人が過ちから立ち返るとき神は慰められる

たとえ神が人をいかに扱い、憎み、忌み嫌っても、人が回心できる時が来れば、神は大きな慰めを得るでしょう。それは、人の心の中に神の居場所がわずかに残っていることを示し、人が人間の理知と人間らしさの全てを失ったわけではなく、まだ神を信じ神を認めて神のもとへ立ち返る意志があることを意味します。神の家を離れたものが誰であれ、もしその人が戻り、心の中にまだこの家があるなら、神は少し感傷的に愛着を抱き、いくぶん慰めを得ます。しかしその人が二度と戻らないなら、神はそれを残念に思うでしょう。もし戻って、心から神を信じるようになれれば、神の心はとりわけ喜びに満たされるでしょう。

恵みの時代、主イエスは人類に憐みと恵みを持ちました。百頭の羊のうち一頭でも迷えば、主は九十九頭を残してその一頭を探します。この言葉は機械的な方法でも、規則でもなく、むしろ人に対する神の意図、人を救おうという神の切実な思い、人への深い愛を示しています。人類への神の愛は物事の作法ではなく、一種の性質、一種の心理です。それ故、人にどれほど多くの弱みと誤解があっていても、目を覚まし、理解し、回心すれば、神はとりわけ慰められます。この歓楽の世界、悪しき時代に、しっかり立って神を認め、正しい道に戻ることができることは、人の心に大きな慰めと感激をもたらします。

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 神はできるだけ多くの人々を救いたいと願っている

次へ: 人を救う神の意図は変わることがない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索