ゴスペル音楽「神の幕屋が世に降臨した」

ゴスペル音楽「神の幕屋が世に降臨した」

769 |2020年8月17日

神が再来するときは

燃える炎で定められた境界線に沿って

国々の分割は済んでいる

神は焼け付く太陽、聖なる者として現われ

ヤーウェがユダヤを歩いたように諸国を歩く

雲の柱により人を生活の中で導く

聖なる地に神が現われ

人はその栄光を見る

神の義なる日 栄えある出現を見る

それは神が地球を統治するとき起こる

人はひれ伏し

彼らの間には今日神が為す働きの岩の上に幕屋が建てられる

神は汚れた祭壇を壊して新たにし

人は神殿で仕え

子羊と子牛が祭壇に積まれる

神が大いなる栄光を受ける日を

神殿を倒して新たに建てる日をあなた方は見る

神の幕屋が地上に来るのを見る

それは神の降臨を人が見るかのようなものである

神は国々を打ち砕いたあと新たに集め

新たに神殿を建てて祭壇を作る

皆がいけにえを捧げて仕え

異邦人の国での神の働きに献身する

祭司の衣と冠を着け

今日のイスラエルの民に似る

彼らの中には神の栄光がある

そして神の威厳は彼らと共にある

神はイスラエルでしたように

異邦人の国でも働く

イスラエルでの業を発展させ

異邦人の国に広める

人はひれ伏し

彼らの間には今日神が為す働きの岩の上に幕屋が建てられる

神は汚れた祭壇を壊して新たにし

人は神殿で仕え

子羊と子牛が祭壇に積まれる

神が大いなる栄光を受ける日を

神殿を倒して新たに建てる日をあなた方は見る

神の幕屋が地上に来るのを見る

それは神の降臨を人が見るかのようなものである

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル