神は彼に耳を傾け従うものを大切にする

人の階級を 神は気にしない

神に耳傾け、従い、委ねば

神の業、計画、心に協力できる

神の心や計画妨げられず進む

このような行い、神の胸に留まり

神の祝福を得るに値する

このような人々を、神への愛を

神は大切にする

これが神の意向

人の階級を 神は気にしない

神に耳傾け、従い、委ねば

神の業、計画、心に協力できる

神の心や計画妨げられず進む

このような行い、神の胸に留まり

神の祝福を得るに値する

このような人々を、神への愛を

神は大切にする

これが神の意向

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 人の真の信仰と愛を得ることを神は望む

次へ: 神の切なる願いは人が神に聞き従うこと 

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索