日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈:第二十八章」抜粋229

日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈:第二十八章」抜粋229

161 |2020年9月22日

諸国はひどい混乱に陥っている。神の鞭が地上で役割を果たし始めたからである。地上の状況の中に神の働きを見ることができる。「水は轟き、山々は倒れ、大河はばらばらになり」と神が言うとき、これは地上における鞭の最初の働きであり、その結果、「地のすべての家は引き裂かれ、地のすべての国は散り散りになる。夫と妻が再会することはなく、母と息子も二度と会うことはなく、父と娘が再会することも二度とない。かつて地にあったものは、みなわたしが砕く」。地上の家族の一般的状況はこうしたものとなる。もちろん、まさかひとつ残らずこのような状況にはならないが、ほとんどがこうなる。他方、それはこの流れにいる人が将来経験する事情にも言及している。いったんその人たちが言葉の刑罰を経験し、未信者が災害を受けたならば、もはや地上の人の間に家族関係はなくなると予言している。誰もが秦の国の人になり、みな神の国で忠実になる。このようにして、夫と妻が再会することはなく、母と息子も二度と会うことはなく、父と娘が再会することも二度とない。そこで、地上の人々の家族は引き裂かれ、ずたずたにされるが、これが、神が人間に行なう最後の働きである。そして、神はこの働きを全宇宙に広げるので、この機会をとらえて、人々のために「感情」という言葉の意味を明確にし、それにより神の旨はすべての人の家族をばらばらにすることであると人々にわからせ、神は人類の中にあってすべての「家庭の不和」を解決するために刑罰を用いることを示す。そうでなければ、地上における神の働きの最終部分を終らせる方法はないだろう。神の言葉の最終部分は、人類の最大の弱点、人間はすべて感情の中に生きていることを暴露する。だから、神は人間を誰一人として避けることなく、全人類の心の中に隠されている秘密を暴き出す。なぜ人にとって、感情から自分を切り離すことがそんなにも困難なのか。そうすることは良心の基準を超えるのか。良心は神の旨を達成することができるのか。感情は人が困難を切り抜ける助けができるのか。神の目には、感情は敵と映る。このことは神の言葉にはっきりと述べられていなかっただろうか。

『言葉は肉において現れる』より引用

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル