神が救う人々は神の心の中で最も大切な者たち

神の救いの業はなんと重要だろう

神にとって何より重要だ

神は思いと言葉だけでなく

意図的な計画と意志により

全人類のために全てのことを為す

ああ 人にとっても神にとっても

なんと意義ある救いの業か

神は忙しく努力している

神はかつてない多大な代価を払い

業を営み、全てのものと人を統治する

業の中で、神は徐々に明らかにする

神がどんな方で、何を持ち、支払ったか

神の知恵と力、全ての性質を

何も神を止めることは出来ない

その業にどんな妨げや困難があろうと

どんなに人が弱く反抗的でも

神に難しいことはない

難しいことは何一つない

神は治め、救うために人を選んだ

神は何と身近にいるのだろう

この宇宙で、神とこんなに

親しくなれた者がいようか?

神にとって彼らは重要で、価値がある

神の多大な代価にも関わらず

人は神に背き、傷つける

しかし、たゆみなく神は働く

不満も後悔もなく それはいつの日か

人はみことばに動かされると知っているから

彼らは神が呼ぶ声に起こされ

神こそ全てのものの主であると認め

神のもとへと立ち返っていくだろう

何も神を止めることはできない

その業にどんな妨げや困難があろうと

どんなに人が弱く反抗的でも

神に難しいことはない

難しいことは何一つない

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: 神は神が救う者たちのことを最も気に掛ける

次へ: 神は真理といのちを無償で人類に授けます

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索