日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 4」抜粋142

0 |2020年9月14日

サタンの人間に対する業は、どのような代表的特徴を示していますか。あなたがたは、それがサタンの最も代表的特徴、最も頻繁に行うこと、人間一人ひとりに行おうとすることであると、自分自身の経験を通じて分かるはずです。あなたがたにはおそらくこの特徴が見えないので、サタンが極めて恐ろしく、憎らしいとは感じません。この特徴が何であるかを誰か知っていますか。答えなさい。(サタンのすることはすべて、人間に害を与えます。)サタンはどのようにして人間を害しますか。もっと具体的に詳しく回答できますか。(サタンは人間を惑わし、誘い、試します。)その通りです。それらは幾つかの側面を表しています。サタンはまた、人間をたぶらかし、攻撃し、非難します。それらのすべてをするのです。それ以外にも何かありますか。(サタンは嘘をつきます。)欺瞞と嘘はサタンが最も自然に行うものです。サタンは頻繁に嘘をつくので、口から嘘が流れ出し、考える必要すらありません。他には。(サタンは不和の種を蒔きます。)それは、それほど重要ではありません。わたしはこれからあなたがたを震撼させる事を説明しますが、あなたがたを怖がらせるためにするのではありません。神は人間に働きかけ、人間は神の態度と心の両方において大切にされています。一方、サタンは人間を大切にしますか。サタンは人間を大切にしません。サタンが考えるのは人間を傷つけることだけです。そうではありませんか。サタンが人間を傷つけることを考えているとき、サタンは喫緊の精神状態でそうしますか。(はい。)人間に対するサタンの業に関しては、サタンの悪意のある邪悪な本性を十分に言い表し、あなたがたがサタンの憎らしさを知ることができる二つの語句があります。サタンが人間に接近する際に、サタンは常に強制的に一人ひとりの人間を占有し、一人ひとりの人間に取り憑き、害を及ぼすところまで到達し、サタンの目的を果たし、無謀な野望を実現させようとします。「強制的に占有する」とはどういう意味ですか。それはあなたの同意の上で、それとも同意なしで起こりますか。あなたが知っていて、それとも知らないうち起こりますか。それはまったく知らないうちに起こります。あなたが意識していない状況において、おそらくサタンがまだ何も言っていないとき、おそらくまだ何も行っておらず、何の前提も脈絡もないとき、サタンはあなたを取り囲んでそこにいるのです。サタンは利用する機会を探しており、次にあなたを強制的に占有し、あなたに取り憑き、あなたを完全に支配し危害を加えるという目的を果たします。これが、サタンの人類を手に入れるための神との戦いにおける典型的な意図と振る舞いです。これを聞いてどう感じますか。(心からぞっとして恐ろしいと感じます。)嫌悪を感じますか。(はい。)嫌悪を感じるとき、サタンは恥知らずだと思いますか。サタンは恥知らずだと思うとき、あなたがたの周囲にいて、あなたがたを常に支配しようとする人々、地位や利益のための野心をもつ人々に嫌悪を感じますか。(はい。)それでは、強制的に人間に取り憑き、占有するために、サタンはどのような方法を用いますか。あなたがたは、これについて明確に理解していますか。「強制的な占有」と「取り憑く」という二つの表現を聞くと、異様な感じと嫌悪感を覚えるのではありませんか。邪悪な風味を味見するようですか。あなたの同意なしに、かつあなたが知らないうちに、サタンはあなたに取り憑き、占有して堕落させます。あなたは心でどう感じますか。憎悪と嫌悪を感じますか。(はい。)サタンのこの方法に対して憎悪や嫌悪を感じるとき、神に対してどのような感情をもちますか。(感謝の気持ちです。)救われたことで、神に感謝するのです。それでは、今この瞬間に、あなたには神に自分自身のすべてをゆだね、支配させる希望なり意向がありますか。(はい。)どのような状況においてですか。あなたはサタンに強制的に占有され、取り憑かれるのを恐れて「はい」と言うのですか。(はい。)そのような考え方は正しくないので、もってはいけません。恐れることはありません。神はここにいます。何も恐れることはありません。ひとたびサタンの邪悪な本質を理解したならば、人間への神の愛、善意、憐れみ、寛大さ、そして神の義なる性質についてもっと正確に理解したり、尊いと感じたりするはずです。サタンは憎しみに満ちていますが、もしそれがいまだに神への愛を呼び覚まし、神により頼み、委ねる気持ちを呼び覚まさないならば、あなたはどのような人間ですか。あなたはサタンに自分をそのように害させてもいいのですか。サタンの邪悪さと醜悪さを検討したので、次に視点を変えて神について検討します。あなたの神に関する認識は、何らかの変化を経ましたか。神を聖なる存在と言うことができますか。神は完璧であると言うことができますか。「神は唯一無二の聖さである」。神はこう称するに相応しいですか。(はい。)それではこの世で、万物のなかで、このような人間の認識に相応しいのは神のみですか。他に何かありますか。(ありません。)それでは、正確には神は人間に何を施しますか。神はあなたが気づかないうちに、配慮や思いやり、気遣いを少し施すだけですか。神は人間に何を与えてきましたか。神は無条件に、代償を要求せずに、隠された意図なく、人間にいのちを与え、すべてを与えてきました。神は、真理、言葉、いのちを用いて人間を導き、サタンの危害、試し、惑わしから人間を遠ざけ、人間がサタンの邪悪な本性と醜悪な顔を明瞭に見抜けるようにしてきました。神の人類への愛と配慮は真実ですか。それは、あなたがたの一人ひとりが経験できることですか。(はい。)

『言葉は肉において現れる』より引用

全能神教会のアプリをご自由にダウンロードしてください。

さらに表示
信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

コメントを残す

シェアする

キャンセル