苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは

神への愛を持って神の言葉を実行することである

いつであれ 他の人の力が欠けても

あなたは神を愛し 深く慕い

神のことを焦がれる

これが実際の背丈である

あなたの背丈は神への愛によって

あなたが試練の中でも

立つことができるかどうかによって決まる

またあなたの背丈は

環境によってあなたが弱くなるかどうか

拒否されても立場を守れるかどうか

それによって決まる

事実が到来すれば

神への愛がどのようなものか示されるだろう

神が人を本当に愛することは

その業から分かるが

人の霊の眼は十分に開いていない

神の意志や業 麗しさについて

多くを見抜くことが出来ず

神への愛をほとんど持っていない

あなたはずっと神を信じてきた

あなたを正しい道に導いたのは

神の厳しい裁きと神の崇高な救いによるものである

人は苦難と精練を通してのみ神の麗しさを知る

今までの経験でその一部を知っているが

まだ十分ではない

何故なら

人には多くの欠けた部分があるので十分ではない

人はもっと多くの神の業と

全ての苦難の精錬を体験しなければならない

その時こそ人の性質は変わる

その時こそ人の性質は変わる

『言葉は肉において現れる』の「辛い試練を経験することでのみ、神の素晴らしさを知ることができる」より編集

前へ: 神による人間の精錬は最も意義深い

次へ: 苦難と試練を通してのみ真に神を愛することができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索