ゴスペル音楽「神は人間創造の意味を回復する」 日本語字幕

ゴスペル音楽「神は人間創造の意味を回復する」 日本語字幕

670 |2020年9月8日

神は人類を創造し、人類を地上に置き

今日まで導いてきた

その後、人類を救い人類のための罪のいけにえとなった

終わりの時に、彼は人類を征服して

人類を完全に救い出し

人に本来の姿を回復させなければならない

これが、彼が始めから終わりまで従事してきた働きである

つまり、人を元のイメージへ回復し元の姿へ回復させるのである

神は自身の国を打ち立て

人に本来の姿を回復させる

人に本来の姿を回復させる

つまり神は地上における自身の権威を回復し

あらゆる被造物の間における自身の権威を回復する

人はサタンに堕落させられた後

神を畏れる心を失い

被造物として持つべき機能を失って

神に背く敵になった

人はみなサタンの権威の下に生きるようになり

サタンの命令に従った

それゆえ、神は被造物の間で働くことができず

被造物からの畏れ敬いを得ることはさらにできなかった

人は神に造られており、神を礼拝すべきであるが

人は神に背いてサタンを崇拝した

サタンは人の心の中の偶像になった

こうして、神は人の心における立場を失い

つまり人を造った意義を失った

だから、神が人を造った意義を回復しようとするなら

人に本来の姿を回復させ

人に堕落した性質を脱ぎ捨てさせなければならない

人をサタンの手から奪い返すには

人を罪の中から救い出さなければならない

このようなやり方によってのみ

神は次第に人に本来の姿を回復させ本来の機能を回復させる

そして遂には、神の国を回復する

最終的にそれらの不従順の子を徹底的に滅ぼすのも

人がよりよく神を礼拝し

よりよく地上で生存することができるためである

神が打ち立てようとする国は神自身の国である

神が求める人間は自身を礼拝する人間であり

完全に従う人間であり神の栄光を持つ人間である

神の栄光を持つ人間である

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル