437 神を愛せるよう心を完全に神に向けよ

1

あなたの心が求める全てが

神を愛し神を得るためなら

心は神に向けられ

未来を案ずることはない

あなたの心には

神とその言葉以外のものはない

心を神に向けることが

神を愛しその性質を知るための道

神と心を通わせ

心を完全に神に向けることが

神を愛する初めの一歩である

2

神の言葉を飲み食いし 日々祈り

神の意志と教会の働きを思い

神を愛し喜ばせれば

心は神のものになるだろう

真心を神に捧げるとき

いのちの体験が始まる

彼らの性質は変わり

神への愛と認識が成長する

神と心を通わせ

心を完全に神に向けることが

神を愛する初めの一歩である

3

神を愛し理解し

正しい軌道に乗る為に

初めにすべきことは

心を神に向けること

それは真に神を愛するための唯一の道だが

神への真の愛や神を愛する本分を

成し遂げることを示すものではない

神と心を通わせ

心を完全に神に向けることが

神を愛する初めの一歩である

神を愛する人は

いのちを求め真理を追求し

真に神を求める者である

神を愛する人は聖霊に啓かれ動かされ

神に導かれることができる

神を愛したいなら 心を神に向けなさい

『言葉は肉において現れる』の「神への真の愛は自発的なものである」より編集

前へ: 436 あなたの心は神に立ち返ったか

次へ: 438 あなたが神に心を開く時

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索