な計画と意志により

全人類のために全てのことを為す

ああ 人にとっても神にとっても

なんと意義ある救いの業か

神は忙しく努力している

神はかつてない多大な代価を払い

業を営み、全てのものと人を統治する

業の中で、神は徐々に明らかにする

神がどんな方で、何を持ち、支払ったか

神の知恵と力、全ての性質を

何も神を止めることは出来ない

その業にどんな妨げや困難があろうと

どんなに人が弱く反抗的でも

神に難しいことはない

難しいことは何一つない

2

神は治め、救うために人を選んだ

神は何と身近にいるのだろう

この宇宙で

神とこんなに親しくなれた者がいようか?

神にとって彼らは重要で、価値がある

神の多大な代価にも関わらず

人は神に背き、傷つける

しかし、たゆみなく神は働く

不満も後悔もなく

それはいつの日か

人はみことばに動かされると知っているから

彼らは神が呼ぶ声に起こされ

神こそ全てのものの主であると認め

神のもとへと立ち返っていくだろう

何も神を止めることはできない

その業にどんな妨げや困難があろうと

どんなに人が弱く反抗的でも

神に難しいことはない

難しいことは何一つない

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: 891 神は神が救う者たちのことを最も気に掛ける

次へ: 893 神は真理といのちを無償で人類に授けます

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索