ゴスペル音楽「神の受肉の権威と意義」Lyrics

ゴスペル音楽「神の受肉の権威と意義」Lyrics

168 |2020年7月2日

I

人の霊的器、認識、愛、忠誠、従順さ

そして人が見る全てのものは

神の言葉による裁きからきた

あなたの信仰は、神の言葉の上に成り立ち

それを通して神の驚くべき業を見る

業は理解を超えたものばかり

また大いなる奥義と奇跡で溢れる

そう、だから多くの者が服従した

神の言葉による裁きをしのぐ者も

彼の権威にまさる闇も無い

神の受肉と権威

そして言葉による裁きの故に人は服従する

II

神の言葉の前では

かつて服従したことのない者さえ跪く

神の言葉による裁きの前に彼らはひれ伏し

その言葉を詮索せず

自らの舌で裁くこともしない

神の肉を見ると

まるで神が平凡であるかのよう

だが、神の言葉は人に見せる

彼が権威に満ち溢れていることを

彼が神自身であることを言葉は表す

彼に背ける者はいない

彼は肉なる神そのものである

III

受肉の神は言葉を語る

耳のある者全てが聞き 彼の裁きを受けるために

神は霊の姿で人をおびえさせて服従などさせない

人の奥深くの隠れた古い性質が

この真実で類ない業により明示される

人がそれを認め 自分を改めるために

神の裁きは実践的で言葉により下される

これが神の受肉の権威と重要性だ

これが神の受肉の権威と重要性だ

神の言葉による裁きをしのぐ者も

彼の権威にまさる闇も無い

神の受肉と権威

そして言葉による裁きの故に人は服従する

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル