聖書を用いて神を断罪する者はみなパリサイ人である

ユダヤのパリサイ人は、モーセの律法に基づいてイエスを罪に定めた。彼らは当時のイエスとの融和を求めず、律法に文字通りに忠実に従うあまり、イエスが旧約の律法に従っておらず、またメシヤでもないという罪で、ついに無実のイエスを十字架につけたのである。彼らの本質は何であったのか。彼らは真理と融和する道を求めていなかったのではないか。彼らは聖書の一字一句にこだわり、わたしの心とわたしの働きの手順や方法には無関心でいた。


彼らは真理を求めた人々ではなく、聖書の言葉に厳密に従った人々であった。彼らは神を信じたのではなく、聖書を信じていた。つまるところ、彼らは聖書の番犬であった。聖書の影響力を擁護するため、聖書の権威を維持するため、聖書の評判を守るため、彼らは慈悲深いイエスを十字架につけることまでした。彼らは、ただ単に聖書を守るため、人々の心の中にある聖書の一字一句の地位を維持するために、そうしたのである。だから、彼らは未来と罪のための捧げ物を見捨て、聖書の教義に従わなかったイエスを罪に定めて殺したのである。彼らは聖書の一字一句に隷属していたのではないか。


『言葉は肉において現れる』の「キリストと融和する道を探せ」より編集

前へ: 宗教的観念を捨て神の足跡をたどりなさい

次へ: 聖書は人間が神の新しい働きを受け入れることの障害

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

モーセが岩を打って 神の恵みの水が溢れ出た時 それは信仰によって起きた ダビデがヤーウェを讃えるため 音楽を奏でた時 ダビデの心は喜びで満ちあふれていた それは信仰によって起きた ヨブが家畜や財産を失い 身体が腫物で覆われた時 それは信仰によって起きた それでもなおヤ-ウェの声を…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすることは…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索