キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(1)終わりの日における主の再臨をどうお迎えするべきか

キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(1)終わりの日における主の再臨をどうお迎えするべきか

851 |2018年12月17日

赤い皆既月食はすでに4度ありました。このことは、大災害が間もなく私たちに降りかかることを意味しています。ヨエル書にも同じような予言があります。「その日わたしはまたわが霊をしもべ、はしために注ぐ。わたしはまた、天と地とにしるしを示す。すなわち血と、火と、煙の柱とがあるであろう。ヤーウェの大いなる恐るべき日が来る前に、日は暗く、月は血に変る。」(ヨエル書 2 : 29-31)大災害が私たちに降りかかる前、神の霊はそのしもべやけらいたちを養い、勝利者たちの集団を作り上げるでしょう。もし私たちが大災害の前に引き上げられなければ、この災害で命を落としかねません。今、東方閃電は主が再臨され、真理を示し、勝利者たちの集団を作られたとの証しをしています。これは聖書の予言を成就していませんか?東方閃電は主の働きの現れではないのでしょうか?

おすすめ動画

聖書映画「夢からの目覚め」抜粋シーン(2)神聖でない者は神の御国に入ることができない

https://jp.godfootsteps.org/videos/awakening-from-the-dream-two.html

キリスト教映画「足枷を解いて走れ」抜粋シーン(3)聖書の先へ:主と共に神の国の宴に集いなさい 日本語吹き替え

https://jp.godfootsteps.org/videos/attend-feast-with-the-Lord.html

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

シェアする

キャンセル