キリスト教の歌「神の肉と霊は全く同じ本質を持つ」

キリスト教の歌「神の肉と霊は全く同じ本質を持つ」

1471 |2020年9月21日

ご不明な点がありましたら、ご連絡ください。

LINE:https://line.me/R/ti/p/@zmf6615d

オンラインチャット:https://tawk.to/chat/59bcb7eb4854b82732ff05d7/default

おすすめ動画

日々の神の御言葉:神を知る:https://jp.godfootsteps.org/videos/knowing-God-excerpt-185.html

神の霊が纏っている肉は神自身の肉である

神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である

同様に、神の肉も至高であり全能で、聖く、義である

同様に、神の肉も至高であり全能で、聖く、義である

このような肉は、人間にとって義であり

有益なこと、聖いこと、栄光あることそして力あることしか行えず

真理や道義に反することはできず

ましてや神の霊を裏切るようなことはできない

神の霊は聖なるものであるため

神の肉はサタンが堕落させることのできないものであり

人間の肉とは本質が異なる

人間の肉とは本質が異なる

サタンにより堕落させられているのは人間であって神ではないため

サタンが神の肉を堕落させることは一切できない

このため、人間とキリストは同じ空間にあるにもかかわらず

人間だけがサタンにより占有され利用され、囚われている

それに対し、キリストはサタンによる堕落の影響を永久に受けることがない

なぜならサタンが最も高い場所に昇れることは決してなく

神に近付くことも決してできないからである

神に近付くことも決してできないからである

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

電話番号: +81-90-6033-9775

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル