神の栄光の日を尊びなさい

人々は、わたしの到来を喜ばず、わたしの栄光の日々を尊びもしない。彼らは、わたしの刑罰を喜んで受け入れることはなく、ましてやわたしの栄光をわたしに復させようなどとはせず、悪魔の毒を進んで投げ捨てようとすることもない。人々は常にわたしをだまし、いつでも明るい微笑と幸せそうな顔を装う。彼らはわたしの栄光が去った後に直面する暗闇の深さに気づかず、とりわけ、わたしの日が人類全体にやってくるとき、彼らの日々はノアの時代の人々のそれよりもなお一層厳しいことに気づいていない。なぜなら、彼らはわたしの栄光がイスラエルを去ったときの暗さがどれほどだったかを知らない。人は夜明けが訪れると、夜の真っ暗闇を通り抜けることがいかに厳しいかを忘れる。太陽が再び隠れ、夜の暗闇が人の上にのしかかるとき、彼は暗闇の中で再び、悲嘆にくれ歯ぎしりする。


わたしの栄光がイスラエルから別れた時、イスラエルの人たちがその困難の中でどれほど苦しんだかを、あなた方は忘れたのか。今や、あなた方がわたしの栄光を見る日であり、あなた方がわたしと共に栄光の日を過ごしている時でもある。わたしの栄光がこの汚れた土地を去るとき、人は暗闇の中で嘆き悲しむだろう。今はわたしがわたしの働きを行っている栄光の日である。そして、わたしが人類を苦しみから免除している日でもある――わたしは人類と共に苦しく苛酷な日を通り抜けることがないからだ。わたしはただ、人類の完全な征服と、人類の邪悪なるものを根こそぎ打ち破ることを望む。なぜなら、彼らはわたしの栄光がイスラエルを去ったときの暗さがどれほどだったかを知らない。人は夜明けが訪れると、夜の真っ暗闇を通り抜けることがいかに厳しいかを忘れる。太陽が再び隠れ、夜の暗闇が人の上にのしかかるとき、彼は暗闇の中で再び、悲嘆にくれ歯ぎしりする。


『言葉は肉において現れる』の「本物の人とは何を意味するのか」より編集

前へ: 神が人間に与える3つの忠告

次へ: 神は人々を正しい人生の道に導いている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境の…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索