苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは

神への愛を持って神の言葉を実行することである

いつであれ 他の人の力が欠けても

あなたは神を愛し 深く慕い

神のことを焦がれる

これが実際の背丈である

あなたの背丈は神への愛によって

あなたが試練の中でも

立つことができるかどうかによって決まる

またあなたの背丈は

環境によってあなたが弱くなるかどうか

拒否されても立場を守れるかどうか

それによって決まる

事実が到来すれば

神への愛がどのようなものか示されるだろう

神が人を本当に愛することは

その業から分かるが

人の霊の眼は十分に開いていない

神の意志や業 麗しさについて

多くを見抜くことが出来ず

神への愛をほとんど持っていない

あなたはずっと神を信じてきた

あなたを正しい道に導いたのは

神の厳しい裁きと神の崇高な救いによるものである

人は苦難と精練を通してのみ神の麗しさを知る

今までの経験でその一部を知っているが

まだ十分ではない

何故なら

人には多くの欠けた部分があるので十分ではない

人はもっと多くの神の業と

全ての苦難の精錬を体験しなければならない

その時こそ人の性質は変わる

その時こそ人の性質は変わる

『言葉は肉において現れる』の「辛い試練を経験することでのみ、神の素晴らしさを知ることができる」より編集

前へ: 神による人間の精錬は最も意義深い

次へ: 苦難と試練を通してのみ真に神を愛することができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索