ゴスペル音楽「終わりの日の受肉した神は言葉で人を完全にする」男性ソロ 日本語字幕

ゴスペル音楽「終わりの日の受肉した神は言葉で人を完全にする」男性ソロ 日本語字幕

280 |2020年7月26日

神はおもに言葉を話すために地上に来た

あなたが関りをもつのは神の言葉である

あなたが知るのは神の言葉である

あなたが聞くのは神の言葉である

あなたが従うのは神の言葉である

あなたが経験するのは神の言葉である

そしてこの肉となった神は

人を完全にするのにおもに言葉を用いる

しるしや奇跡を示さず

イエスが過去に行った働きは特に行わない

どちらも神であるが、肉でもある

両者の職分は同一ではない

今日、神はおもに「言葉が肉において現れる」

という働きを完成するために

言葉を用いて人を完全にするために

そして人が言葉による取り扱いと精錬を

受け入れるように、肉になった

神の言葉において、あなたは神に施され

いのちを与えられる

神の言葉において、あなたは神の働きと業を見る

神はあなたを罰し

精錬するために言葉を用いる

したがって、もしあなたが苦難に会うなら

それはまた神の言葉によるものである

今日、神は事実でなく言葉を用いて働く

神の言葉があなたに届いてはじめて

聖霊はあなたの中で働きをすることができ

あなたに苦痛を感じさせたり

甘美さを感じさせたりすることができる

神の言葉だけが

あなたを現実に至らせることができ

神の言葉だけが

あなたを完全にすることができる

神の言葉だけが

あなたを完全にすることができる

終わりの日に神が行う働きは

おもに言葉を用い、すべての人を完全にし

人を導くことである

神はその働きのすべてを言葉を通じて行なう

神はあなたを罰するために事実を用いない

時には神に抵抗する人もいる

神はあなたに大きな不快感をもたらさず

あなたの肉は罰せられず

あなたは苦痛を味わうことはない

しかし、神の言葉があなたに届き

あなたを鍛錬するようになるとただちに

それはあなたにとって耐えられないものになる

このように、神が肉となる終わりの日には

神はすべてを成し遂げ

すべてを明らかにするためにおもに言葉を用いる

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル