神を知る者だけが神のために証しできる

神を証しする者が強い証しをするのは

神への真の認識と神を慕う心に基づく

証しは感情の気まぐれではなく

神とその性質への認識からくる


神を知り証し人となった者は神を慕う

人に神と神の愛しさと現実性を知らせねばと思う

神への愛と同じ証しも自発的で

現実的で価値があり

意義深いもの

受動的でも空疎でも

無意味なものでもない

神を証しする者が強い証しをするのは

神への真の認識と神を慕う心に基づく

証しは感情の気まぐれではなく

神とその性質への認識からくる


神を真に愛する者だけが

最も価値のあるものを持ち

神の光の中で生きているので神を信じる

彼らは神の働きと経営のために生き

無意味ではなく

祝福された生活を送る

暗闇の中ではなく

光の中で生きる

神を証しする者が強い証しをするのは

神への真の認識と神を慕う心に基づく

証しは感情の気まぐれではなく

神とその性質への認識からくる

暗闇の中ではなく

光の中で生きる

神を証しする者が強い証しをするのは

神への真の認識と神を慕う心に基づく

証しは感情の気まぐれではなく

神とその性質への認識からくる

神とその性質への認識からくる


『言葉は肉において現れる』の「神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる」より編集

前へ: ヨブの義なる行いがサタンを打ち負かした

次へ: どうしてヨブは神を畏敬することができたのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする神…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすることは…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索