ゴスペル音楽「終わりの日に神は言葉によって人を裁き完全にする」男性ソロ 日本語字幕

ゴスペル音楽「終わりの日に神は言葉によって人を裁き完全にする」男性ソロ 日本語字幕

175 |2020年6月29日

終わりの日の受肉した神は、おもに言葉を発するために来た。

また、人間のいのちに必要なことをすべて説明し、

人が入るべきものは何かを示し、

人に神の業、

神の知恵、全能性、驚くべきさまを見せるために来た。

神の知恵、全能性、驚くべきさまを見せるために来た。

神はさまざまな方法で語るが、

人間はそこに神の至高、神の偉大さ、

さらに、神の謙虚と隠秘性を見る。

人間は神が至上の存在であることを見るが、

神は謙虚で隠されており、最も小さい者になれる。

神の言葉は霊の観点から直接語られることもあれば、

人間の観点から直接語られることもあり、

またある言葉は第三者の観点から語られる。

ここから神の働きの方式が変化に富んでいることがわかるが、

神は言葉を通して人間にそれがわかるようにする。

神がこの時代に実行する働きは、

おもに人間のいのちのための言葉を与えること、

人間の本性の実質と人間の堕落した性質を明らかにし、

宗教的観念、封建的な考え方、

時代遅れの考え、さらに人間の知識と文化を除くことである。

これはすべて神の言葉を通して露わにし、清められなければならない。

終わりの日において、神はしるしや不思議ではなく、言葉を用いて人間を完全にする。

神は言葉によって人間を露わにし、裁き、

罰し、人間を完全にし、

神は言葉によって人間を露わにし、裁き、

罰し、人間を完全にし、

それにより人間が言葉の中に神の知恵と愛らしさを見、

神の性質を知り、

神の業を目にするようにする。

終わりの日に、

神はおもに言葉が肉において現れるという働きをするつもりだが、

これは、神の経営(救いの)計画の一部である。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

#ゴスペル音楽

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル