キリスト教会寸劇「歴史からの警告」

2018年7月14日

2000年前、主イエスが現れ、働きをなされた時、パリサイ人たちは律法にこだわり、イエスの働きを聖書から外れていると非難した。自分たちの地位と生活基盤を守るため、彼らは人々が主イエスの働きを求めるのを必死で止めようとし、ローマ政府と手を組んでイエスを十字架に釘付けにした。終わりの日において、主イエスが再び働きを行なうために肉において現れると、宗教界の指導者たちは、パリサイ人が主イエスに抵抗した歴史的悲劇を繰り返す。どうして彼らは終わりの日における神の働きに抵抗するのか?劇中でパリサイ人の役を演じる牧師をとおして、この寸劇は現代の牧師と長老たちが聖書に執着して神に抵抗している実態を暴露し、彼らの歩む道がパリサイ人たちの道と全く同じであることを明らかにする。

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル