真理はあらゆる人生の格言の最高峰


あらゆる人生の格言のうち

「真理」は最も現実に根ざしている

真理は「全ての人の格言の最高峰」であり

「いのちの格言」と呼ばれている

何故ならば神が人に要求し

神が自ら為す業であるから

何かをまとめた習わしでも

偉人の名言でもない

真理は天と地にある万物の主が

人に対して発した言葉


人が寄せ集めた名言ではなく

神に内在する命 つまり神自身

真理は「あらゆる人生の格言の最高峰」

真理を実践することとは自分の使命を果たすことで

神の要求を満足させる

何かをまとめた習わしでも

偉人の名言でもない

真理は天と地にある万物の主が

人に対して発した言葉


この「要求」の真髄は

実はあらゆる真理のうち 最も現実に根ざし

実現不可能な虚しい教義ではない

何かをまとめた習わしでも

偉人の名言でもない

真理は天と地にある万物の主が

人に対して発した言葉

『言葉は肉において現れる』の「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」より編集

前へ: 神の言葉は永遠に変わらない真理である

次へ: あなたは真理のために全てを捨てるべきだ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索